※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

演劇企画体ツツガムシ第7回公演「ドイツの犬」

Bbs 54238
演劇企画体ツツガムシ第7回公演『ドイツの犬』出演者募集のお知らせ

演劇企画体ツツガムシでは、次回公演の出演者をキャスティング中です。

併せてオーディションも開催いたします。ご興味のある方は、以下①〜⑥を確認のうえ、ご応募下さい。

① 20〜50歳の俳優(男女若干名)
② 2019年10月31日〜11月11日に行われる全17ステージに参加でき、かつ、同年10月1日〜10月30日の稽古に参加できる方。稽古日のNGに関しては応相談。
③ 2019年5月11日(土)13:00~に行われるオーディションに参加出来る方。
④ 芸能事務所、劇団等に所属の方は、本作品への出演の許可を得て下さい。
⑤ 小劇場での公演のため少額となりますが出演料をお支払いいたします。
⑥ オーディションの際に、会場使用料として一人500円をご負担ください。


【公演概要】
『ドイツの犬』(演劇企画体ツツガムシ オリジナル作品)
◎脚本 日向十三  ツツガムシの全ての公演の台本を担当。他に、ナノスクエアプロデュース「258」「モスリラ」等。
◎演出 田中壮太郎  ツツガムシ公演第3回以降全ての演出を担当。他に、地人会新社「金魚鉢のなかの少女」「クライムス・オブ・ザ・ハート」等演出。
◎公演日程 2019年10月31日(木)〜11月11日(月)  全17ステージ
◎稽古日程 2019年10月1日〜10月30日 都内および都内近郊を予定
◎劇場 シアター風姿花伝 東京都新宿区中落合2-1-10  劇場へのお問い合わせはご遠慮下さい。
◎公演内容
舞台はナチスドイツ占領下のフランス。元ボクサーのザカリー・ラヴァルトには人に言えない秘密があり、時の政府の謳う「平和的解決」を願うことしかできなかった。しかし、ある人物と出会うことで、彼の人生は大きく動き出す。その人物は(実在したレジスタンスの指導者)ジャン・ムーラン。絶望と希望、愛と憎しみ、嘘と真実……。ドラマは非情に絡み合い、血に染まってゆく。やがて戦争は終わり、時が流れ、生き残った者たちが再会する。「ドイツの犬」の正体が明らかになる

【応募方法】
◎宛先 engekitutuga64@gmail.com
◎オーディションおよび稽古、本番のスケジュールNG日程を記載の上、プロフィールを添付して下さい。
◎プロフィール(芸歴およびバストアップ、全身写真含む)は、2MB以下のPDF又はJPGでお願いします。
◎ご担当者のお名前、携帯番号、メールアドレスをご記載下さい。(事務所に所属されていない方はご自身の連絡先で結構です。)
◎応募締切 2019年4月25日(木)

※ツツガムシは今回の公演のお手伝いをしていただける方も同時に募集しています。もし、残念ながら配役には至らなかった場合でも、公演に携わっていただける方はその旨を備考にお書きください。

【オーディション、ご依頼】
◎オーディションにお呼びする方へは、メールにて2019年5月7日(火)までにご連絡致します。engekitutuga64@gmail.comからのメールを受信できるように設定をお願いいたします。
ご出演依頼をさせて頂く方には別途、個別にご連絡させて頂きます。
◎日時 2019年5月11日(土) 13:00~ 
現状この日のみを予定しておりますが、難しい方はその旨ご記載ください。日程追加で開催する場合には検討させていただきます。
◎会場 都内稽古場

【演劇企画体ツツガムシ】
演劇企画体ツツガムシは、演劇による、人間存在の謎の探究と、新世界構築の可能性の追究を目的に、田中壮太郎、本多新也、日向十三の3名で2007年に発足しました。日向十三の作品を中心に、海外の戯曲なども翻訳し上演していきます。
http://www.tutuga64.com/


ご不明な点がございましたら、メールにてお問合せ下さい。
皆様のご応募をお待ちしております。

演劇企画体ツツガムシ
お問合せ engekitutuga64@gmail.com



  • プロフィールはオーディションの際にこちらでプリントアウトするものです。メールに直にプロフィールの内容を書いたりお写真を添付したりしないでください。
    やむを得ずプロフィールが作れない方はその旨を書き添えて下さい。

    2019/04/10 00:07

このページのQRコードです。

拡大