「さよなら西湖クン」製作委員会

小劇場B1(東京都)

2019/08/16 (金) ~ 2019/08/25 (日) 上演中

上演時間:

「さよなら西湖クン」は、2005年にモダンスイマーズ番外公演としてTHEATER/TOPSで上演、
翌年2006年に『劇団演技者。』でテレビドラマ化、2013年には劇団EXILE若手公演として
和田憲明が演出を手がけている。和田憲明は他にも蓬莱竜太作品「304」「回転する夜」を
演出して...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/08/16 (金) ~ 2019/08/25 (日)
劇場 小劇場B1
出演 岩男海史、岡田地平、長村航希、川並淳一、高畑裕太、柳谷一成
脚本 蓬莱竜太
演出 和田憲明
料金(1枚あたり) 4,000円 ~ 4,500円
【発売日】2019/07/14
全席指定
前売 ¥4,000
当日 ¥4,500
サイト

http://no-4.biz/nishikokun/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 8月16日(金) 19:00
8月17日(土) 17:00
8月18日(日) 13:00 / 17:00
8月19日(月) 19:00
8月20日(火) 14:00 / 19:00
8月21日(水) 19:00
8月22日(木) 14:00 / 19:00
8月23日(金) 19:00
8月24日(土) 13:00 / 17:00
8月25日(日) 13:00

受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前
説明 「さよなら西湖クン」は、2005年にモダンスイマーズ番外公演としてTHEATER/TOPSで上演、
翌年2006年に『劇団演技者。』でテレビドラマ化、2013年には劇団EXILE若手公演として
和田憲明が演出を手がけている。和田憲明は他にも蓬莱竜太作品「304」「回転する夜」を
演出しており、「304」では第22回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞。
苦く切ない青春の記憶を描き出す蓬莱竜太の世界を、和田憲明が創作の肝としている
“迫真的でリアルな空気感”“リアリティのある登場人物の存在感”
を感じさせる作品としてお届けいたします。

その他注意事項
スタッフ 美術:塚本祐介
照明:阿部康子
音響:遠藤宏志(アコルト)
舞台監督:澤井克幸(obbligato)
舞台監督助手:澤根菜摘実(obbligato)
舞台監督補:澤麗奈(obbligato)
特殊効果:Vanity Factory
宣伝美術:菊田参号 田中しおり
制作:emuzplan
制作協力:難波利幸 木村彩菜
企画協力:ウォーキング・スタッフ

[情報提供] 2019/07/19 11:11 by CoRich案内人

[最終更新] 2019/07/19 11:11 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大