演劇

Kera meets CHEKHOV vol.3/4

ワーニャ伯父さん

SIS Company

新国立劇場 小劇場 THE PIT(東京都)

2017/08/27 (日) ~ 2017/09/26 (火) 上演中

休演日:8/30、9/6、9/13、9/20

上演時間:

 ロシアでの初演から1世紀以上の時を経た21世紀の現代でも、世界中のどこかで必ず何かが上演されている、、、それがチェーホフ四大戯曲です。KERAは、本シリーズ第1作目「かもめ」から、「チェーホフが見たら一番納得してもらえるような上演を目指すこと」を明言。その言葉通り、大胆なカットも翻案も施さず...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/08/27 (日) ~ 2017/09/26 (火)
劇場 新国立劇場 小劇場 THE PIT
出演 段田安則、宮沢りえ、黒木華、山崎一、横田栄司、水野あや、遠山俊也、立石凉子、小野武彦
脚本 アントン・チェーホフ
演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
料金(1枚あたり) 5,500円 ~ 8,500円
【発売日】2017/07/09
S席¥ 8,500  A席¥ 7,000 / B席¥ 5,500 全席指定・税込
サイト

http://www.siscompany.com/ojisan/gai.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 8月27日(日) 13:30
8月28日(月) 18:30
8月29日(火) 13:30
8月30日(水) 休演
8月31日(木) 13:30 / 18:30
9月1日(金) 18:30
9月2日(土) 13:30 / 18:30
9月3日(日) 13:30
9月4日(月) 18:30
9月5日(火) 13:30
9月6日(水) 休演
9月7日(木) 13:30 / 18:30
9月8日(金) 18:30
9月9日(土) 13:30 / 18:30
9月10日(日) 13:30
9月11日(月) 18:30
9月12日(火) 13:30
9月13日(水) 休演
9月14日(木) 13:30 / 18:30
9月15日(金) 18:30
9月16日(土) 13:30 / 18:30
9月17日(日) 13:30
9月18日(月) 18:30
9月19日(火) 13:30
9月20日(水) 休演
9月21日(木) 13:30 / 18:30
9月22日(金) 18:30
9月23日(土) 13:30 / 18:30
9月24日(日) 13:30
9月25日(月) 18:30
9月26日(火) 13:30
説明  ロシアでの初演から1世紀以上の時を経た21世紀の現代でも、世界中のどこかで必ず何かが上演されている、、、それがチェーホフ四大戯曲です。KERAは、本シリーズ第1作目「かもめ」から、「チェーホフが見たら一番納得してもらえるような上演を目指すこと」を明言。その言葉通り、大胆なカットも翻案も施さず、まずは戯曲に忠実に、登場人物の心情を丁寧にたどりながら、緻密で繊細な人間の普遍的な心情に寄り添ってきました。しかし、その上演台本にあるのは、まさしくKERAならではの言語感覚が随所に生きた世界・・・。そのスタンスは第3弾「ワーニャ伯父さん」でも継続されています。

 四大戯曲の登場人物たちの多くは、理想と現実との狭間で苦しみ、ままならぬ人生を送らざるをえなくなった、いわばやり切れなさを抱えた人々がほとんどです。でも、ストーリーの流れの中では、これといって大きな悲劇や事件に遭遇するわけでもなく、登場人物の悲喜こもごもの転機は、戯曲の中では声高に描かれていません。それらの出来事は、まるで「幕間」に静かに通り過ぎていったかのように、“事の終わり”の心模様のみが、台詞に淡々と編みこまれていきます。
 今回上演の『ワーニャ伯父さん』は、四大戯曲の中でも一番、突破口のない閉塞感を抱え、「諦めの境地」に囚われた救いのない人たちが集まっているように思えます。そのヒリヒリとした痛々しさは、あるときは滑稽でもあり、またあるときは、哀れな切なさも感じさせます。それがまた、チェーホフ戯曲の魅力とも言えますが、チェーホフの冷徹な視点を一番感じさせる作品とKERAの組み合わせ、そして、劇場も新国立劇場小劇場へと空間も変わり、また新たな出会いの予感を感じさせるシリーズ第3弾です!

