※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

BNAW主催 キャラクタークラス無料説明会

Bbs 63768
役作りをする時、何を一番大事にしますか?

自分自身を使ったリアリズム演技を深く追及するには、“NEED”の探求が不可欠だと思います。想像上の物語のキャラクターも、人間としての根底には“NEED”があるのです。
自分自身の“NEED”と役の“NEED”を理解し、確固とした橋脚を作ることで、自分と役をつなぐ頑丈な橋を架けることが出来ます。”NEED“の共有は、役作りにおける強力なツールになるのです。

では、“NEED”とは何でしょうか?
自分の身体で感じることはできるのでしょうか?

“NEED”を抑圧している“パブリックペルソナ”という仮面を剥がし、本来の自分に近づくためのワークをキャラクタークラスでは行っています。

説明会では、“NEED”と“パブリックペルソナ”の関係について説明したいと思います。 また、普段のキャラクタークラスで導入に使っているエクササイズを行いたいと思います。

【日時】4月13日(火)13時~15時

【講師】 青山治

【内容】NEEDの説明、サークルダンス、リラクゼーション

【申し込み方法】件名を「説明会」としてbnaw@bobbynact.com氏名まで、年齢(ふりがな)、電話番号、プロフィール、写真、受講動機をお送りください。

【定員】10名ほど

【場所】BN Studio

住所:中野区野方5-4-13ハイネス野方B1

西武新宿線野方駅 徒歩2分

【参加資格】16歳以上で心身ともに健康である方

【必読書】青山 治 翻訳『TRUTH』(而立書房)

【講師経歴】青山治:東京都出身。薬科大学在学中に芝居を始める。1999年12月に男優集団スタジオライフに入団。2年間の活動を経て、2002年9月渡米。NYで俳優修行を開始する。ロベルタ・ウォーラック氏に師事。ストラスバーグメソッドを使ったキャラクター作りを学ぶ中で、ニコール・キッドマンの演技コーチ、スーザン・バトソンからも直接演技を学ぶ機会を得る。 その後、ジェームス・プライス氏にも師事。2年間、マイズナーテクニックを学ぶ。
同時に、ブラッドリー・クーパーの演技コーチ、エリザベス・ケンプ氏の下でシーンワークを学ぶ。2007年8月、帰国。舞台を中心に、シェイクスピア作品から、現代劇、コメディまで幅広く活動中。

*コロナの状況次第で、ZOOMによるオンライン説明会に変更される可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

【ホームページ】http://www.bobbynact.com/

BNAW(Bobby Nakanishi Acting Workshop):2007年ボビー中西がNY在住時にスタートした演技ワークショップ。2011年より東京をベースに青山治、土井宏明、野田英治、関幸治ともに俳優育成をしている。
 
BNAW主宰、演技講師、演出家、全米映画俳優組合員、舞台俳優組合員 NY・アクターズ・スタジオ生涯会員(日本人で2人目)、東京大学非常勤講師、新国立劇場演劇研修所マイズナー講師、渡辺ミュージカル芸術学院演技講師。高校卒業後、コント赤信号に弟子入り。1990年から2011年までNYを拠点に活動。名門ネイバーフッドプレイハウスでサンフォード・マイズナーから直接演技指導を受ける。 2007年より演技指導をスタート、飯塚健監督WS主催、飯塚花笑監督、戸田彬弘監督とのコラボWS、大手事務所、個人レッスン多数。演技コーチとしてNetflix「全裸監督」(森田望智個人レッスン)、園子温監督「エッシャー通りの赤いポスト」、天野千尋監督「ミセス・ノイズィ」など多くの作品に携わる。2019年には演出を手掛けた「男が死ぬ日(作・テネシー・ウィリアムズ)」でバッカーズ演劇奨励賞プロデュース賞受賞。著書に「リアリズム演技」(而立書房) 現在までに子役、高校生、ダンサー、ミュージシャン、ミュージカル俳優、アイドル、ハリウッド俳優、アカデミー賞ノミネート俳優など、多くの日本、世界で活躍をする俳優を指導している。その数は、延べ8000人を超す。
  • オーディション実施者は合格者になるべく早く契約書を提示し、正式な契約を結びましょう。双方が納得できる公平で健全な関係を築き、突然の参加キャンセルなどのトラブルを回避しましょう。
  • オーディション合格者はなるべく早く実施者から契約書を受け取り、よく読んだうえで正式な契約を結びましょう。想定外のチケット販売ノルマやグッズ買取の強要などから身を守りましょう。