演劇

SPAC・静岡県舞台芸術センター

舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」(静岡県)

2008/12/13 (土) ~ 2008/12/14 (日) 公演終了

上演時間:

僕はハムレットだった。
浜辺に立ち、
寄せては砕ける波とおしゃべりしていた。
背後には、廃墟のヨーロッパ。

『ハムレットマシーン』は、ブレヒトの最大の後継者と評された、旧東ドイツの劇作家ハイナー・ミュラーの代表作である。

シェイクスピアの『ハムレット』をベースとした、わずか数...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/12/13 (土) ~ 2008/12/14 (日)
劇場 舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」
出演 城内孝典、木内琴子、海野水希、成田颯太、鈴木綾乃、淺沼雅、佐藤萌里、朝羽純也、宮城嶋遥加、渡邊清楓、石上晴生、平岩慶一朗
脚本 ハイナー・ミュラー
演出 大岡淳
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 7,000円
【発売日】2008/10/14
一般大人:4,000円、同伴チケット(2枚):7,000円
大学生・専門学校生:2,000円、高校生以下:1,000円
2演目観劇:7,000円(※2演目あわせてご予約ください)
サイト

http://www.spac.or.jp/08_autumn/hamletmaschine.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 僕はハムレットだった。
浜辺に立ち、
寄せては砕ける波とおしゃべりしていた。
背後には、廃墟のヨーロッパ。

『ハムレットマシーン』は、ブレヒトの最大の後継者と評された、旧東ドイツの劇作家ハイナー・ミュラーの代表作である。

シェイクスピアの『ハムレット』をベースとした、わずか数ページの謎めいた詩的テクストだが、世界の演劇人たちが、このテクストの演出に挑戦してきた。

その内容は、抑圧的な共産主義体制の下で、特権的な地位を与えられた知識人の良心の葛藤を、復讐を遂げようにも遂げられぬハムレットの苦悩に重ねたもの。

今回は、静岡県内の精鋭である子供たちと大人たちを出演者として迎え、ハムレットが象徴する「若者の苦悩」を包囲し、蹴っ飛ばし、笑い飛ばすことを目指す。まるで、理想も現実もお構いなしに作動し続ける、マシーンのように!
その他注意事項
スタッフ 演出:大岡淳
作:ハイナー・ミュラー
翻訳:谷川道子
出演:静岡県内の大人と子供たち
城内孝典、木内琴子、海野水希、成田颯太、鈴木綾乃、淺沼雅、佐藤萌里、朝羽純也、
宮城嶋遥加、渡邊清楓、石上晴生、平岩慶一朗

[情報提供] 2008/10/07 00:49 by CoRich案内人

[最終更新] 2008/10/07 00:52 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大