※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

【マイズナーWS2日間クラス】よく聴いて反応する演技※初心者歓迎

  • 西村壮悟 西村壮悟(0)

    カテゴリ:ワークショップ告知 返信(1) 閲覧(206) 2021/10/04 14:26

マイズナーワークショップ2日間イントロクラス

●このワークショップではリピテションエクササイズを通して、その瞬間相手から受けて生まれた衝動で動き、関わる技術を鍛えます。

(リピテションエクササイズ:ペアになりパートナーを観察し、相手の挙動を言葉にし、互いにその言葉を繰り返すことで、思考や自意識から離れ、本能と繋がった真実味のある演技を目指すエクササイズ。サンフォード・マイズナーが考案)

また、マイズナーテクニックをどのようにシーンで活かせるのかを「聴くことに重点を置いたエクササイズ」も交えながら、実感することができます。

【コロナウィルス感染防止対策を取りながらの開催です】
参加人数上限を通常時より減らします
検温を実施し37.5℃以上の方は参加を見合わせていただきます
開始前に会場の消毒を実施し、参加者の方にも手指の消毒、手洗いにご協力いただきます
不織布マスクを常時着用といたします
可能なかぎり常に換気をします(換気扇は全て強設定にし、窓とドアを開放します)

そのほかにも、主催者が必要と見なした対策を実施する場合があります。また、今後感染状況に応じて対策を変更する可能性があります。

【主催者からのメッセージ】
マイズナーテクニックのやり方も様々なのですが、私はロンドンのインパルスカンパニーでスコット・ウィリアムズ氏に学び、より純粋に相手を受けた演技でスリリングなシーンを作れると実感しました。
帰国後、日本でも同じ演技の言語を共有できる仲間が欲しいと思い、これまでワークショップを継続しています。
「このセリフでこうしたい」「上手いと思われたい」、あるいは「こんなことをしては、いけないんじゃないか」といった考えを手放し、
相手にフォーカスし、衝動のままに正直に反応することで、相手に動かされる感覚を体感して、目の前にいる相手と今この瞬間関わることができる力をつけてもらいたいです。

【このWSで学べること】
常に相手に意識を向ける力が鍛えられる
考えがちなクセから離れられる
相手から受けて反応する力を鍛えらえる
俳優として表現の幅を広げられる
最終的に短いテキストを使用して、マイズナーテクニックを応用できる。

【対象】
マイズナーの未経験者・初心者向け (ちょっと経験がある方、ブランクある方も歓迎)

【日時】
2021年11月 
4日㈭、5日㈮ 13:00~17:00
(計2日間、1日のみの参加はできません)

【会場】
最寄り駅東高円寺駅のスタジオ(参加者にお知らせします)

【参加費】
7000円(当日お支払い)

【参加お申し込み方法】
件名を「11月WS参加希望」とし、
①お名前(ふりがな)
②連絡先メールアドレス
③マイズナーの経験の有無(もしあれば、どこで学んだかも)
④ご所属(もしあれば)
⑤経歴(ごく簡単なもので結構です)
⑥このワークショップを何で知ったか?

を明記のうえ、so5246ra@gmail.comまでお申し込みください。

【定員】
10名 先着順
(最少催行人数5名に満たなかった場合はキャンセル、あるいは時間を若干短縮させていただく場合があります)

【イントロクラス受講者の声】
「リピテーションを通しての戯曲の扱い。自分より相手に集中するため受け取るものは多くなる。傷ついたり怒ったりする回数は明らかに増えたと思います。芝居の上でどうしても自分の欲しい情報ばかりピックアップしてみたいようにみてしまったりすることがあり、それを回避できたのはとても良かったです。」
ー豊田可奈子

「実際に参加してみて、まず想像以上にのびのびと楽しめた自分がいたことに安心しました。西村さんが参加者の私たちの言葉によく耳を傾けながら風通し良く進めて下さったことも大きいと思います。どんなやり方や意見でも一度認めた上で次に進めて下さることがありがたかったです。台詞を用いる場面では、短い時間にもかかわらずどの段階も分かりやすく進んで行けたことが驚きでした。台詞との付き合い方が実感を持って理解出来たように感じます。」
ートヨザワトモコ


【講師プロフィール】
西村壮悟
新国立劇場演劇研修所2期生修了。マイズナーテクニックを柚木佑美氏、スコット・ウィリアムズ氏から学ぶ。
主な出演作品に『アルトナの幽閉者』 『うれしい悲鳴』 『従軍中のウィトゲンシュタインが(略)』 『サロメ』 『雨』 『真田風雲録』など、蜷川幸雄氏、栗山民也氏、宮田慶子氏、宮本亜門氏、上村聡史氏、谷賢一氏、吉田小夏氏、広田淳一氏らの演出作品に出演。
文化庁新進芸術家海外研修制度で2017年から一年間ロンドンに留学し、ジェレミー・ストックウェル氏、スコット・ウィリアムズ氏、木村早智氏に師事。
2018年よりホスピタルシアタープロジェクトに参加し、障碍を持つ子どもと家族のための演劇を創作している。2020年はオンライン演劇『音の世界』を演出、Kawai Project リーディング『リア王』に出演。 同年よりエイベックス・アーティストアカデミー講師


  • オーディション実施者は合格者になるべく早く契約書を提示し、正式な契約を結びましょう。双方が納得できる公平で健全な関係を築き、突然の参加キャンセルなどのトラブルを回避しましょう。
  • オーディション合格者はなるべく早く実施者から契約書を受け取り、よく読んだうえで正式な契約を結びましょう。想定外のチケット販売ノルマやグッズ買取の強要などから身を守りましょう。
  • 残り参加者枠2名となりました!ぜひ一度チャレンジしてみてください!

    俳優が安心してチャレンジできるWSです。

    マイズナーテクニックはある種の即興ですがインプロとはまた違います。目の前の相手に反応をするというお芝居の基本をシンプルにやることができるので、即興に苦手意識がある人にはおすすめです。
    「感情を表現しようとしてしまう、頭で考えた演技をしてしまう、ありきたりな演技になりがち、もっと相手から受ける情報量を増やしたい・・・」という人にもおすすめです。
    経験のある方でも「ブラッシュアップしたい」「新しいものを取り入れてリフレッシュしたい」という目的に是非。

    2021/10/23 23:02

このページのQRコードです。

拡大