※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

【3月22日(日)締切】シアター・ミラクル「脚本家従業員VS演出家支配人・春の5番勝負(仮)」出演者募集オーディションのお知らせ。

  • ふぇぶ ふぇぶ(8)

    カテゴリ:出演者募集 返信(0) 閲覧(1664) 2020/03/09 04:30

シアター・ミラクルプロデュース
「脚本家従業員VS演出家支配人・春の5番勝負(仮)」出演者募集オーディションのお知らせ。

2020年4月中旬と、5月のGW期間にシアター・ミラクルに長期の空きが出てしまいましたので、セルフプロデュース公演を行うことにしました。

脚本家従業員は
目崎剛(たすいち)
フジタタイセイ(劇団肋骨蜜柑同好会)
加糖熱量(裃-這々)
奥田悟史(劇団ミックスドッグス)
岩井美菜子(劇団人間嫌い)
の5名。
それぞれの新作/過去作の短編/中編を、
演出家支配人、池田智哉(feblabo)が演出します。

本番期間は2020年4月10日(金)ごろ~20日(月)、または、5月1日(金)ごろ~8日(土)のいずれか、または両方となります。

というのも、集まった方々によって変則的な日程で上演する可能性を考えています。詳しくは未定ですが、、、。
なので、送っていただく募集条項の中に「本番に参加可能な期間」というのを入れさせていただきました。
例えば、4月中の公演だけなら参加できるとか、月~金で働いているので土日祝のみ参加できるとか、ざっくりで構いませんので教えてください。
(詳しくはオーディションで訊きます。)
稽古は多少の調整はできますが、本番はやはり初日前後にまとまった時間を確保いただく必要があるので、という感じです。

なお、公演の概要はご出演いただく皆さんが決まってから最終的な調整を経て決定いたします。
稽古期間は本番の日程や作品の内容によります。
これもご出演いただく方のスケジュールを合わせて、という形をとります。

というくらい、ざっくりした状況での募集です。すみません。。。
ただ、このオーディションを通じて、新しい俳優さんに出会いたく思ってます。
上記の脚本家の作品に出演してみたい方、会話劇に挑戦したい方、舞台に立ってみたい、経験を積みたい、など、入口の理由はなんでも結構です。
たくさんのご参加をお待ちしております。

シアター・ミラクル支配人/feblabo 池田智哉

【オーディション開催日時】
2020年
3月14日(土)11:00~21:00
3月15日(日)11:00~21:00
3月21日(土)11:00~21:00
3月23日(月)11:00~21:00

※上記の日時の中から30分程度お時間を戴きます。
※オーディションに参加可能な日時をお送りください。
例:3月15日(日)11:00~15:00
のような形で具体的にいただけますと幸いです。
※もし上記以外の日時を希望の方もご相談ください。

【応募要項】
■場所 都内某所
※参加者にのみお知らせいたします。
※新宿区・杉並区近辺を予定しております。

■参加資格
・健康な日本語の通じる方。
・演技経験の有無は問いません。
・所属している事務所・劇団等がある場合、そちらの出演許可を得られる方。

■参加費
500円 (参加当日お支払いいただきます。)

■募集締切
3月22日(日)23:59まで

■応募先
メールアドレス:ws@t-miracle.jp

※件名は「オーディション参加希望」として送信下さい。
※送信後、丸一日を過ぎても返信がない場合はお手数ですが、
feblabo@gmail.comまたは090-8560-3381までご連絡ください。

■募集要項
1.オーデイション参加希望日時
2.名前(ふりかな)
3.性別
4.生年月日/年齢
5.身長/体重
6.出身地
7.所属(あれば)
8.過去2~3年の出演作品 (舞台以外もあれば、多い方は代表的なものを5作品程度)
9.自分が思う俳優としての自分の武器・魅力
10.今回の参加脚本家の作品の観劇の有無。有る場合はタイトルも頂けると嬉しいです。
11.feblabo及び演出作品の観劇の有無。有る場合はタイトルも頂けると嬉しいです。
12.志望動機
13.電話番号(緊急時連絡用)/メールアドレス

【重要】応募に際して、応募者の方の写真を添付してください。(全身/バストアップ各一枚ずつ。スナップ写真可。)

■演出・池田智哉プロフィール
2006年より東京の小劇場で活動する池田智哉による企画・プロデュースユニット。
池田自身は脚本は書かず、毎回脚本家を招き、池田が演出するスタイルをとる。再演も多い。
空間とそこに存在する俳優と役割を掘り下げていくことで「嘘のなさ」を引き出す演出が特徴的である。
様々な脚本の演出を手掛け、長短編併せて100本以上の作品を演出している。
作品も、特定のシチュエーションでの会話劇・議論劇や、シチュエーションコメディや古典なども幅広く扱っている。
2013年より、シアター・ミラクル支配人。

■主な作品
https://stage.corich.jp/stage/search?utf8=%E2%9C%93&search=1&global_freeword=feblabo
を参照ください。

■お問い合わせ先
090-8560-3381
http://feblabo.net
ws@t-miracle.jp / feblabo@gmail.com

なお、この公演は、以下のシアター・ミラクルの方針に則り、
新型コロナウィルスへの対策を十分に行ったうえで上演を目指したいと考えております。
https://twitter.com/feblabo/status/1235954391506538496
何卒、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

たくさんのご応募お待ちしております。