※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

2008年5月に観た作品で1番面白かったのは?

  • しのぶ しのぶ(2984)

    カテゴリ:フリートーク 返信(4) 閲覧(1161) 2008/06/03 13:22

Bbs 329
新しい月に入ると、「あぁ、また始まるのね・・・」としみじみ感じます。
時の経つのは本当に早いですよね。
先月も良い舞台との出会いがたくさんありました。
今月も楽しみな作品がいっぱい♪

さて、皆さんは先月、何が1番面白かったですか?
愛の告白&褒め殺しの方向で盛り上がりましょう!

私はBunkamura『わが魂は輝く水なり-源平北越流誌-』です。
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=6007

源平の合戦が描かれた平安末期のお話だけど、現代劇のように感じながら見ました。
画像は公式サイト↓より
http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/08_wagatamashii/index.html
  • しのぶさま こんばんは。

    5月もいろいろありました。タカハ劇団や、快快、負味など王子小劇場の作品選択力も目立ち、ブラジルや OiSCALEがアゴラで表現したことも面白かったです。またなぱふぇすや、ZOOZOOSCENE、池袋SENTIO、唐組のように表現と空間のマッチングを堪能した月でもありました。

    そんな中、個人的なベストは「OSAKAテラヤマ博」です。

    大阪から数多くの俳優陣が東京にやってきて、新宿の小さな劇場2箇所を借りて引越し公演していることに驚き、また寺山修司の作品をそれぞれに自由度高く現代によみがえらせていたことに感動しました。
    毎年、やってくれるといいななんて思っています。

    2008/06/05 00:47
  • ゴールデン・ウィークにやってましたよね。
    http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=7316
    観に行きたかったんですよー。
    寺山修司作品を知らないところから始まったっていうのが、また素敵ですよね。

    2008/06/05 10:07
  • ルワンダからやってきた劇団で、演出家がピーター・ブルックのカンパニーにも関わっている劇団、Urwintore(ウルヴィントーレの「The Investigation[追究]」がとてもよかったです。

    2008/06/05 10:16
  • 横浜ですか~、全然知らなかったです。
    ★5つ付けられたんですね!
    http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=7764
    ウルヴィントーレ、覚えておこうと思います。

    2008/06/07 01:08

このページのQRコードです。

拡大