※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

パーガルパッカーVol.3 WSオーディション(ノルマ無・8/8〆切)

  • パッカー パッカー(0)

    カテゴリ:ワークショップ告知 返信(0) 閲覧(204) 2012/07/29 17:06

Bbs 7705
わたくし、パーガルパッカー主宰・作・演出の菅井菅と申します。
パーガルパッカーでは、その都度、出演者を求め、作品を創り上げているプロデュース形式をとっております。脚本執筆の上で、僕は出演者の個性を引き出したいと考えているので、今回ワークショップ(以下WS)を行い、その方の個性を知った上で人物を描きたいと思っています。
今回、公演自体は第3回目ですが、WSは初の試みです。
オーディションにプラスしてWSを行うことで、より多くの方にご参加頂き、パーガルパッカーで創りたいテイストを共有して頂きたいと思っています。
このWSはオーディションも兼ねておりますので、興味を抱いた方に出演の依頼をさせていただくことがございます。
もちろんWSのみを希望される方も参加可です。
詳細は下記をご確認ください。

【WSオーディション詳細】
<開催場所> 杉並区および武蔵野市(三鷹)の公共施設
<日時> 8/12(日) 14:00~17:00
    8/19(日) 15:00~19:00
※1日だけの参加も可です。
<参加資格>
①18歳以上の男女
②心身ともに健康な方

<参加費> 
500円(1日参加の方も、2日参加の方も一律500円になります)

<申込方法>
下記のメールアドレス宛に、件名「ワークショップ参加」とし、
本文に以下の内容を記載ください。
①お名前
②性別
③年齢
④活動経歴
⑤所属劇団(or事務所)
⑥写真(バストアップ)
⑦連絡先(電話番号・メールアドレス)

以上をお送りください。
【宛先メールアドレス】sugaikan65@yahoo.co.jp

メールを頂きましたら、追って開催場所など返信いたします。


【ワークショップ内容】
台本を中心とした生真面目なWS。
ゲームやエチュードも若干行いますが、基本的には、公演時の稽古のように台本を通したWSを行いたいと考えています。
2日目は、来ていただいた方で短い発表を行いたいと思っています。


次回公演の情報は以下になります。

パーガルパッカー第3回公演 
『わりと開放的な、密室(仮)』

2012年11/8(木)~11/11(日)
高円寺・明石スタジオ

【稽古期間】
10/1‐10/21 18時~22時(3日ないし4日稽古を行い、1日稽古休みを予定)
10/22‐11/6 14時~21時(4日ないし5日稽古を行い、1日稽古休みを予定)

稽古場所は主に世田谷区の公共施設を予定。

募集人数:若干名 

※ノルマなし。わずかですが、チケットバックあり。


【お問い合わせ】
パーガルパッカー事務局 
TEL 080-6730-9906  Mail:sugaikan65@yahoo.co.jp

【パーガルパッカー主宰・菅井菅 略歴】
2006年~2010年まで劇団プリセタに在籍。その後、個人ユニット「パーガルパッカー」を起ち上げ2011年より始動。
(主な経歴)
2006年 プリセタ第7回公演『ヴィレン』 脚本担当
2007年 プリセタ第8回公演 『ロス』 脚本担当
2008年 プリセタ番外公演 『サンドウィッチ』作・演出
2009年 T1プロジェクト ショートストーリーズvol.3『ネルドリップ』       作・演出
2009年 演劇ユニット・リッチvol.2 『サードパーティー』作・演出
2011年 パーガルパッカー第1回公演『飛んでみるコタツ』作・演出
2012年 パーガルパッカー第2回公演『親切なイタズラ』作・演出

※詳しくはHP:http://paagal-packer.com/
をご覧ください。

【パーガルパッカーのテイスト】
現在のテイストとしては、人間の持つ「ヤマしさ」に焦点を当て、何かしら欠如した人間が、無様にもがいてしまう様を喜劇的に描いています。
第一回、第二回は日常劇でしたが、日常からハミ出してしまうような、「あること」をきっかけに人物が落ちてゆく様を、舞台上の仕掛けや演劇的遊びを使用することで、昂揚感を喚起させる表現ができたと思います。
今後も、日常劇をメインとした作品になると思います。今時、普通の日常劇をやっても…と淘汰されがちかもしれませんが、劇場や出演者を活かし、来ていただいたお客様があっと驚くような、面白い普通の演劇をしたいと思っています。

次回は高円寺・明石スタジオです。

興味を持ってくれたら、是非劇場にも足を運んでみてくれたら嬉しいです。

最後までお読み頂き、感謝いたします。
これが新たな出会いに繋がることを願います。

菅井菅

このページのQRコードです。

拡大