演劇

第26回もりげき祭参加作品 ボーイズドレッシング#01(旗揚げ公演)

マイ・アングリーマン

0 お気に入りチラシにする

演劇

第26回もりげき祭参加作品 ボーイズドレッシング#01(旗揚げ公演)

マイ・アングリーマン

ボーイズドレッシング

盛岡劇場 タウンホール(岩手県)

2016/07/17 (日) ~ 2016/07/18 (月) 公演終了

上演時間: 約2時間0分(休憩なし)を予定

INTRODUCTION
【暴力とは何かを突き詰める、緊迫の120分。】
前身の劇団・マーブル局から一貫して「暴力」を描いてきたベロ・シモンズ。これまで作劇のエッセンスとして、またはテーマの一部としてしか扱ってこなかったこの「暴力」に真正面から向き合った作品、それが「マイ・アングリーマン」...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/07/17 (日) ~ 2016/07/18 (月)
劇場 盛岡劇場 タウンホール
出演 あぶ潤(ボーイズドレッシング)、高村明彦(現代時報)、菊地潤(劇団ゼミナール)、小笠原利弥(劇団SummerSummer)、村田青葉(演劇ユニットせのび)、角舘信哉(劇団ちゃねる/羅針盤計画)、榊原明徳(現代時報)、及川麻紀(劇団コトナコナタ)、田中雅樹(フリー)、澤口夏実(ボーイズドレッシング)
脚本 ベロ・シモンズ
演出 ベロ・シモンズ
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,800円
【発売日】
サイト

https://boisdressing.jimdo.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2016年
7月17日(日) 14:30開演/19:00開演
7月18日(月・祝) 14:30開演
説明 INTRODUCTION
【暴力とは何かを突き詰める、緊迫の120分。】
前身の劇団・マーブル局から一貫して「暴力」を描いてきたベロ・シモンズ。これまで作劇のエッセンスとして、またはテーマの一部としてしか扱ってこなかったこの「暴力」に真正面から向き合った作品、それが「マイ・アングリーマン」だ。
ボーイズドレッシング旗揚げ作品となる本公演には、劇団外からも多くの俳優が参加。幅広い年齢層のキャスト総勢10名が、舞台を血みどろに染めあげる。
衣装監修として、独自のセンスが光るセレクトでファンの多い古着店「レトロブティックことり」。
音楽担当はベロ・シモンズと三度目のタッグとなるKenichi Fukuhara。DJとしても活躍する彼のジャンルレスな楽曲も注目。
数々のバイオレンス映画と悪役達へのリスペクトを込めた、刺激的な劇空間を展開する。

STORY
【これは、俺がアイツを壊すまでの物語。】
精神科医として名を馳せる新堂には、殺人衝動を抑えきれない犯罪者としての裏の顔があった。そんな完全無欠のサイコパスを執拗に付け狙う一人の男。時を同じくして発生する連続殺人。事件を追う2人の刑事。徐々に明らかになる忌まわしき過去。事態は周りの人間を巻き込み最悪な方向へと急降下していく。
壮絶な騙し合いと殺し合いの果てに何があるのか?
純愛と狂気に塗れた壮絶な復讐劇が今、始まる。
その他注意事項
スタッフ 【舞台監督】中村匡宏(フリー)
【音楽】Kenichi Fukuhara(フリー)
【音響オペレーション】千倉健太(フリー)
【照明】アラキヨシヒト(ex.臨時休校)
【衣装監修】レトロブティックことり
【宣伝ビジュアル】土川拓未(ボーイズドレッシング)
【制作】なぽ(ボーイズドレッシング)

[情報提供] 2019/08/15 16:34 by ws

[最終更新] 2019/09/02 21:53 by ws

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大