※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

劇団じゃけん演技ワークショップ2013 早春

  • 鳴嶋由紀 鳴嶋由紀(25)

    カテゴリ:ワークショップ告知 返信(0) 閲覧(139) 2013/01/05 23:10

Bbs 9431
「演出家が演出を出来る役者で在りたい」。
すべての始まりはこの想いからでした。

その為には、

演技する為に必要な
「感じやすく表れ易いからだ」を手に入れること、
在るがまんまの自分を認め
「ありとあらゆる彩りを持った心」を解放できること、
自分の心に負けない
「強い意志」を持つことが必要だと、
あらゆる経験を通して学びました。

また、

良い役者は演技をしている時、
「非常にリラックスしていて、
高い集中力を保ちながら、
観客に対して心も体も開いた状態に在る」と云うことを
体感してきました。

その結果、

このような心理身体を手に入れ、保つ為に、
日々心と体を調整し続けることが、
俳優には絶対に必要だと認識するに至ったのです。

同時に、

良い役者は、台本に書かれたことを
想像力と五感を使い、その訓練された心と体で体感し、
自らに実感を持たせることで、
役を体感し、生きていると云うことも解りました。

つまり、

良い演技をする為の最も確実な方法は
「良く手入れされた心と体」
「豊かで自由な想像力」
「五感の強化」を中心に訓練を続ける事なのです。

劇団じゃけんは、このような認識に基づき、
一緒に訓練をしてみたいと云う方を対象にした
演技ワークショップを開催します。

「緊張して思うように力が出せない」
「一所懸命演じているつもりなのに何も伝わらない」
「役作りの方法がわからない」と云うような方には、
非常に効果的な演技ワークショップです。

この演技ワークショップで私達と一緒に、
「真実味の有る演技」を目指し、
俳優の仕事を全うできる「心と体」を作って行きましょう。


劇団じゃけん 主宰 難波善明


☆募集要項☆
<対象>
 18歳以上の演技が好きで、今の自分を変えたいと思っている方(原則として全回参加可能な方)。

<内容>
 ・心と体を目覚めさせる体操
 ・想像の世界に自分を解放する訓練
 ・無駄な緊張を取り除き、集中力を高め、自分を解放する訓練
 ・想像の世界を五感で実感し解放する訓練
 ・役への具体的なアプローチ
 ・演技実習(二人一組 2回)

<日程(全12回)>
 2013年1月18日~4月12日までの毎週金曜日
 (ただし、3月29日は休み)

<時間>
 18:30~21:30

<会場>
 中野区内、公共施設

<受講料>
 36,000円(税込)/全12回
 ※ワークショップ初回時に20,000円と、3月1日に16,000円をお支   払い下さい。
   ご返金は出来ません。

<講師プロフィール>
 難波善明

 1967年3月生まれ。広島県広島市出身。
 劇団じゃけん主宰。日本演出者協会、日本劇作家協会会員。

 15歳で演劇を始め16歳で初舞台。
 これまでに400作品以上の舞台に役者として出演。

 24歳よりプロデュース公演を始め、以降、作、演出も手掛けると同時に、
 俳優訓練法や、演技方法を本格的に学ぶ。

 33歳、自らの理想を求め、劇団じゃけんを旗揚げ、現在に至る。

 2009年よりOfficeトップクラス主宰の演技ワークショップの講師を務める。

<募集人員>
 9名
 (定員になり次第お断りする場合もあります)

<申し込み方法>
 申し込みフォームよりお申し込み頂くか、
 E-mail にて下記必要事項をご記入の上お申し込み下さい。
 ・お名前(フリガナ)
 ・年令
 ・性別
 ・電話番号
 ・メールアドレス
 ・「応募の動機、意気込み」
 ※折り返しこちらから E-mail にてご連絡いたします。



<締め切り>
 2013年1月15日(火)必着

<応募・お問い合わせ先>
 劇団じゃけん
 http://www.ab.auone-net.jp/~jaken/bosyu4.html

このページのQRコードです。

拡大