演劇

花形新派 松井須磨子没後百年追悼 朗読劇

女優

松竹

新橋演舞場(東京都)

2019/08/11 (日) ~ 2019/08/11 (日) 公演終了

上演時間:

日本初の新劇女優・松井須磨子の愛と芝居に生きた激動の生涯!
北條秀司の傑作戯曲を、清新な出演者により朗読劇としてお届けします!!

《あらすじ》
時は大正のはじめ。「カチューシャの唄」、「さすらいの唄」など、中山晋平が作曲した劇中歌が挿入された演劇『復活』『生きる屍』によって、島村抱月...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/08/11 (日) ~ 2019/08/11 (日)
劇場 新橋演舞場
出演 山吹恭子、田口守、三原邦男、桂佑輔、尾瀧一眞、美幸ちひろ、瀬戸摩純、竹中凌平
脚本 北條秀司
演出 成瀬芳一
料金(1枚あたり) 4,000円 ~ 4,000円
【発売日】
4,000円
サイト

https://www.shochiku.co.jp/play/schedules/detail/enbujo1908_03/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2019年8月11日(日)16:30開演
説明 日本初の新劇女優・松井須磨子の愛と芝居に生きた激動の生涯!
北條秀司の傑作戯曲を、清新な出演者により朗読劇としてお届けします!!

《あらすじ》
時は大正のはじめ。「カチューシャの唄」、「さすらいの唄」など、中山晋平が作曲した劇中歌が挿入された演劇『復活』『生きる屍』によって、島村抱月と松井須磨子らが結成した芸術座の財政は安定した。牛込に芸術倶楽部が建設され、二人はそこに同棲することになった。抱月の芸術劇と大衆劇の二元主義は着々と実を結んでいく。須磨子は新派俳優河合武雄と合同公演を持つまでに役者を上げ、芸術座の存在は確固たるものになった・・・。
その他注意事項
スタッフ 構成:成瀬芳一

[情報提供] 2019/08/08 15:40 by CoRich案内人

[最終更新] 2019/08/08 15:40 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大