演劇

10周年前夜祭企画 第十三回本公演

掬う

デザイン:大須賀裕美

0 お気に入りチラシにする

演劇

10周年前夜祭企画 第十三回本公演

掬う

ロ字ック

シアタートラム(東京都)

他劇場あり:

2019/11/09 (土) ~ 2019/11/17 (日) 上演中

休演日:11月12日

上演時間:

30代半ばのミズエには余命幾ばくかの父がいる。
父が余命宣告を受けてからと言うもの、
ミズエのもとに母からの常軌を逸したメールが連日届く。
しかも兄の嫁は母との折り合いが悪く、
母に執拗に攻撃されているとミズエに相談してきている。
正直言うと、ミズエは辟易としていた。
何を言っても...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/11/09 (土) ~ 2019/11/17 (日)
劇場 シアタートラム
出演 佐津川愛美、山下リオ、馬渕英里何、日高ボブ美、水野駿太朗、大竹ココ、東野絢香、大村わたる、古山憲太郎、中田春介、千葉雅子
脚本 山田佳奈
演出 山田佳奈
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 6,000円
【発売日】2019/09/14
一般(前売):5,800円 
U24(24歳以下)(前売):4,500円 
高校生以下(前売):2,000円
当日券(全種):6,000円
サイト

http://www.roji649.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月9日(土) 14:00/19:00
11月10日(日) 14:00
11月11日(月) 14:00/19:00
11月12日(火) 休演日
11月13日(水) 19:00
11月14日(木) 14:00/19:00
11月15日(金) 19:30
11月16日(土) 14:00/19:00
11月17日(日) 14:00
説明 30代半ばのミズエには余命幾ばくかの父がいる。
父が余命宣告を受けてからと言うもの、
ミズエのもとに母からの常軌を逸したメールが連日届く。
しかも兄の嫁は母との折り合いが悪く、
母に執拗に攻撃されているとミズエに相談してきている。
正直言うと、ミズエは辟易としていた。
何を言っても母には伝わらないだろうし、
ミズエは義姉のことも受け止めきれずにいる。
ミズエは孤独を感じていた。
だからどっちつかずの関係を持ってしまった男に連絡をする。
だが、彼は自分のことなんて興味ないのだとミズエは知っている。
それは離婚を話し合っている旦那もそうだ。
旦那はミズエが不在の際に、家に知らない女を同情心から宿泊させ体の関係を持った。
ミズエはそれが許せなかった。

とある家族、余命幾ばくかの父。
その娘であるミズエが、
女3人の奇妙な共同生活を通して他者を許すまでの過程を描く。

「わたしたちは当たり前に他人を傷つけることができる。それをどこで許すか、それが大人になることだ」
その他注意事項 未就学児童入場不可
スタッフ 舞台監督:土居歩
舞台美術:土岐研一 照明:松本大介
音響:佐藤こうじ(Sugar Sound)
音響操作:泉田雄太 
映像:松澤延拓
演出助手:矢本翼子、ヒノ影アラン、山本和穂
音楽:長谷川賢司 衣装:中島エリカ
宣伝美術:大須賀裕美 キャスティング協力:ボダパカ
宣伝ヘアメイク:小川智子 宣伝写真:大滝央子
宣伝写真協力:Studio Garden Quartz
票券・制作部:ミモザ
制作(大阪公演):若旦那家康
制作助手:永井沙耶佳 制作:宮原真理

[情報提供] 2019/08/14 21:44 by みや

[最終更新] 2019/11/12 16:56 by こりっち管理人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. ロ字ック「掬う」@シアタートラム 何故、彼女のところには人々が集い、各々好き勝手なことを言って行くのだろう。 干渉したいのか、したくないのか、されたいのか、されたくないのか。家族の距離感。 キャパシティの限界を迎えた彼女が、どう… https://t.co/if2sJ7pTqP

    約7時間前

  2. ロ字ック「 」観てきました。 もうすんごく共感してしまって、 胸をグサグサ刺された感覚だったけど 最後はなんだかすっきり。涙がでた 絢香のお芝居。本当に好きだなぁ 素敵でした、、、 https://t.co/2rbW9bF1OM #掬う

    Ejqy9 9u4aaukzr

    約9時間前

  3. 観劇、ロ字ック「掬う」初日の感想。登場しない入院中の父、それを心配する母(離婚済)に翻弄される親戚達と、距離を保ちながら、我慢を送る主人公・瑞江。会話苦手で文筆が得意な彼女の文字が、怒りと共に声に変わっていく、難しい感情を佐津川さ… https://t.co/QfTCWzzcmu

