演劇

三日月のセレナーデ

天に抗った、ある老婆の潰えぬ記憶

ウンプテンプ・カンパニー

シアター風姿花伝(東京都)

2009/01/08 (木) ~ 2009/01/11 (日) 公演終了

上演時間:

あらすじ

深夜の繁華街の裏通り。青年が道に這いつくばり、地中を流れる川の音を聞こうと耳を押し当てている。
ふと、現れた老女は雨上がりの三日月を見上げながら、呟く。
「色見えで移ろふものは 世の中の人の心の花にぞありける」
老女は青年に「何が聞こえる?」と問う。いつしか二人は、移ろい...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/01/08 (木) ~ 2009/01/11 (日)
劇場 シアター風姿花伝
出演 谷修、蜂谷、中村真季子、伊藤らら、手塚謹弥、薬師寺尚子(サルとピストル)、成田明可(劇団レッドフェイス)、森勢ちひろ、岡部雅彦
脚本 加蘭京子
演出 長谷トオル
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,500円
【発売日】2008/10/06
前売: 3,200円
高校生:2,500円
当日: 3,500円
(全席指定)

※座席数に限りがあるため、お早めにご連絡下さい。
※ご予約を承った段階で、席をお取りしてお待ちしております。
サイト

http://umptemp.web.fc2.com/top.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 あらすじ

深夜の繁華街の裏通り。青年が道に這いつくばり、地中を流れる川の音を聞こうと耳を押し当てている。
ふと、現れた老女は雨上がりの三日月を見上げながら、呟く。
「色見えで移ろふものは 世の中の人の心の花にぞありける」
老女は青年に「何が聞こえる?」と問う。いつしか二人は、移ろい変わりゆくものと、変わらざるものの話を始める。
そして青年は最後に尋ねる。「名前を教えて下さい」
老女は答える。「三日月の小町と呼ばれてるよ」
振り返る老女のその容姿は、色めき麗しく変貌し、周りの風景も様変わりしている。
青年は[三日月の小町]と名乗る女に誘われ、自らの血の記憶を生き始める。
時は大正十一年。帝都東京の山の手を流れる川緑で暮らす人々の、奇妙な運命の物語が始まる。
その他注意事項 ※座席数に限りがあるため、お早めにご連絡下さい。
※ご予約を承った段階で、席をお取りしてお待ちしております。
スタッフ 演出助手:たかよし 
照明:島田 雄峰(LST)  
衣装:竹本 さよ子
音響:塚田 浩太  
舞台美術:長谷 トオル  
舞台装置:ヨマワリ設計  美術監督:齋藤 渓  
記録映像:中村昌利
宣伝美術:佐藤 壮生  舞台監督:高居 長広
チラシ写真:KANEKEN  制作:ウンプテンプ・カンパニー  
パンフレット作成:村上啓太

[情報提供] 2008/10/07 03:17 by kyoko karan

[最終更新] 2009/02/07 01:46 by kyoko karan

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

たかよし

たかよし(1)

演出助手って、初めての経験です。 伸びやかに、蓄えに...

kyoko karan

kyoko karan(17)

心から優しいワルツが鳴り渡るような、 自由で、正直で...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大