※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

今秋、劇場公開映画撮影予定の河崎実監督オーディションWS2クラス同時募集! 

Bbs 4495
「いかレスラー」「ヅラ刑事」「日本以外全部沈没」など、ヴェネチア国際映画祭ほか世界に「バカ映画の巨匠」とその名をとどろかせる世界のB級映画の巨匠・河崎実監督オーディションワークショップ受講生を募集します!
まだ、ちゃんとした映像で芸歴のない人にとっては、またとないチャンスです!
なんと今回は、秋に劇場公開作品を撮る前にいろんな、俳優女優を探していただくためにオーディションワークショップを開催いたします。
ワークショップ日程  
A,Bクラスとも初日は、6月2日です。
A、Bクラス1日目  6月2日(木)  18時~21時      顔合わせ、本読み
Aクラス2日目  6月4日(土)  10時~17時 (予定)   映像演技実習   
Bクラス2日目  6月5日(日)  18時~21時15分 (予定) 映像演技実習
ワークショップ教材について教材は河崎監督最新作から3クラスとも違うシーンを用意しています。
5クラスと6月Bクラスは受講時間短いので少人数制で短時間での撮影に対応出来るかを6月Aクラスは長い時間集中力の持続力に対応出来るかです。
また6月Bクラスの2日目は200平米という広いスペースでしか出来ない題材をお願いしています。
もちろん、複数受講も可能です。

河崎実監督の経歴
2009年、日本映画批評家大賞・特別敢闘賞を受賞された河崎実監督は、英国映画「えびボクサー」のヒットを受けて作った「いかレスラー」「コアラ課長」「かにゴールキーパー」の不条理動物三部作を作りヒット!ほかにも「ヅラ刑事」「日本以外全部沈没」の話題作を大ヒットさせた。
『ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発』はヴェネチア国際映画祭のミッドナイト部門の公式招作品として上映され、海外の映画人を爆笑の渦に叩き込んだ。近作は「猫ラーメン大将」と、常に常識を超えた作品を手掛けています。
海外にもファンが多く、各国の映画祭で引っ張りだこの奇才監督です。

<応募期間と応募条件>   
平成23年6月1日締め切り。
年齢・経験問わず募集します。
<ワークショップの申し込み方法>        
1 電話で名前と住所と電話番号と希望クラスをお伝えください。(受付終了)
2 プロフィール郵送と代金の振り込み         (申し込み完了)
受講料は20,000円
シネマプロデュース      
〒154-0001東京都世田谷区池尻3-21-1-144
連絡先         03-5431-3715 (平日9時~18時まで)
振り込み先       三菱東京UFJ銀行 日暮里支店 普通 0683064
口座名義            ユウゲンガイシャシネマプロデュース
予約メールは、cinemaproduce@nifty.com
   詳しくは、パソコンからの方はhttp://cinemaproduce.web.infoseek.co.jp/を携帯からの方は、http://id16.fm-p.jp/240/cinemapro/をご覧ください。

このページのQRコードです。

拡大