演劇

10周年前夜祭企画 第十三回本公演

掬う

デザイン:大須賀裕美

0 お気に入りチラシにする

演劇

10周年前夜祭企画 第十三回本公演

掬う

ロ字ック

HEP HALL(大阪府)

他劇場あり:

2019/11/29 (金) ~ 2019/12/01 (日) 開幕前

上演時間:

30代半ばのミズエには余命幾ばくかの父がいる。
父が余命宣告を受けてからと言うもの、
ミズエのもとに母からの常軌を逸したメールが連日届く。
しかも兄の嫁は母との折り合いが悪く、
母に執拗に攻撃されているとミズエに相談してきている。
正直言うと、ミズエは辟易としていた。
何を言っても...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/11/29 (金) ~ 2019/12/01 (日)
劇場 HEP HALL
出演 佐津川愛美、山下リオ、馬渕英里何、日高ボブ美、水野駿太朗、大竹ココ、東野絢香、大村わたる、古山憲太郎、中田春介、千葉雅子
脚本 山田佳奈
演出 山田佳奈
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,200円
【発売日】2019/09/14
一般(前売・当日共通):4,200円 
U24(24歳以下)(前売):2,800円 
高校生以下(前売):1,000円
サイト

http://www.roji649.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月29日(金) 19:00
11月30日(土) 13;00/19:00
12月1日(日)13:00
説明 30代半ばのミズエには余命幾ばくかの父がいる。
父が余命宣告を受けてからと言うもの、
ミズエのもとに母からの常軌を逸したメールが連日届く。
しかも兄の嫁は母との折り合いが悪く、
母に執拗に攻撃されているとミズエに相談してきている。
正直言うと、ミズエは辟易としていた。
何を言っても母には伝わらないだろうし、
ミズエは義姉のことも受け止めきれずにいる。
ミズエは孤独を感じていた。
だからどっちつかずの関係を持ってしまった男に連絡をする。
だが、彼は自分のことなんて興味ないのだとミズエは知っている。
それは離婚を話し合っている旦那もそうだ。
旦那はミズエが不在の際に、家に知らない女を同情心から宿泊させ体の関係を持った。
ミズエはそれが許せなかった。

とある家族、余命幾ばくかの父。
その娘であるミズエが、
女3人の奇妙な共同生活を通して他者を許すまでの過程を描く。

「わたしたちは当たり前に他人を傷つけることができる。それをどこで許すか、それが大人になることだ」
その他注意事項 未就学児童入場不可
スタッフ 舞台監督:土居歩
舞台美術:土岐研一 照明:松本大介
音響:佐藤こうじ(Sugar Sound)
音響操作:泉田雄太 
映像:松澤延拓
演出助手:矢本翼子、ヒノ影アラン、山本和穂
音楽:長谷川賢司 衣装:中島エリカ
宣伝美術:大須賀裕美 キャスティング協力:ボダパカ
宣伝ヘアメイク:小川智子 宣伝写真:大滝央子
宣伝写真協力:Studio Garden Quartz
票券・制作部:ミモザ
制作(大阪公演):若旦那家康
制作助手:永井沙耶佳 制作:宮原真理

[情報提供] 2019/08/14 21:44 by みや

[最終更新] 2019/09/18 20:07 by みや

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大