明治座

明治座(東京都)

2008/11/03 (月) ~ 2008/11/28 (金) 公演終了

上演時間:

夕焼けが人の心を懐かしい時代に引き戻す

心からの笑顔と温かい涙が溢れていた昭和30年代!
日本も輝いていた・・・
あの頃の物語がここに!

小学館「ビッグコミックオリジナル」で連載中の西岸良平氏原作の「三丁目の夕日 夕焼けの詩」が、いよいよ明治座の舞台に登場します。

三丁目...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/11/03 (月) ~ 2008/11/28 (金)
劇場 明治座
出演 三田佳子、篠田三郎、国分佐智子、須藤温子、左とん平、音無美紀子、金子昇、小須田康人、森宮隆、他
脚本 飯野陽子
演出 堤泰之
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 12,000円
【発売日】2008/09/27
A席:12,000円 B席:5,000円
サイト

http://www.meijiza.co.jp/info/2008/11/main.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 夕焼けが人の心を懐かしい時代に引き戻す

心からの笑顔と温かい涙が溢れていた昭和30年代!
日本も輝いていた・・・
あの頃の物語がここに!

小学館「ビッグコミックオリジナル」で連載中の西岸良平氏原作の「三丁目の夕日 夕焼けの詩」が、いよいよ明治座の舞台に登場します。

三丁目の人々の心温まる姿を描き、1974年から現在も連載中の本作は、コミックが合計1500万部を超える人気作品です。

物語の舞台となるのは昭和30年代の東京。
夕焼けの美しい街”夕日町三丁目”に暮らす人情味あふれる人々の日常が、当時のゆったりした時間の流れの中で描かれます。
オリンピック開催決定と同時に、高度経済成長時代へ足を踏み入れようとしていた頃の、懐かしい風景が明治座の舞台によみがえります。
時代が変わっても、変わることのない、人と人とのふれあいの大切さを感じられる舞台をどうぞお楽しみに。

【あらすじ】
夕日町三丁目で洋装店を営む倉田恵子は、大学講師の夫・八郎と真理子、奈津子の二人の娘との4人暮らし。決して裕福とは言い難い暮らしぶりだが、持ち前の明るさと機転で家族はもちろん、町の人々の人望も集めている。
ある日、小説家の茶川先生を訪ねてきた編集者の関谷年男と真理子が出会い、やがて恋が芽生える―。
紙芝居屋のシバレン、謎めいた花町母子、高木写真館の豊・・・。
人々が活気に満ちた日々をおくる三丁目を、今日も美しい夕日が照らし出す!
その他注意事項 上演時間:4時間(予定)休憩2回を含む
スタッフ 原作:西岸良平(小学館・ビッグコミックオリジナル連載中)
脚本:飯野陽子 演出:堤 泰之 音楽:渡辺俊幸
主催:明治座 スポーツニッポン新聞社
出演:三田佳子 篠田三郎 国分佐智子 須藤温子
左とん平 音無美紀子 金子 昇 小須田康人 森宮 隆 他

[情報提供] 2008/09/26 00:50 by CoRich案内人

[最終更新] 2008/11/29 15:44 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大