    約9時間前

  4. 今日は台風で取れなかった遅い夏休みで、KAATでケラさんの「Dr.ホフマンのサナトリウム」→シアタートラムでロ字ック「掬う」のハシゴ観劇。美顔鬼解散後、まさかの地蔵中毒をトラムで初観劇とは意外です。プロデューサーM、お疲れさまですね。🙇

    約19時間前

  5. 「恐ろしくも美しき家族愛」を歌にのせて…とありますが、つい先日のロ字ック「掬う」も家族についての話。そして出演されている山下リオさんは5年前に優くんとファントム出演でクリスティーヌを演じられていたという摩訶不思議なご縁。(をわたしが感じました)

    1日前

  6. ロ字ック「掬う」東京公演開幕しました!17日までシアタートラム(三軒茶屋)です。家族の風景を凝縮した物語。お待ちしております〜!

    1日前

  7. ロ字ック『掬う』。下手ソファで佐津川愛美と山下リオが話す場面。ふたりが本心を隠しながら探り合うように、でもうわべは長年の友だちのようにやりとりする芝居、ずっと観ていたくて、これが観られる幸せで涙が出そうだった。

    1日前

  8. ロ字ック『掬う』。女子の話はいくら面白くても、唐変木のおっさんにはさっぱり関係ないのだけれど、今回の家族の話は感慨深いものがある。役者たちはみんないいのだけれど、とにかく何よりも佐津川愛美だよ。凄まじい。でもって、山下リオも素晴ら… https://t.co/qjeJ6hXyyB

    1日前

  9. ロ字ック『掬う』@シアタートラム 元同級生と病気になった父親の友人と名乗る女子高生との奇妙な同居生活…とあったけど、いまいち同居生活の描写が弱い。女子高生のキャラもありきたりだし、登場人物みんなヒステリックで疲れた… https://t.co/B2gunyPCXd

    Ejhva5nuyaael0

    2日前

  10. 11月11日(月) ロ字ック「掬う」観劇してきました。 開始からタイトルまでの演出で一気に眠気が吹っ飛んだ。演出がすごい(語彙力 登場人物みんな心に闇抱えててなかなかシリアスなお話だったけど、愛子とか桝井さんが面白くて感情が忙… https://t.co/LP9MUwIoCf

    2日前

  11. ロ字ック「掬う」@シアタートラム 主演の佐津川さんや演劇界の諸先輩方が素敵なのは、もちろんなのだけど、劇団員の水野くんがきちんといちばんに山田作品の魂を体現していたことが素晴らしかったとおもいました。明日は休演日で日曜日まで。

    2日前

  12. ロ字ック「掬う」@シアタートラム。ラスト1時間の脚本の唸りが凄まじい。とりわけクライマックス 15分は圧巻。泣き笑いが交互に沸き起こる。救われない話だけど、妙な爽快感が心地よく。

    2日前

  13. ロ字ック「掬う」@シアタートラム。自分の都合のいい形で繋がる家族の話を山田さんが深いところまで描いている。ラストの15分がとてもいい。佐津川さんの舞台の代表作になる作品だと思った。11/17日まで、是非! #掬う #ロ字ック

    2日前

  14. ロ字ック 掬う 若い時は家族なんて煩わしかったんだが、今となっては多い方が楽しいなあ と感じるようになった。 家族って何だろう? いろいろ想像しながら、自分の家族 に置き換えながら観てしまった。 ラストグッときた! https://t.co/ngr197axOa

    Ejfkzy6u4ais5y8 Ejfkz1tucaal4lv

    3日前

  15. ロ字ック『 観ているこっちも向き合わざるを得ない作品でした ずっと前のめりになっていた自分の姿勢にも驚いた シアタートラムにて17日まで 静かに泣いてしまいました なんでだろう? https://t.co/EmAAOpDSNq #掬う

    Eje94jluwaaoevc

    3日前

  16. ショートカットのおかげで間に合いました!ロ字ック「掬う」!当日券をゲットだ! 映画「タイトル、拒絶」がすごく気になってその勢いで初ロ字ック! 初の佐津川愛美さんだし、とても楽しみです。 小沢から少し離れて笑。 https://t.co/kvxfjVQ5m7 #ロ字ック #掬う

