舞踊・バレエ

バレエ・アム・ライン 初来日公演

マーティン・シュレップァー演出 《白鳥の湖》

Bunkamura

Bunkamuraオーチャードホール(東京都)

2019/09/20 (金) ~ 2019/09/21 (土) 公演終了

上演時間:

こんな《白鳥の湖》観たことない!

バレエ界を震撼させたドイツのカンパニー 

バレエ・アム・ライン 衝撃の初来日!!

1956年創業以来、ドイツを代表するオペラハウスの一つとして知られるライン・ドイツ・オペラのバレエカンパニー、バレエ・アム・ライン。

ヨーロッパで強烈なイ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/09/20 (金) ~ 2019/09/21 (土)
劇場 Bunkamuraオーチャードホール
出演 バレエ・アム・ライン(ライン・ドイツ・オペラバレエカンパニー)
演出 マーティン・シュレップァー(バレエ・アム・ライン芸術監督/振付家)
振付
料金(1枚あたり) 8,000円 ~ 25,000円
【発売日】2019/05/25
S・\20,000
A・\17,000
B・\14,000
C・\11,000
D・\8,000
SS・\25,000(税込)

※未就学児入場不可
サイト

https://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/kashi/20190920.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2019/9/20(金)18:30開演
2019/9/21(土)11:30開演/18:30開演

説明 こんな《白鳥の湖》観たことない!

バレエ界を震撼させたドイツのカンパニー 

バレエ・アム・ライン 衝撃の初来日!!

1956年創業以来、ドイツを代表するオペラハウスの一つとして知られるライン・ドイツ・オペラのバレエカンパニー、バレエ・アム・ライン。

ヨーロッパで強烈なインパクトを与え続け、今最も注目されているバレエの革命集団による初来日公演が決定!!

演目は、チャイコフスキーの中でも特に有名なバレエ作品である《白鳥の湖》。スイス出身の鬼才、マーティン・シュレップァーが手掛ける今作は、2018年6月にドイツで世界初演を迎え、その個性的なダンスをはじめ衣装、照明、美術、そして“古典”と“モダン”を融合させた斬新な演出が、これまでの《白鳥の湖》を刷新するスタイリッシュな舞台として話題を呼び、連日超満員の大成功を収めました。

ドイツ国外では、今回が初披露となるシュレップァー版《白鳥の湖》。まさに“究極のアート”の世界に酔いしれる至極のひとときをご堪能ください!
その他注意事項 ※未就学児入場不可
スタッフ 指揮:小林資典(ドルトムント市立オペラ 第一指揮者)
管弦楽:シアター オーケストラ トーキョー

[情報提供] 2019/07/11 10:54 by CoRich案内人

[最終更新] 2019/07/11 10:54 by CoRich案内人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. こんな《白鳥の湖》観たことないっ! バレエ・アム・ライン初来日公演 マーティン・シュレップァー演出《白鳥の湖》(あらすじ4分) - YouTube https://t.co/uISJd5GLF1

    5ヶ月前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大