※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

2007年8月に観た作品で1番面白かったのは?

  • しのぶ しのぶ(2984)

    カテゴリ:フリートーク 返信(6) 閲覧(824) 2007/09/03 01:00

Bbs 23
こんにちは~。しのぶです。
毎月1日にお薦めお芝居を紹介する無料メルマガを発行してまして、その中で「先月の(しのぶの)ベスト3」というコーナーをやってます。
http://www.mag2.com/m/0000134861.html

皆さんは先月、何が1番面白かったですか?
みんなで「これが良かった!」「この人がサイコーだった!」とかおしゃべりできたら嬉しいです♪

※批判はナシで。愛の告白&褒め殺しの方向で盛り上がりましょう!

私の先月のNo.1は『エレンディラ』。
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=1229
長かったですが(苦笑)、オープニングにしびれました♪

写真はこちらより。
http://blog.e-get.jp/eren/item.jsp?rootClass=21&blogCode=1&dateCode=&itemCode=17&categoryCode=
  • 1. 犬顔
    2. ひーはー
    3. 清水宏
    (笑)

    2007/09/03 15:13
  • この8月、一番面白かったのは1ヶ月で12プログラム34公演をやり遂げたPOTALIVEの「駒場編vol.2 LOBBY」です。企画の無謀さもさることながら、それぞれ方向性が全然違う作品にもかかわらず、一定の水準を超えたものを提供するクオリティもすばらしい。特に村井美樹作のHプログラム「燈」は夜祭りの後の駒場のまちを、昼間でも歩かないような道を歩かせ、ドキドキとワクワクを上手く展開する物語にも作用させたバランスのよい作品に仕上がってたと思います。

    2007/09/03 15:34
  • あれさん
    「犬顔」て!(笑)「犬顔家の一族の陰謀」ですね?私は今週中に行く予定でーす。楽しみ!
    「ひーはー」も「清水宏@野音」も見られなかったなー・・・残念。

    u-noさん
    POTALIVE「駒場編vol.2 LOBBY」・・・。ハマってしまいそうで断念しました。私は『museum』だけ見たことがあります。すっごく面白かった。気持ちに余裕ができた時にまたお散歩したいです。
    演劇・舞踊ジャーナリストの堤広志さんがSTUDIO VOICEにポタライブについて書かれてました。「なるほどー!」って超納得でした。
    http://www.infaspub.co.jp/studio-voice/sv.html

    2007/09/04 02:31
  • それでなくとも優柔不断で、自分のホムペで「今月の特選」を選ぶのに苦労しているというのに、8月は観劇本数が多かった(過去最多)上に質も高く、「一番」なんて選べませ~ん。

    で、特に印象深いものを列挙。(これでも相当苦労して絞りました)

    『ケンコー全裸系水泳部 ウミショー』ネルケプランニング
    『Guard of PRINCESS ~5人いるんだからなんとかなる!~』しゅうくりー夢
    『REDLINE ~僕達は赤い糸で結ばれている~』劇団BOOGIE★WOOGIE
    『[S 複数形]』and Me
    『仕込んでいこう!』円盤ライダー
    『西遊記アンリミテッド』project MISSLING
    『性癖優秀』柿喰う客
    『犬神戦記』Tomotakaプロデュース

    うち1本は予定通り、4本は予定外に2回観て、もう1本はスケジュールが合いさえすればもう1回観たというくらいで…

    しかしマイナー系が多いのはいかにもσ(^-^) のラインナップでしょ?(爆)

    2007/09/08 08:08
  • じべ。さん
    過去最多ってすごいですね~!
    観劇ラインアップってその人の好みが濃く出ますよね。
    私とかぶってるのは『性癖優秀』だけかしら。
    柿喰う客は次回も観に行こうと思います。

    2007/09/08 23:51
  • Res 160

    初めまして。
    柿喰う客「性癖優秀」です。

    8月29日~9月4日公演だったのですが、私は8月に観に行ったので。
    これまでずっと柿を観てきて、正直なところ(学芸会じゃないの。大勢出せば観客動員できるもんね)的な印象を持っていたのですよ。
    でも、不思議な魅力が楽しみでずっと追っかけてました。

    このシアターモリエールの柿。

    空間に劇画の噴出しの文字のように漂う言葉。
    こだまの響きあう絶妙の音響。
    初めて、背中がゾクゾクッとしたのです。止まらなかったです。
    「成長したな・・・よくぞここまで来たな・・・」そう思いました。






    2008/02/24 19:39

このページのQRコードです。

拡大