    Ejeji8buuaa0wgl

    3日前

  17. ロ字ック「掬う」当日券あると聞いてとても行きたい気分に!東京へ行くバスの中、間に合わないと思っていたけど霞が関で降りたら間に合うかも?行くだけ行ってみよう! #掬う #ロ字ック

    3日前

  18. 山田佳奈監督の劇団、ロ字ック 観劇。山田さんの演出とボブ美さんの相性は間違いない。爆笑。そこに、強烈な爆発力を持つさっつんこと佐津川愛美さんの融合。大興奮。水が滴る繊細な音。ぽつぽつぽつ。擦り切れそうな心の… https://t.co/zY4V03vL0l #タイトル拒絶 #掬う

    4日前

  19. ロ字ック『掬う』シアタートラム あんな風に靴下脱ぎ捨てたい。。 https://t.co/rnCDoy2tLr

    Ei hgpxucaa1gg7

    4日前

  20. ロ字ック『 観たい 行きたい 両方17日までなんだよなぁ。。 #掬う #バスキア展

    4日前

  21. ロ字ック『 いや、凄いですわ… 物語の持つ力も、役者さんの熱量も、演出も。 家族ならでは距離感とか、チクッとくる素敵な言葉がたくさん散りばめられていた。 ずっしりくる。 ボディーブロー何発くらっ… https://t.co/xM9wmgTSep #掬う

    4日前

  22. ロ字ック『掬う』観劇。今までのロ字ックは衝動性が強く、何かを強烈にブチ壊してしまうシーンがある印象で、今回もあるにはあるのだけど、ブチ壊したい一方でブチ壊したくないとも思っているというような塩梅で、家族というテーマにも合っていたし、現実のことを凄く実感させた。

    4日前

  23. 劇団ロ字ック『掬う』 https://t.co/wawOQsJVHq はぁ〜、面白い!!!! 家族って…… 観終えてからも頭の中でグルグル回る。 主演の佐津川さんの熱演にやられた🥊😂 その後、めちゃめちゃお世話になった先輩… https://t.co/t0SiUKHnlq

    4日前

  24. そんな瑞江を演じたのは佐津川愛美さん。この役はとことんしんどい。いつだってストレスを抱えてる。その繊細なストレス描写も含め、瑞江という女性の生々しいポンコツっぷりをリアルにみせてくれた。ロ字ック「掬う」なかなか興味深い約2時間15… https://t.co/b5uN8yQC2r

    4日前

  25. ロ字ック「掬う」初日ソワレ。これは家族の話。明らかに関係の宜しくない家族に親戚、そこにかつての同級生やら父との関係が怪しい女子高生も絡んでくる。とにかく鎖が絡まって絡まって面倒臭いし、皆が皆、自分の主張は盛大にするくせに他者の話に… https://t.co/VWdkW2Uk5u

    4日前

  26. 早く観たい!ロ字ック「掬う」と「終わりのない」。みんなが先に観に行ってるのをいまめちゃくちゃそわそわして眺めてる。

    4日前

  27. 稽古ラッシュで今気づいたがロ字ック「掬う」初日おめでとうございます。隙間を見つけて観に行かねば…

    4日前

  28. ロ字ック 掬う、もう一回見たい… このテンションでおっさんずラブを見られるかな… https://t.co/zCUZAbsYO1

    Ei7sdsyuwaaae9j

    4日前

  29. ロ字ック 『掬う』 初日の幕が上がりました。 東京公演は17日までやってます。 よろしくどうぞ!

    4日前

  30. ㊗️本日初日㊗️ ロ字ック 『掬う』 日程: 2019年11月9日(土)~17日(日) 会場: シアタートラム https://t.co/Hp3Npzo1gQ に、チラシを折り込まさせていただきました。 ありがとうございます。

    5日前

  31. シアタートラム。ロ字ック『掬う』佐津川愛美さんはじめ、役者陣熱演。コメディじゃないならば、なんとゆーか…トリックスターは1人いれば充分なのかもなぁと。それにしても、最近“家族”がテーマの作品に、やたらとあたる😅 https://t.co/DdejJHhIUk

    Ei6leyovaaepudc Ei6lebtvaaa8 zo

    5日前

  32. 11/29(金)~ 12/1(日) ロ字ック「掬う」 https://t.co/Tl7GfG4dq4 @osakascheduleさんから

    10日前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大