演劇

Kera meets CHEKHOV vol.3/4

ワーニャ伯父さん

SIS Company

新国立劇場 小劇場 THE PIT(東京都)

2017/08/27 (日) ~ 2017/09/26 (火) 上演中

休演日:8/30、9/6、9/13、9/20

上演時間:

 ロシアでの初演から1世紀以上の時を経た21世紀の現代でも、世界中のどこかで必ず何かが上演されている、、、それがチェーホフ四大戯曲です。KERAは、本シリーズ第1作目「かもめ」から、「チェーホフが見たら一番納得してもらえるような上演を目指すこと」を明言。その言葉通り、大胆なカットも翻案も施さず...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/08/27 (日) ~ 2017/09/26 (火)
劇場 新国立劇場 小劇場 THE PIT
出演 段田安則、宮沢りえ、黒木華、山崎一、横田栄司、水野あや、遠山俊也、立石凉子、小野武彦
脚本 アントン・チェーホフ
演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
料金(1枚あたり) 5,500円 ~ 8,500円
【発売日】2017/07/09
S席¥ 8,500  A席¥ 7,000 / B席¥ 5,500 全席指定・税込
サイト

http://www.siscompany.com/ojisan/gai.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 8月27日(日) 13:30
8月28日(月) 18:30
8月29日(火) 13:30
8月30日(水) 休演
8月31日(木) 13:30 / 18:30
9月1日(金) 18:30
9月2日(土) 13:30 / 18:30
9月3日(日) 13:30
9月4日(月) 18:30
9月5日(火) 13:30
9月6日(水) 休演
9月7日(木) 13:30 / 18:30
9月8日(金) 18:30
9月9日(土) 13:30 / 18:30
9月10日(日) 13:30
9月11日(月) 18:30
9月12日(火) 13:30
9月13日(水) 休演
9月14日(木) 13:30 / 18:30
9月15日(金) 18:30
9月16日(土) 13:30 / 18:30
9月17日(日) 13:30
9月18日(月) 18:30
9月19日(火) 13:30
9月20日(水) 休演
9月21日(木) 13:30 / 18:30
9月22日(金) 18:30
9月23日(土) 13:30 / 18:30
9月24日(日) 13:30
9月25日(月) 18:30
9月26日(火) 13:30
説明  ロシアでの初演から1世紀以上の時を経た21世紀の現代でも、世界中のどこかで必ず何かが上演されている、、、それがチェーホフ四大戯曲です。KERAは、本シリーズ第1作目「かもめ」から、「チェーホフが見たら一番納得してもらえるような上演を目指すこと」を明言。その言葉通り、大胆なカットも翻案も施さず、まずは戯曲に忠実に、登場人物の心情を丁寧にたどりながら、緻密で繊細な人間の普遍的な心情に寄り添ってきました。しかし、その上演台本にあるのは、まさしくKERAならではの言語感覚が随所に生きた世界・・・。そのスタンスは第3弾「ワーニャ伯父さん」でも継続されています。

 四大戯曲の登場人物たちの多くは、理想と現実との狭間で苦しみ、ままならぬ人生を送らざるをえなくなった、いわばやり切れなさを抱えた人々がほとんどです。でも、ストーリーの流れの中では、これといって大きな悲劇や事件に遭遇するわけでもなく、登場人物の悲喜こもごもの転機は、戯曲の中では声高に描かれていません。それらの出来事は、まるで「幕間」に静かに通り過ぎていったかのように、“事の終わり”の心模様のみが、台詞に淡々と編みこまれていきます。
 今回上演の『ワーニャ伯父さん』は、四大戯曲の中でも一番、突破口のない閉塞感を抱え、「諦めの境地」に囚われた救いのない人たちが集まっているように思えます。そのヒリヒリとした痛々しさは、あるときは滑稽でもあり、またあるときは、哀れな切なさも感じさせます。それがまた、チェーホフ戯曲の魅力とも言えますが、チェーホフの冷徹な視点を一番感じさせる作品とKERAの組み合わせ、そして、劇場も新国立劇場小劇場へと空間も変わり、また新たな出会いの予感を感じさせるシリーズ第3弾です!

