※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

「ダンスパフォーマンスとしてのアイドル Perfume×ももクロ×乃木坂 ~振付家に聞く~」@SCOOL セミネールin東京vol.3

  • りー中西 りー中西(1)

    カテゴリ:フリートーク 返信(0) 閲覧(135) 2018/04/03 13:32

Bbs 47388
「ダンスパフォーマンスとしてのアイドル Perfume×ももクロ×乃木坂 ~振付家に聞く~」@SCOOL セミネールin東京vol.3

2018年4月24日19時半~
主宰・中西理(演劇舞踊評論)
ゲスト・木皮成(振付家・ダンサー)
[https://www.youtube.com/watch?v=LXVU4FqpL7I:embed:cite]
[https://www.youtube.com/watch?v=ErLSUsqERm8:embed:cite]
[https://www.youtube.com/watch?v=qIuWXDt2o18:embed:cite]

 演劇あるいはコンテンポラリーダンスを対象に開催してきたレクチャー、今回はコンテンポラリーダンスのダンサー、振付家である木皮成をゲストに招き、ダンスの専門家の解説を交えて、パフォーミングアーツの世界から見たアイドルのパフォーマンス(特にダンス)について議論していきたいと考えています。
  取り上げるアイドルについてはPerfumeとももいろクローバーZ。さらに多人数のグループアイドルの代表としてゲストの木皮成も少なからず関係したことがある乃木坂46を中心にアイドルのダンスとはどういうものなのかについて考えていきたいと思います。
以前書いた「パフォーミングアーツとしてのももいろクローバーZ」 という論考でももクロの全力パフォーマンスとはなにかについて2010年代以降現代演劇やコンテンポラリーダンスで顕著になっている身体に負荷をかける表現との同質性を論じました。今回はさらにPerfumeと最先端のメディアアートの関係を論じるほか、私が個人的に日本でもっとも人気のダンスカンパニーではないかと考える欅坂46、さらに実際に振付を担当したことのある木皮成さんから乃木坂46のダンスについても話を聞いてみたい。
木皮成さんはダンサー・振付家。映画「幕が上がる」の先輩の出演劇団の場面で登場する「デジタル」(木皮成とうさぎストライプ)の振付担当し出演も。アイドルに関連しては乃木坂46「アンダー」の振付を担当。近作では木ノ下歌舞伎「勧進帳」
のダンス部分を振付しています。


【演目】レクチャー担当 中西理
ゲスト・木皮成(振付家・ダンサー)
[https://www.sharakusei.com/choreography/:embed:cite]

【日時】2018年4月24日(火)p.m.7:30
【場所】三鷹SCOOL にて
【料金】前売:2000円
当日:2500円 (+1drinkオーダー)

【予約・お問い合わせ】
●メール simokita123@gmail.com (中西)まで お名前 人数 お客様のE-MAIL お客様のTELをご記入のうえ、 上記アドレスまでお申し込み下さい。ツイッター(@simokitazawa)での予約も受け付けます。
電話での問い合わせ
090-1020-8504 中西まで。

このページのQRコードです。

拡大