※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

リアルを追求した演技とはどうなのよ?

  • kohoen kohoen(3)

    カテゴリ:フリートーク 返信(2) 閲覧(160) 2019/02/21 19:38

台本をいただいてどうリアルを追求するのか?と考えてみますと。
速い話、いかに役になり切れるかだと思います。
じゃ~どうやって役になり切るかです。
読み込みでしょう。
ヒトが100回なら1000回読み込んでみましょう。

そうすると
自然に台詞が立ってきます。こう読んでくれと囁いてくれます。
だから
台詞術の根本は読み込むことです。

でもそれって、気が狂っちゃうかもしれない?
いいじゃないですか好きなんだから狂っちゃっても、人生悔いなしですよ。

あと役の職業、家族、趣味、癖などディテールを作る。

そうやってから舞台稽古するとリアルの世界にワープします。台詞が一皮むけて生の現実となります。

でも

もしかして、それって命を削る行為かもしれません。

あなたはそこまでやれますか?
  • そこまでやれず逃げてしまうのが大抵でしょう。

    2019/02/24 09:46
  • もし1、2か月で感動の舞台を創りたいのなら、台本を早めに渡して、暗記してから立ち稽古をするというのが、最も効率のよい芝居ができるのではないでしょうか。1、2か月で台本読んで役作りには無理があるし、働きながらではできません。台詞を覚えて舞台に立つだけです。ストーリーテイラーであってはならないと思います。

    2020/03/17 13:20

このページのQRコードです。

拡大