※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

谷賢一ワークショップ『演技の基礎を考える』

  • 谷賢一 谷賢一(105)

    カテゴリ:ワークショップ告知 返信(3) 閲覧(572) 2010/10/08 12:46

Bbs 3198
■谷賢一ワークショップ「演技の基礎を考える」全3回

費用:3,000円
日時:2010年11月2日(火)18時~22時
         11月4日(木)18時~22時
         11月7日(日)13時~22時
定員:20名以下
場所:都内某所(杉並区あたり)

内容:
今までたくさんWSをやってきました。スタニスラフスキー・システムについて、身体と感情について、台詞の読み方、嘘について考える、その他諸々。今回は「これ」と縛らず、演技の基礎を考えます。日常の演技と舞台上の演技に違いはあるのか、ないのか。あるのならば、一体何が俳優に必要とされるのか。稽古用のエクササイズやシアターゲームを交えつつ、テキストも用いて、演技の基礎と応用について考えます。

演技初心者は歓迎ですが、舞台に立つ野心のない方はご遠慮下さい。Project BUNGAKU『太宰治』に出演している俳優の8割とは、WSで出逢いました。このWSでも、たくさんの素敵俳優さんたちと出会えることを期待しています。

●応募方法

今回は日程が1つ分だけなので、予約が溢れそうです。ご応募はお早めにお願いします。応募の際には、

(1) 氏名とフリガナ
(2) 電話番号
(3) メールアドレス
(4) 簡単なプロフィール
(5) 応募理由
(6) 顔写真(写メールとかでも可)

を ken あっとまーく playnote.net までお願いします。
  • やっべ、プロフィール書き忘れました。
    貼っておきます。

    ■谷賢一プロフィール

    作家・演出家・翻訳家。DULL-COLORED POP主宰、
    および新宿タイニイアリス・プロデューサー。
    柏市民劇場CoTiK代表。2010年より青年団演出部所属。

    明治大学演劇学専攻およびイギリス・University of Kentにて演劇
    学を学び、2005年より劇団を旗揚げ。重厚な悲劇からくだらないコ
    メディまで幅広く手掛ける。無茶なことをやるのが好きで、ライブ
    ペインティング演劇や創作ロックミュージカル、短編7本立てとか
    フランス赤毛モノとか、「やめとけばいいのに」という演劇的実験
    を喜んでやっているドM。

    近年の代表作:
    DULL-COLORED POP『マリー・ド・ブランヴィリエ公爵夫人』(シアターモリエール)
    DULL-COLORED POP『プルーフ/証明』『心が目を覚ます瞬間』(サンモールスタジオ)
    単独企画公演『幸せの歌をうたう犬ども』(タイニイアリス)
    日本語を読むvol.3『熱帯樹』(シアタートラム)
    ジェットラグ・プロデュース『幸せを踏みにじる幸せ』(タイニイアリス)
    Project BUNGAKU『太宰治 - 人間失格』(八幡山ワーサルシアター)

    2010/10/08 12:51
  • まだ定員まで結構余裕あります。8名くらい。
    ご応募頂いた方にはすべて返信させて頂きました。
    あれ、届いてないよーって方はメール不達の恐れがありますので、ご連絡下さいませ。

    2010/10/11 16:35
  • ワークショップへのたくさんのご応募、どうもありがとうございました。
    先日、定員に達しましたので、募集を締め切らせて頂きます。
    わざわざご応募頂いたのに定員オーバーになってしまった方々、大変申し訳ございません。

    次回以降のワークショップの開催は未定ですが、
    ブログ、CoRich掲示板、谷賢一演出舞台への折り込みチラシなどで告知致しますので、
    またの機会に是非ご参加頂ければと思います。

    谷賢一ブログ
    http://www.playnote.net/

    2010/10/15 22:47

このページのQRコードです。

拡大