演劇

SPAC秋のシーズン2008 有度サロン公演

別冊谷崎潤一郎

SPAC・静岡県舞台芸術センター

舞台芸術公園 屋内ホール「楕円堂」(静岡県)

2008/11/08 (土) ~ 2008/11/22 (土) 公演終了

上演時間:

どう云う訳か知れませんが、
私はあの眼を見ると
いつも神様のことを考えます。
神様はきっとあの眼のように清浄な、
気高いものじゃないかと思います。

罪とは何か、なぜ罪を犯すのかという問いに、人は答えを見出すことができるのか。大義名分に隠された罪、あるいは唐突で理不尽な罪 ―損得か...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/11/08 (土) ~ 2008/11/22 (土)
劇場 舞台芸術公園 屋内ホール「楕円堂」
出演 蔦森皓祐、竹森陽一、塩原充知、加藤雅治、藤本康宏、内藤千恵子、高野綾
脚本 谷崎潤一郎
演出 鈴木忠志
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 7,000円
【発売日】2008/10/14
一般大人:4,000円、同伴チケット(2枚):7,000円
大学生・専門学校生:2,000円、高校生以下:1,000円
2演目観劇:7,000円(※2演目あわせてご予約ください)
サイト

http://www.spac.or.jp/08_autumn/tanizaki.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 どう云う訳か知れませんが、
私はあの眼を見ると
いつも神様のことを考えます。
神様はきっとあの眼のように清浄な、
気高いものじゃないかと思います。

罪とは何か、なぜ罪を犯すのかという問いに、人は答えを見出すことができるのか。大義名分に隠された罪、あるいは唐突で理不尽な罪 ―損得からかけ離れた突き動かされる犯罪者の行為は、常人には理解しがたくともある意味純粋で、芸術家の作品創造に賭ける情念に似たものがあるのかもしれない。文豪・谷崎潤一郎が追い求めたのは、禁忌を犯すほどの欲望の果てにある精神の姿形だった。谷崎が大正期に書き上げた戯曲「お國と五平」と小説「或る調書の一節」を二部構成し、谷崎潤一郎の世界を様式美の中に描きだした鈴木忠志の名舞台。
その他注意事項
スタッフ 演出:鈴木忠志
原作:谷崎潤一郎
出演:蔦森皓祐、竹森陽一、塩原充知、加藤雅治、藤本康宏、内藤千恵子、高野綾

[情報提供] 2008/10/07 01:00 by CoRich案内人

[最終更新] 2008/11/21 16:35 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大