演劇

垣内裕一プロデュース第二回公演

『ホーム』

垣内裕一プロデュース

劇場MOMO(東京都)

2008/10/15 (水) ~ 2008/10/19 (日) 公演終了

上演時間:

子供の頃に両親を事故で亡くし、離れ離れを余儀なくされた四人の兄妹。
それを救ってくれたのが、祖父とこの家だった。
やがて歳月を重ね、祖父も、この家も歳をとった。
歳を重ねたことにより、突き付けられる現実。
ホーム。
それは決して、温かいだけを意味はしない。

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/10/15 (水) ~ 2008/10/19 (日)
劇場 劇場MOMO
出演 垣内裕一(東京ヴォードヴィルショー)、村田一晃(東京ヴォードヴィルショー)、金澤貴子(東京ヴォードヴィルショー)、山崎武史、渡部和正、佐藤五郎(チャルラフシャンプー)、太田恭輔(ブラボーカンパニー)、野澤爽子(KAKUTA)
脚本 四方田祐輔(ハラホロシャングリラ)
演出 四方田祐輔(ハラホロシャングリラ)
料金(1枚あたり) 3,000円 ~
【発売日】
前売・当日共に\3,000 全席自由
サイト

http://www.k-u1.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 子供の頃に両親を事故で亡くし、離れ離れを余儀なくされた四人の兄妹。
それを救ってくれたのが、祖父とこの家だった。
やがて歳月を重ね、祖父も、この家も歳をとった。
歳を重ねたことにより、突き付けられる現実。
ホーム。
それは決して、温かいだけを意味はしない。
その他注意事項 コメディーがお好きな方は是非!!
スタッフ 【舞台監督】 坂野早織
【舞台美術】 向井登子
【照明】    宮野和夫
【音響】    石神保
【宣伝美術】 シオザワタケシ
【チラシイラスト】 もとすぎやよい
            (http://www.apple.ac/~yayoi-web/)
【演出助手】 佐々木高史

【協力】
劇団東京ヴォードヴィルショー
KAKUTA
ブラボーカンパニー
ノックス
株式会社ヒューマンスカイ
ガイプロジェクト
キネマ工房

順不同・敬称略

[情報提供] 2008/10/05 15:20 by かきうち

[最終更新] 2008/10/06 23:02 by かきうち

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大