※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

DULL-COLORED POP演劇ワークショップ2019

  • DULL-COLORED POP DULL-COLORED POP(0)

    カテゴリ:ワークショップ告知 返信(1) 閲覧(1592) 2019/02/09 12:04

Bbs 52900
DULL-COLORED POPでは劇団で培ってきた演劇論や知識・技術を広め、次なる新しい俳優たちと出会うため、一連の演劇ワークショップ講座(以下WS)を開催します。

【期間】2019年2月26日(火)~3月10(日)
【講師】谷賢一、大原研二、東谷英人
【場所】都内某稽古場(曙橋近辺)

【内容】
大原研二+谷賢一『テクニックだけのWS』(3日間)
東谷英人『台詞を言葉にするWS』(3日間)
谷賢一『ひたすら怒られてみる演技WS』(1日)
谷賢一『ひたすら褒められてみるWS』(1日)
谷賢一『動詞と形容詞で分析する演技/演劇WS』(2日間)

【応募方法】
このページに書かれているそれぞれのワークショップの内容をよく読み、理解した上で、下記の必要事項を<workshop@dcpop.org>までお送り下さい。

1)お名前(フリガナ) 2)メールアドレス(PCメール受信できるもの) 3)電話番号 4)年齢 5)性別 6)プロフィール/出演歴(書式自由) 7)写真2点(添付ファイルでお送り下さい) 8)参加希望するWS日程(A~Lから選んで下さい)

【詳細/講師紹介】
http://www.dcpop.org/ws2019/


====

●大原研二+谷賢一『テクニックだけのWS』(3日間)

【講師】
大原研二(初日・2日目)、谷 賢一(最終日)

【内容】
役を演じる上で『目的』を持って『行動』し続けることで、演者に必要な反応がきちんと『起こる』ということを感じることにフォーカスをあてます。
戯曲を使い、その状態を持つために必要なことを感じるための2日間と最終日は同じ戯曲を使って、演出家・谷賢一による実際にシーンを作る現場でそれをどう活かすかを体感するワークショップです。

【日程】
 A:2019/2/26(火)・27(水)・3/2(土)の3日間、12時~16時
 B:2019/2/26(火)・27(水)・3/2(土)の3日間、17時~21時
 C:2019/2/28(木)・3/1(金)・3(日)の3日間、12時~16時
 D:2019/2/28(木)・3/1(金)・3(日)の3日間、17時~21時

【定員】各回12名

【参加費】7000円


●東谷英人『台詞を言葉にするWS』(3日間)

【講師】
東谷英人

【内容】
「台詞を言葉にする」とは。……台詞は頭が受信する情報、それに対して言葉は身体から放たれるものです。つまり、頭と身体をどうやって繋げるか、会話劇に必要な感覚がそこにはあります。そのメカニズムを身体を通して体感する3日間。
即興・テキスト・発表を繰り返しやります。30歳以下限定。なぜなら演劇界の未来は君たちにかかっているからである! 出会いましょう、同志よ。

【日程】
 E:2019/3/7(木)・8(金)・9(土)の3日間、12時~16時
 F:2019/3/7(木)・8(金)・9(土)の3日間、17時~21時

【定員】各回12名

【参加費】4000円

【参加条件】30歳まで限定


●谷賢一『ひたすら怒られてみる演技WS』(1日)

【講師】
谷賢一

【内容】
最近は優しい演出家が増えたので、徹底的に怒られる、完膚なきまでにダメ出しされるという機会も少なくなりました。そこで一切の遠慮を取り払い、徹底的にダメ出しを受けてみよう、ボコボコにされてみようというWSです。テキストを用いたシーンスタディで徹底的にダメ出しされ続けます。自分の欠点と真正面から向き合ってみましょう。

【日程】
 G:2019/3/4(月)、12時~16時
 H:2019/3/4(月)、17時~21時

【定員】各回12名

【参加費】4000円


●谷賢一『ひたすら褒められてみる演技WS』(1日)

【講師】谷賢一

【内容】
上記「ひたすら怒られてみる演技WS」とは真逆で、講師・谷賢一がいいところを片っ端から見つけては、徹底的に褒め続ける演技WSです。テキストを用いたシーンスタディの中で、あなたとあなたの演技のいいところを全て発見し、ひたすら「褒め出し」しまくります。自分の長所を恥ずかしげもなく見つけてみましょう。

【日程】
 I:2019/3/5(火)、12時~16時
 J:2019/3/5(火)、17時~21時

【定員】各回12名

【参加費】4000円


●谷賢一『動詞と形容詞で分析する演技/演劇WS』(2日間)

【講師】谷賢一

【内容】
戯曲を分析し、演技として構築する上での初心者から上級者まで使える方法論とテクニックです。登場人物の性格や心理・状況など「形容詞」として描かれているものを「動詞」化することで、具体的かつスピーディーに演技や感情を組み立てることができます。
簡単なエクササイズとワークを通じて手法を体感した後、短いテキストを用いて演技と感情・行動を組み立てていく、超・実戦的なワークショップです。

【日程】
 K:3/6(水)・10(日)の2日間、12時~16時
 L:3/6(水)・10(日)の2日間、17時~21時

【定員】各回12名

【参加費】8000円
  • F~I日程、およびK~L日程の募集を、定員に達したため締め切りました。
    最新の募集状況はこちらをご覧下さい。
    http://www.dcpop.org/ws2019/

    2019/02/20 16:22

このページのQRコードです。

拡大