【あらすじ】
大学教授を引退したセレブリャコーフ(山崎一)は、都会暮らしに別れを告げ、若い後妻エレーナ(宮沢りえ)と共に、 先妻の親から受け継いだ田舎屋敷に戻ってきた。先妻の兄であるワーニャ(段田安則)は、学者であるセレブリャコーフ を長年崇拝し、彼の支えとなるために、25年にも渡って領地を切り盛りしながら、教授と先妻との娘ソーニャ(黒木華)、 母ヴォイニーツカヤ夫人(立石涼子)、隣人であった没落貴族テレーギン(小野武彦)と共につましく暮らしてきた。
長年、尊敬するセレブリャコーフに尽くすことに疑いを抱いたことのなかったワーニャだったが、毎日共に暮らすようになった目の前の人物は、いつも体調も機嫌も悪く、尊大で身勝手な態度で人を困らせるただの年寄り・・・。
また、その妻エレーナも、夫への不満と年の近い義理の娘との折り合いの悪さも手伝い、田舎暮らしの中、このまま 若さも可能性も失われていく不安に憂鬱な日々を送っている。この夫妻が都会から屋敷に戻ってからというもの、 人々の田舎暮らしのリズムは一変。屋敷には常に重苦しい空気が立ち込めるようになっていた。何よりもワーニャは、 人生の大半を捧げきた相手が、単なる俗物だった事実に虚しさと絶望を感じ、勤勉だった彼の生活は激変してしまう。今度は、事ある毎に、セレブリャコーフに毒づき、母たちにたしなめられるが、その憤りは収まることを知らない・・・。
この屋敷に集まる人物の中に、近隣で、唯一の医師として多忙を極めるアーストロフ(横田栄司)がいた。彼は貧しい 農民への医療に従事する傍ら、森林の環境保護を訴える活動家として、地域への献身を続けてきた。しかし、やはり 田舎暮らしに鬱積した思いを抱き、診療を放り出して屋敷に入り浸り、ワーニャと酒を酌み交わすことも多々。
そんな鬱屈した思いから、エレーナに対し熱い思いを抱いている。そして、これまでの長年の献身に絶望している ワーニャも同じく、エレーナに思いを募らせ言い寄るが、エレーナに相手にされるはずもない。
そして、一方、エレーナに恋心を抱くアーストロフを、ソーニャの熱い眼差しが追いかけるのだが、相手にもされない。 それぞれの恋のベクトルは、決して互いを向き合うことなくすれ違い、それぞれの虚しい恋心だけが募っていく・・・。
古い屋敷に立ち込めるのは、失った過去への後悔と未来への言い知れぬ不安。人々はどこへ向かうのか・・・。
そんな中、元教授セレブリャコーフが皆に告げたある考えに、ついにワーニャは激昂し、そして・・・。
その他注意事項
スタッフ ギター演奏:伏見蛍

作:アントン・チェーホフ
上演台本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
美術:伊藤雅子
照明:関口裕二
衣装デザイン:伊藤佐智子
音響:水越佳一
ヘアメイク:宮内宏明
演出助手:坂本聖子
舞台監督:瀬﨑将孝
プロデューサー:北村明子
企画・製作:シス・カンパニー

[情報提供] 2017/06/26 03:16 by mo

[最終更新] 2017/07/27 17:17 by こりっち管理人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. (008)ショートムービー「行くあてのない僕たち」の中で井上小百合属する劇団はこれを練習している、『三人姉妹』『ワーニャ伯父さん』『桜の園』とともにチェーホフの「四大戯曲」に数えられる作品は何でしょう?

    約3時間前

  2. 新国立劇場「ワーニャ伯父さん」 観劇(二回目)。ワーニャの事を伯父さんと呼ぶのはソーニャだけだから、これはソーニャの物語なんだと解釈して観たら新しい感動が……。ワーニャとソーニャの絆の逃れられない運命に涙。前向きに諦める事によって生まれる希望の美しさ。素晴らしい。

    約4時間前

  3. ではどうぞ、皆さん、ひとつ皆さんのお耳を、注意の釘によく引っかけて頂きましょう。   「ワーニャ伯父さん」チェーホフ

    約5時間前

  4. ワーニャ伯父さん読みたくて本屋さんに行ったら置いてなかった。残念😵 なので、パッと目に入ったこちらを買いました。 何の知識もなく買ったら短編集でした。おもしろくて1話すぐ読み終わっちゃった😳 今映画やってて、去年はドラマもや… https://t.co/ayyDx4CrrA

