演劇

ナントカ世代⑥/アトリエ劇研協力公演

シ・バハマ

デザイン:SAKURA-mentum

0 お気に入りチラシにする

演劇

ナントカ世代⑥/アトリエ劇研協力公演

シ・バハマ

ナントカ世代

アトリエ劇研(京都府)

2008/12/12 (金) ~ 2008/12/14 (日) 公演終了

上演時間:

男が芝浜に現れる。
浜では花がそよいでいる。男はお金を捜している。女は娘を育てている。娘は太陽を殴りつけた。

永遠にも思われた無関心の連鎖は、いともあっさり解けて/消えた。

花は太陽に恋をした。
女は男を伴侶にした。
取り残された娘は鏡を覗き、映った虚像に「ワタシ」を見つけた...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/12/12 (金) ~ 2008/12/14 (日)
劇場 アトリエ劇研
出演 浦島史生(柳川)、延命聡子、葛井よう子(劇団ZTON)、こみちみちこ、森上洋行、根本コースケ(ベビー・ピー)
脚本 北島淳、原作/古典落語「芝浜」
演出 北島淳
料金(1枚あたり) 800円 ~ 2,000円
【発売日】2008/10/01
一般前売1,200円
一般ペア前売2,000円
一般当日1,500円
学生前売800円
学生当日1,200円
サイト

http://sedai.main.jp/home/next.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 男が芝浜に現れる。
浜では花がそよいでいる。男はお金を捜している。女は娘を育てている。娘は太陽を殴りつけた。

永遠にも思われた無関心の連鎖は、いともあっさり解けて/消えた。

花は太陽に恋をした。
女は男を伴侶にした。
取り残された娘は鏡を覗き、映った虚像に「ワタシ」を見つけた。
そしたら太陽がなくなった。

一方、警官は困り果てていた。どこからか男が拾ってきた原爆を、20世紀の全ての哲学者と同様に、語る言葉を持ってはおらず、従って上司に報告することができなかったのである。


そう言えば「芝浜」は、42両を拾った幸せな男の話だった。
これは42万円を落とした間抜けな男の話である。
その他注意事項 開演15分程度前より、こみち担当メイク:たかつかなによるメイク作業を舞台上で行います。
スタッフ [美術]丸山 ともき
[照明]真田 貴吉
[メイク]たかつかな(何色何番)
[制作]作田 京子

[情報提供] 2008/09/30 20:03 by Jun Kitajima

[最終更新] 2008/12/11 02:35 by Jun Kitajima

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大