※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

【出演者募集】サムゴーギャットモンテイプ2022年夏公演

  • サムゴー制作 サムゴー制作(0)

    カテゴリ:オーディション告知 返信(0) 閲覧(2165) 2022/04/27 21:54

2022年8月末に予定しているサムゴーギャットモンテイプの公演に向けて、
下記日程にてワークショップオーディションを行います。

サムゴーギャットモンテイプは笑いの要素の多い作品も多数上演しておりますが、今回はあまりふざけすぎない会話劇。U F Oとオカルトに関する短編集を上演する予定です。
 
U F Oや都市伝説といったオカルトの類は、年代によって微妙に形を変えつつ現在も根強く生き残っています。7、80年代ではU F Oや超能力、90年代のノストラダムスの大予言、00年代の都市伝説。そして現在の陰謀論。
科学技術が発達し、多くのフェイクが見破られるようになった昨今、「何か」を信じることは難しくなりました。例え政府の発表でも、新聞やテレビが報じたことでも、その情報を一度疑うところから始めなければいけないから。
本作は、3つの時代のオカルトと人間を通して、「信じる/信じない」「手をつなぐ/離す」を描く短編集です。

内容としては、台本を使った読み合わせ、立ち稽古を予定しております。普段の稽古に近い形で進行し、サムゴーギャットモンテイプの雰囲気を見て頂ければと思います。何卒よろしくお願い致します。


【公演概要】

タイトル:「ベントラー・ベントラー・スペースピープル」(仮)
小屋入り期間:8月29日(月)~9月4日(日)
本番期間:8月31日(水)~9月4日(日) 
全7ステージ予定
会場:スタジオ空洞
チケットバック:あり。その他、少額ですがギャランティをお支払いします。

  ※チケットノルマはございません
 
◆稽古について:
稽古期間は7月初旬より週3~5日程度。本番に近付くにつれ増えます。
※稽古は各演目ごとに行い、全体での稽古は極力減らすつもりです。そのため、各出演者の稽古出席回数は、本番直前までは週2~3回になると思います。(本番直前は、出来るだけ集まっての稽古になるかもしれません。)
 
稽古会場:世田谷区の公共施設
稽古時間:18:00~22:00
 

【WSオーディション日程】

①5/28(土) 18:00~22:00
②5/29(日) 13:00~17:00

・会場:世田谷区内
・費用:無料
・早めに終了する場合があります。
・当日は普段着で結構です。

【募集概要】
・7月からの稽古、8月末〜の本番に参加出来る方。
 (少人数での公演になるため、NG日が極力少ない方がありがたいです。)
・とりあえずサムゴーギャットモンテイプの雰囲気を知りたい方。
・積極的に宣伝などに協力して頂ける方。
・劇団・事務所に所属されている場合、事前に公演参加の許可が取れている方。
・年齢・経験不問。

【応募方法】
mail@somegogyatmontape.info宛に、メールしてください。
確認しだい受付の返信をいたします。

件名に「ワークショップの件」とお書きいただき、
メール本文には、

(1) 氏名
(2) 生年月日
(3) 年齢
(4) 電話番号(当日連絡のとれる携帯番号)
(5) 趣味・特技
(6) 演技経験有無(有の場合、公演の年と団体名をご記入ください)
(7) サムゴーギャットモンテイプ観劇有無
(8) 参加希望回(日程①~②の内いずれかをお選びください)
(9) 7月〜8月の、確実に稽古に参加出来ない日を教えてください
(10)顔写真を添付してください

をお願いいたします。

【応募締め切り:5/26(木)の23:59まで】
※定員に達した場合、早めに募集を締め切る可能性があります。
※書類選考を行う場合があります。

連絡後、24時間以内に返信がない場合は、
お手数ですがその旨、メールでお伝え下さい。

たくさんの新しい出会いがあることを楽しみにしています!
どうぞよろしくお願いします。


[サムゴーギャットモンテイプとは・・・]
2012年7月の公演より活動開始。
山並洋貴が主宰・作・演出のひとりぼっち演劇ユニット。
自身のコンプレックスである他人とうまく交われない哀しみと独特の発想力からくる笑いを軸に、幅広いジャンルの作品を発表し、常に新鮮な面白みを提供している。
http://somegogyatmontape.info
  • オーディション実施者は合格者になるべく早く契約書を提示し、正式な契約を結びましょう。双方が納得できる公平で健全な関係を築き、突然の参加キャンセルなどのトラブルを回避しましょう。
  • オーディション合格者はなるべく早く実施者から契約書を受け取り、よく読んだうえで正式な契約を結びましょう。想定外のチケット販売ノルマやグッズ買取の強要などから身を守りましょう。