    約5時間前

  5. 「ワーニャ伯父さん」…このインタビューで語っている「自分にないものへの憧れ」というのは、奇しくも黒木華ちゃんが演じたソーニャがアーストロフへ抱く愛情と似ている気がするなぁ。/黒木華さんの「自分にないものに憧れてしまう」偏愛ヒストリー https://t.co/rNVO8vyWBv

    約5時間前

  6. 「ワーニャ伯父さん」…今日はC列で真ん中よりもやや後ろ。宮沢りえさんはホントに舞台で映える。遠くでも表情の変化が分かる。一方で黒木華ちゃんは演技は巧いけど顔が薄いのが惜しい。顔の表情の変化が後方の席だと分かりにくい。終幕近くに涙で潤んでいる瞳が双眼鏡をつかってようやく見えた。

    約5時間前

  7. いらなくなった方いませんか? 11/2 (木) シス・カンパニー ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ 世田谷パブリックシアター https://t.co/z47QNb3hGU #シスカンパニー #ワーニャ伯父さん #ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ #ロズギル

    約6時間前

  8. 昨夜は新国立劇場小劇場へシス・カンパニー×KERA×チェーホフな「ワーニャ伯父さん」を観に行ってきました。小気味よいテンポの会話と悲劇とも喜劇ともとれない静寂が家を包んでいく。宮沢りえと黒木華が同じ板上に立って何も起こらない訳ないだろ!と思って行ったけど、どの演者も素晴らしかった

    約6時間前

  9. 「ワーニャ伯父さん」… ●(評・舞台)シス・カンパニー「ワーニャ伯父さん」 台詞を音楽のように https://t.co/qCB8ILlCdV ●Interview:KERA 小空間でポップに 「ワーニャ伯父さん」上演台本・演出 https://t.co/gs3vhHUSDq

    約6時間前

  10. 今夜は『ワーニャ伯父さん』を観劇。難しい作品だと思ったんで、戯曲本(日本語翻訳)を購入して、二幕目頭ぐらいまでは読んでた。宮沢りえさん、黒木華さんが茶目っ気があって可愛いく、所々笑いもあって分かりやすかった。もう一度、戯曲本を最初から読んで読破しよ。

    約6時間前

  11. 本日はワーニャ伯父さん観劇。 臨時バスが出るくらいこの週末は混んでるのか〜 イベントあったのかな?友達のお見送りして、さて帰ろう。

    約6時間前

  12. シス・カンパニー公演『ワーニャ伯父さん』、最終4幕前に伏見蛍のギターで情緒たっぷりに奏でられるロシア歌曲『長い道を』(『花の季節』或いは『悲しき天使』)の素晴らしさは思い出すだけで興奮が蘇る。

    約6時間前

  13. 「ワーニャ伯父さん」…ケラさんが造形した登場人物のキャラクターも、全員「深刻すぎない」。悲観的な物語を語っているにもかかわらず、どこか楽観的に見える。松尾スズキさんの「業音」に通ずるところだが「わかっちゃいるけどやめられない」人間の性のようなものが浮かび上がってきて笑ってしまう。

    約7時間前

  14. 新国立劇場小劇場で『ワーニャ伯父さん』を観た。チェーホフ四大戯曲のうち他の3つは複数回上演を観ているけど、『ワーニャ伯父さん』は初めて。

    約7時間前

  15. 「ワーニャ伯父さん」段田さんは、第一声で、流石な存在感。なんとも救いのない話だけど、最後のソーニャの台詞にはとても共感。

    約7時間前

  16. 「ワーニャ伯父さん」…ケラさんの演出は言葉の抑揚や強弱…ちょっとした動きでクスっとした笑い。恐らく、登場人物たちは笑わせようと意図していない瞬間を切り取り、際だたせて笑いをスパイスのようにしていたように思う。過酷な時代に生きてない我々に「笑われている」と言っても良いかもしれない。

    約7時間前

  17. チェーホフはボードビルが大好きで、「桜の園」はそのつもりで書いたそうですが、この「ワーニャ伯父さん」は悲劇 喜劇のどちらのつもりだったのかな。演出のケラさんは笑えるものとして演出してますが。

    約7時間前

  18. 本日は新国立劇場でワーニャ伯父さん。上手い役者さん集結で、チェーホフの世界に入り込む。りえちゃん美しく、華ちゃん可愛らしい。華ちゃんの声、大好き!

