※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

2022年6月公演・劇団印象-indian elephant-『ジョージ・オーウェル(仮)』の出演者募集 ※11/14(日)〆切(メールでのみ受付)

  • achuto achuto(18)

    カテゴリ:オーディション告知 返信(4) 閲覧(4033) 2021/09/10 21:10

Bbs 65639
2022年6月公演・劇団印象-indian elephant-『ジョージ・オーウェル(仮)』の出演者募集 ※11/14(日)〆切(メールでのみ受付)

『1984』や『動物農場』で知られる小説家ジョージ・オーウェル。彼の人生の内、BBC(英国放送協会)に勤務し、インド向けラジオ番組を作っていた1941年~1943年頃を取り上げる。当時のイギリス政府の対インド政策と、どのように対立し、敗北したのか?そして、その敗北が、どう小説家としてのオーウェルを形作ったのかを描く、評伝劇を創作します。

劇団印象-indian elephant-は、その出演者を募集させていただきます。

<劇作家=鈴木アツトより>
2020年上演の『エーリヒ・ケストナー~消された名前~』で、我々は初めて、「国家と芸術家」という主題に挑戦した。そして、「国家と芸術家」三部作として、第二次世界大戦時に、国家という枠組みに翻弄された芸術家に注目し、国境を飛び越える“自由”な視点や思想、作品を創り出す芸術家たちが、なぜ国家や国民によって“自由”が縛られるということが生じるのか、を描くシリーズを構想した。本作は、エーリヒ・ケストナー、藤田嗣治に続く、その三作目である。前二作は、同盟国だったドイツ、我々の母国の日本を舞台に、第二次世界大戦を描いたが、今作では敵国だったイギリスから見た第二次世界大戦を描く。

<主な登場人物>
〇ジョージ・オーウェル:イギリス植民地時代のインド生まれのイギリスの作家、ジャーナリスト。 のちに小説家となり『1984』を書く。
〇アイリーン・ブレア:ジョージ・オーウェルの妻。手術中の事故により40歳で急死。
〇ヴェニュ・チターリ:インド人。BBCスタッフ。演劇好き。
〇タンビムットゥ:セイロン(現在のスリランカ)生まれのタミルの詩人。BBCスタッフ。
〇スバス・チャンドラ・ボース: 急進的なインド即時独立論者。
他、数名。

公演詳細
公演日時:2022年6月8日~12日
会場:下北沢・駅前劇場
公演実施回数:7~8ステージを予定
※稽古開始は2022年3月末頃から。40日程度を予定。

報酬等:
チケットノルマはありません。
ギャランティは、オーディション等をさせていただいてから、相談の上、決めます。

また、オンライン配信も必ず実施する企画になりますので、
作品を配信することにご了承いただける方のみ、ご応募お願い致します。

オーディションに応募される方は、
以下の項目を、info(アットマーク)inzou.comまでお送りください。
件名は「劇団印象:オーウェル評伝劇・応募」でお願いします。

・名前(ふりがな)
・生年月日/年齢/身長/体重/スリーサイズ/靴のサイズ
・所属
・これまでの経歴/出演作品
・今までご覧になった劇団印象-indian elephant-作品があればそのタイトル
・応募動機(150字から400字程度)
・メールアドレス/携帯電話番号
・写真(上半身と全身、1枚ずつ)
・希望の一次選考日(11月26日、12月3日、12月10日の内で来られる日)
・稽古開始は、2022年3月末頃から。現時点でのNG日があればお知らせください。
・ご希望の役があれば、お書きください。
※PDFファイルでお送りいただけると助かります。

オーディション詳細:
書類選考
お送りいただいたプロフィールと応募動機から、書類選考を行います。
書類選考の結果は、11月18日(木)までにご連絡します。

ワークショップ・オーディション選考
1.書類選考通過者には、11月26日、12月3日、10日(どれか一日のみ)に稽古場にお越しいただき、ワークショップ・オーディション一次選考を行います。
2.一次選考通過者には、12月17日に、二次選考を行います。
3.二次選考通過者と、後日、面談(稽古や演出方法、報酬、条件について説明)をした後、出演決定。
・ワークショップ・オーディション選考は、参加費が2,000円かかります。(場所代とテキスト代)

オーディション・申し込み締切:
応募期間:2021年10月1日(金)~11月14日(日)24時まで。

●お問い合わせ・お申し込み
info(アットマーク)inzou.com (アットマーク)を@に変えて、ご連絡ください。

皆様のご応募心よりお待ちしております。

※掲載写真は、2020年12月公演『エーリヒ・ケストナー~消された名前~』より
写真:菅原康太
  • オーディション実施者は合格者になるべく早く契約書を提示し、正式な契約を結びましょう。双方が納得できる公平で健全な関係を築き、突然の参加キャンセルなどのトラブルを回避しましょう。
  • オーディション合格者はなるべく早く実施者から契約書を受け取り、よく読んだうえで正式な契約を結びましょう。想定外のチケット販売ノルマやグッズ買取の強要などから身を守りましょう。
  • 『国家と芸術家』三部作の第一作目、『エーリヒ・ケストナー~消された名前~』が第27回劇作家協会新人戯曲賞の最終候補に選ばれました。

    それを受け、昨年上演時の古川健氏(劇作家・劇団チョコレートケーキ所属)とのアフタートークを、無料で公開することにしました。
    https://www.youtube.com/watch?v=L5paTDNDyDE

    2021/09/30 10:54
  • 『エーリヒ・ケストナー〜消された名前〜』を期間限定で、
    アンコール配信することにいたしました。
    配信期間:2021年10月4日(月)12:00~10月17日(日)23:55
    ※期間中は何度でもご覧いただけます。
    https://inzou-kaestner-2021.peatix.com/

    また、
    『藤田嗣治〜白い暗闇〜』を、2021年10月27日 (水) ~11月02 日(火)
    に、下北沢・小劇場B1で上演いたします。
    https://g-inzou.wixsite.com/foujita

    まだ、劇団印象を見たことが無い方は、どちらかを見てご応募いただければ嬉しいです。

    2021/09/30 22:10
  • 【映像配信】劇団印象-indian elephant-第27回公演「藤田嗣治〜白い暗闇〜」

    まだ、劇団印象作品を見ていない方で、舞台公演を見られない方は、
    映像配信で見て、ご応募いただければ、嬉しいです。

    ■配信期間
    2021年11月10日(水)12:00~11月30日(火)23:55
    ※期間中は何度でもご覧いただけます。

    ■視聴チケット:¥2,000
    ※販売期限は、11月30日(火)19:00までとなっております。
    ※10月26日(火)12:00より発売開始。

    10月27日(水)〜11月2日(火)@下北沢・小劇場B1に於いて上演する公演の収録映像となります。
    https://inzou-foujita.peatix.com/

    「藤田嗣治〜白い暗闇〜」公演特設サイトはこちら。
    https://g-inzou.wixsite.com/foujita

    2021/10/24 08:05
  • 諸事情により、二次選考を12/17(金)ではなく、12/21(火)に変更いたします。
    大変申し訳ないのですが、応募を考えていらっしゃる方は、予定の調整をお願い致します。

    2021/11/07 10:22

このページのQRコードです。

拡大