※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

わたあめ工場の世界観作りのお手伝いをしませんか?

Bbs 53520

劇団わたあめ工場では、共に世界観作りをお手伝い頂けるボランティアスタッフを募集しております。

劇場に一歩足を踏み入れたその瞬間からお客様に楽しんでもらう。
そんなコンセプト空間を作るお手伝いをして下さる方を探してます!



【お手伝い内容】
・当日の受付業務補佐(整列案内など)
・物販販売補佐

【時間】
開演時刻の3時間前から終演後まで

【待遇】
・観劇最低1回(ご希望あれば複数回)
・交通費補助の支給
・お弁当やケータリング有り

【条件】
当団体はお客様へ楽しんで頂ける空間を作り上げる事を第一に考えております。
お客様への対応方法など独自のルールが御座いますので、お守り頂ける方を条件とさせて頂きます。
(世界観設定上、挨拶が特殊だったりします)




【問い合わせ先】
wataamekojoh@gmail.com
件名に「お手伝いスタッフへ応募」とご記入頂き、①お名前(ふりがな)、②性別・年齢、③ご連絡先(メールアドレス)、③お手伝い可能なステージ、をご明記の上、ご連絡下さい。


【公演概要】

劇団わたあめ工場 次回本公演
#14「鬼魅鬼」
4月6日(土)〜14日(日) 全10ステージ

元気な産声を上げ、瓜二つの顔が
刻同じくして生まれ落ちた…
「忌み子」
その子らは村へ災いを齎す
魔の者と成り果てる。
国への厄災を防ぎたくば、どちらか一方を
岬より海へ投げ入れ、天に捧げよ。

鬼魅(おに)として暗い塔へと幽閉された少女。
自らの運命を受け入れ、
ただただ静かに最期の刻を待った。

生涯、開くことの無い扉。

「瞼越しに透かす陽の暖かさを知らない。」
何故なら、塔からみる陽の光は
一筋の線でしかないからだ。

「おぼろ月夜に想いを馳せたこともない。」
夜の過ごし方と言えば、
母の温もりを思い出しながら眠ること。

ましてや友など
一生出来ないと思っていた。

【劇場】
川崎市アートセンター アルテリオ小劇場

【タイムスケジュール】
4月6日(土) 16:00★
4月7日(日) 13:00 / 18:00
4月8日(月) 休演日
4月9日(火) 19:00
4月10日(水) 16:00★
4月11日(木) 19:00
4月12日(金) 19:00
4月13日(土) 13:00 / 18:00
4月14日(日) 15:00

★…アフターパーティーステージ
アフターパーティーとは、キャストとゲストが合同で行う立食パーティー形式のイベント。



少しでも興味がある、わたあめ工場見てみたい!という方からのご応募を心からお待ちしております!

このページのQRコードです。

拡大