演劇

三鷹市芸術文化センター・星のホール MITAKA “Next” Selection 2016

2014年初演、星のホール招聘を射止めた本作品を改訂し再演!

狂犬百景(2016)

デザイン:hasegawaayumu(MU)

0 お気に入りチラシにする

演劇

三鷹市芸術文化センター・星のホール MITAKA “Next” Selection 2016

狂犬百景(2016)

2014年初演、星のホール招聘を射止めた本作品を改訂し再演!

MU

三鷹市芸術文化センター 星のホール(東京都)

2016/10/01 (土) ~ 2016/10/10 (月) 公演終了

休演日:10月3日(月)

上演時間:

「あたしたちのことはもうどうでもいいけど、ベロの親だったことは忘れないでよ」

■イントロダクション

《ゾンビ映画に愛情とオマージュを捧げつつも一線を画すのは、「人」ではなく「犬」。
MUが三鷹市芸術文化センター・星のホールで贈る、4つの短編連作が織りなす大長編。》

2014...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

Mitaka"Next"Selection 17th
MU『狂犬百景』稽古場からのメッセージ 
<映像出演:ハセガワアユム/古屋敷悠/真嶋一歌/NPO法人>

公演詳細

期間 2016/10/01 (土) ~ 2016/10/10 (月)
劇場 三鷹市芸術文化センター 星のホール
出演 古屋敷悠(MU)、青木友哉、井神沙恵、真嶋一歌(リジッター企画)、沈ゆうこ(アガリスクエンターテイメント)、佐野功、佐々木なふみ、古市みみ、植田祥平、大塚尚吾、青山祥子、山崎カズユキ(ECHOES)、森久憲生(TANGRAM)、菅山望、森口美香、加藤なぎさ、浜野隆之(下井草演劇研究舎)、成川知也、星秀美(レティクル東京座)、NPO法人(ポップンマッシュルームチキン野郎)、長尾友里花(柿喰う客)、黒岩三佳(キリンバズウカ)
脚本 ハセガワアユム
演出 ハセガワアユム
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,300円
【発売日】2016/08/05
[全席自由席・日時指定・入場整理番号付]
一般:前売3000円/当日3300円
財団友の会会員:前売2600円/当日2900円
学生:前売・当日ともに2000円(当日学生証拝見)
高校生以下:前売・当日ともに1000円(当日学生証拝見)

☆早期観劇割引 ★平日マチネ割引
一般:前売2700円/当日3000円  
財団友の会会員:前売2300円/当日2600円
サイト

http://www.mu-web.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月1日(土)【前売完売】19:00☆
10月2日(日)【前売完売】14:00☆《託児サービスあり》
10月3日(月)休演日
10月4日(火)【前売完売】19:30☆
10月5日(水)19:30
10月6日(木)14:00★
10月7日(金)19:30
10月8日(土)14:00/19:00
10月9日(日)【前売完売】14:00
10月10日(月・祝)【前売完売】14:00

※受付開始は開演の60分前、開場は開演の30分前
※ご入場はチケット記載の整理番号順です。

上演時間は、約2時間10分(途中休憩なし)予定です。
説明 「あたしたちのことはもうどうでもいいけど、ベロの親だったことは忘れないでよ」

■イントロダクション

《ゾンビ映画に愛情とオマージュを捧げつつも一線を画すのは、「人」ではなく「犬」。
MUが三鷹市芸術文化センター・星のホールで贈る、4つの短編連作が織りなす大長編。》

2014年に原宿VACANTにて二日間の上演にも関わらず400人以上を動員し、本企画MITAKA “Next” Selectionへ選出されるきっかけとなった、劇団として記念すべき作品を一部改訂し決定版として再演! 

『少年は銃を抱く』(2015年上演)で日本劇作家協会新人戯曲賞にノミネートしたハセガワアユムが脚本・演出を務め、小説家の戸梶圭太氏作曲の音楽が彩り、ままごと『わが星』出演など幅広く活躍するキリンバズウカの黒岩三佳をヒロインに迎え、MU渾身のキャストと共に贈ります。

■あらすじ

——— 東京の街には狂犬が溢れている。コンビニ、製菓会社のオフィス、漫画家の豪邸、動物愛護センター、etc ...。ゾンビの如き狂犬たちに追われても、 「犬より人間のほうが優位」な無意識が産み出す、恐怖と罪と葛藤と笑い、新しい風景。

■解説

MITAKA “Next" Selectionとは … 三鷹市芸術文化センターが毎年気鋭の劇団を招致し、全面的にバックアップを行い、宣伝、運営などを協力し、次世代を担う劇団を押し上げていく企画。 近年、岸田国士戯曲賞受賞作家を多く輩出する。 

MU(ムー) … 2007年設立。主宰ハセガワアユムが尖ったセリフで「ありえない設定のあり得る物語」を紡ぐ。スタイリッシュなイメージと劇場で笑いが起きるギャップが魅力。

企画・問い合わせ 
MU制作 080-3242-3546 
muweb.info@gmail.com /info@mu-web.net
主催 公益財団法人 三鷹市スポーツと文化財団
その他注意事項 "未就学児童入場不可"
スタッフ [STAFF]舞台監督:松澤紀昭 照明:湯山和弘(METAL MOON)音響:岡田 悠 音楽:戸梶圭太 美術:岩本三玲 宣伝美術:ハセガワアユム 舞台写真:石澤知絵子 演出助手:磯田浩一/むつみあき 制作:塩田友克 企画:MU 

[協力(順不同)]所属劇団各位、こねじ、モメラス、(株)ECHOES、(株)大沢事務所、(株)フラッシュアップ、アイリンク(株)、Age Global Networks株式会社、株式会社メッセ

[情報提供] 2016/05/11 00:20 by MU STAFF(a.k.a. 視点)

[最終更新] 2016/11/10 01:00 by コロ助

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー15

iso

iso(0)

演出助手

初演に引き続いて演出助手です!

しもいぐさ

しもいぐさ(0)

役者・俳優

狂いたくないなぁ。

もりきゅー

もりきゅー(285)

三鷹星のホールではじめて芝居をします。よろしくお願い致...

このページのQRコードです。

拡大