    約7時間前

  19. ワーニャ伯父さん観劇。 原作では笑いの場面なんてほとんど意識せずに読んでいたけど、実際舞台では脚色などないのにユーモアたっぷりで意外だった。これが役が活きているということなのかもしれないなぁ。 あと黒木華さんの生声が可憐でそれも衝撃的だった。 ちがうチェーホフの舞台も観てみたい。

    約7時間前

  20. 「ワーニャ伯父さん」…三谷さんの「桜の園」、熊林さんの「かもめ」、そして今回のケラさんの「ワーニャ伯父さん」とチェーホフ作品を現代の演出家が演出する作品を観て来たけど、微妙に「笑い」の質、笑いをどのように物語に入れ込むか?が異なっていたように思う。上手く説明できないけど(苦笑)。

    約8時間前

  21. ワーニャ伯父さん観劇 安心できる役者さん 安心できる演出家 全てが揃った舞台はあっという間 内容は重苦しいがそれだけでは終わらせない、生きていくことを教えてくれた舞台でした。 それにしてもりえさんは美人を通り越していた…

    約8時間前

  22. 「ワーニャ伯父さん」、ケラリーノ・サンドロヴィッチの演出は初めて観たのですが、登場人物全員が俗物で、マヌケで、真っ直ぐで、愛おしく思えたのは、演出家と演者の技量なんだなぁと思いました。観に行って本当に良かった☆

    約8時間前

  23. 「ワーニャ伯父さん」@新国立劇場小劇場、ソワレ観劇。今回、ソーニャ役の黒木華が可愛く感じた。萌え袖は時代的になかったと思うけどw それにしても、何故「ワーニャ伯父さん」というタイトルにしたんだろう…?確かにソーニャ視点で話は展開するけど、もっと適切なものがあったような気がする。

    約8時間前

  24. ワーニャ伯父さん@新国立小劇場。あああ黒木華が可愛いひひひ。

    約8時間前

  25. 「ワーニャ伯父さん」観劇。とっても良かった。 凄い人が一杯でてるから、安心感半端ない感じだった。 ソーニャ可愛かった。 華ちゃんやっぱり好き。

    約8時間前

  26. 「ワーニャ伯父さん」チェーホフの戯曲の一つ。タイトルから想像出来ない位、ほの暗く、一筋の希望が見えてこないのだが、人類不変のテーマ「階級闘争」を打破することは、やはり共産主義という博打に打って出るということしかないのだろうか。福祉… https://t.co/S6je8TM3wT

    約8時間前

  27. 新国立劇場でケラさんの「ワーニャ伯父さん」観賞。軽快で心地よくてチェーホフと構えてだけど笑ってホロリ。りえちゃんは美しく、終わって席を立ったら目の前にとーまが。

    約8時間前

  28. 「ワーニャ伯父さん」終演。だいぶ前に木場勝己さんのワーニャ伯父さんで観た時に比べると、良くも悪くも俗っぽく笑いが多い演出。それだけに大学教授様には本気でムカつく… ど・ど田舎の本家の葬儀に出た時みたいな閉塞感。

    約8時間前

  29. 「ワーニャ伯父さん」、素晴らしかった。 @ 新国立劇場 小劇場 https://t.co/NJQ9PEy4Fu

    約8時間前

  30. @kerasand 22日の「ワーニャ伯父さん」見せていただきました。ケラさんのチェーホフは初めてですが、チェーホフにしても別役実にしても戯曲に対して真摯に取り組んでいるのを強く感じます。クラシックの交響楽を聞いているような感じです。

    約8時間前

  31. 今日は新国立劇場で「ワーニャ伯父さん」を観劇。全体的に重めの雰囲気の中、黒木華さんのソーニャの明るさが良かったな〜。宮沢りえさんも美人さんでした。 https://t.co/kxOj3iu84F

    Dkace8lueaah5oy

    約8時間前

  32. 『ワーニャ伯父さん』@新国立。2幕の終わりかた、難しいと思うのだがなかなかよかった。最後の場面も印象的。 https://t.co/6RLKiH3xJp

    Dkz bi8umaezfdn

    約8時間前

  33. 初台でワーニャ伯父さん観て、新宿でラム肉食おう!と勇んで行ったら祝日でお休み(´༎ຶོρ༎ຶོ`) で、迷ったあげく入った店が大失敗(´༎ຶོρ༎ຶོ`) 口直しに思い出横丁デビューして、満足し、ロマンスカーで帰っておる(╹◡╹)

    約9時間前

  34. 『ワーニャ伯父さん』、いまこのタイミングの宮沢りえちゃんと黒木華ちゃんの掛け合いを生の舞台で観られたのって、この先十数年後くらいにものすっごく自慢できる出来事のような気がする。

    約9時間前

  35. うちの彼女の人が、『ワーニャ伯父さん』のことを「ワーニャおっさん」と呼んでいて、え? 知り合いなの!? ってなった(笑)

    約9時間前

  36. ワーニャ伯父さんは読み始めてるけど、他のも読もうかなって思うくらいには。

    約9時間前

  37. @u_1_gp 先日、「ワーニャ伯父さん」観てまいりました。登場人物達の悲喜こもごもを感じつつ、ラストの台詞と余韻はただただ美しかったです。 先月のシスチャンに背中を押してもらったおかげです。感謝を込めて。 …チェーホフ、読もうかな。

    約9時間前

  38. 譲って下さい 11/16 (木) シス・カンパニー ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ 世田谷パブリックシアター (東京) https://t.co/ElKyLImCwZ #シスカンパニー #ワーニャ伯父さん #ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ #ロズギル

    約9時間前

  39. ワーニャ伯父さん観てきました! 当日券なんとか買えて良かった\(^-^)/

    約11時間前

  40. 今日はここで、ケラの「ワーニャ伯父さん」を観ます。 (@ 新国立劇場 in 渋谷区, 東京都) https://t.co/iy2ODdBMhm

    約11時間前

  41. ワーニャ伯父さんを観に新国立劇場に来た。 初チェーホフ。 予習はバッチリ。 https://t.co/6I0sAgyF5z

    Dkzcwynvyaabhm9

    約11時間前

  42. 最近ワーニャ伯父さんしか観てなかったから、もうなんか久々にコメディ観て熱出そう←

    約11時間前

  43. 『謎の変奏曲』にも『ワーニャ伯父さん』にも紺のトートバッグ持ってる人いたなぁ。さすが10万人。 #ビリーエリオット

    約11時間前

  44. @aimemaok 今日はワーニャ伯父さんなんです…! 先週がデスノでした〜! ありがとうございます😊 そしてビリーは明日も観ます(笑)

    約12時間前

  45. ワーニャ伯父さん、最近の私にとっては の時子の父でおなじみの遠山さんもご出演なのだが、君子さん(羽田さん)とひよっこスタッフからお花が届いてた(^-^) #ひよっこ

    約12時間前

  46. 「ワーニャ伯父さん」観た。陰鬱な雰囲気な中、恋するソーニャがキラキラしているのが救いだった。でもあの環境、ソーニャにはよろしくないよなあ…。 初めて新国立劇場行ったけど、小劇場のサイズ感よかったなあ。 #舞台

    約12時間前

  47. 「ワーニャ伯父さん」観てきました。何回観ても宮沢りえちゃんの腰の高さに驚くよね。胴が短すぎて、内臓全部ある?って思ってしまう。 https://t.co/LFVxYwm5eH

    Dkzqrx0uiaeshl1

    約12時間前

  48. ワーニャ伯父さんだ https://t.co/ydlnUwxpCu #ドクターX

    約12時間前

  49. さて、頭を切り替えて、夜は『ワーニャ伯父さん』を観劇。

    約12時間前

  50. 「なぜ木とか植えてる男はセクシーなのか~シス・カンパニ―『ワーニャ伯父さん』」 https://t.co/CDUPoccY1Z アーストロフがエコロジストなのと色男なのって何か関係があるのじゃないかと思う。

    約12時間前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大