【あらすじ】
大学教授を引退したセレブリャコーフ(山崎一)は、都会暮らしに別れを告げ、若い後妻エレーナ(宮沢りえ)と共に、 先妻の親から受け継いだ田舎屋敷に戻ってきた。先妻の兄であるワーニャ(段田安則)は、学者であるセレブリャコーフ を長年崇拝し、彼の支えとなるために、25年にも渡って領地を切り盛りしながら、教授と先妻との娘ソーニャ(黒木華)、 母ヴォイニーツカヤ夫人(立石涼子)、隣人であった没落貴族テレーギン(小野武彦)と共につましく暮らしてきた。
長年、尊敬するセレブリャコーフに尽くすことに疑いを抱いたことのなかったワーニャだったが、毎日共に暮らすようになった目の前の人物は、いつも体調も機嫌も悪く、尊大で身勝手な態度で人を困らせるただの年寄り・・・。
また、その妻エレーナも、夫への不満と年の近い義理の娘との折り合いの悪さも手伝い、田舎暮らしの中、このまま 若さも可能性も失われていく不安に憂鬱な日々を送っている。この夫妻が都会から屋敷に戻ってからというもの、 人々の田舎暮らしのリズムは一変。屋敷には常に重苦しい空気が立ち込めるようになっていた。何よりもワーニャは、 人生の大半を捧げきた相手が、単なる俗物だった事実に虚しさと絶望を感じ、勤勉だった彼の生活は激変してしまう。今度は、事ある毎に、セレブリャコーフに毒づき、母たちにたしなめられるが、その憤りは収まることを知らない・・・。
この屋敷に集まる人物の中に、近隣で、唯一の医師として多忙を極めるアーストロフ(横田栄司)がいた。彼は貧しい 農民への医療に従事する傍ら、森林の環境保護を訴える活動家として、地域への献身を続けてきた。しかし、やはり 田舎暮らしに鬱積した思いを抱き、診療を放り出して屋敷に入り浸り、ワーニャと酒を酌み交わすことも多々。
そんな鬱屈した思いから、エレーナに対し熱い思いを抱いている。そして、これまでの長年の献身に絶望している ワーニャも同じく、エレーナに思いを募らせ言い寄るが、エレーナに相手にされるはずもない。
そして、一方、エレーナに恋心を抱くアーストロフを、ソーニャの熱い眼差しが追いかけるのだが、相手にもされない。 それぞれの恋のベクトルは、決して互いを向き合うことなくすれ違い、それぞれの虚しい恋心だけが募っていく・・・。
古い屋敷に立ち込めるのは、失った過去への後悔と未来への言い知れぬ不安。人々はどこへ向かうのか・・・。
そんな中、元教授セレブリャコーフが皆に告げたある考えに、ついにワーニャは激昂し、そして・・・。
その他注意事項
スタッフ ギター演奏:伏見蛍

作:アントン・チェーホフ
上演台本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
美術:伊藤雅子
照明:関口裕二
衣装デザイン:伊藤佐智子
音響:水越佳一
ヘアメイク:宮内宏明
演出助手:坂本聖子
舞台監督:瀬﨑将孝
プロデューサー:北村明子
企画・製作:シス・カンパニー

[情報提供] 2017/06/26 03:16 by mo

[最終更新] 2017/07/27 17:17 by こりっち管理人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 【求】チケット 11/18 (土) シス・カンパニー ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ 世田谷パブリックシアター (東京) https://t.co/jO6ROrpZzB #シスカンパニー #ワーニャ伯父さん #ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ #ロズギル

    約1時間前

  2. 【「ワーニャ伯父さん」】本日9/26公演のホール座席表をチェック 新国立劇場(小劇場/468人)https://t.co/DYvjtv5PBG https://t.co/IPMzpf7avg

    Dkmbwjwvoaa7djw

    約1時間前

  3. ケラ版『ワーニャ伯父さん』時間切れにつき、続きは明日に。

    約3時間前

  4. ケラ版『ワーニャ伯父さん』以下とりあえずのメモ。アーストロフの別れの台詞 "Finita!"は少し前の"Finita la comedia!"(喜劇はお終い!)をもう一度言ったもの。まさにこの地点において「喜劇」が「終わった」のだ。

    約3時間前

  5. ケラ版『ワーニャ伯父さん』米谷さん@ikometaniがブログで書かれた「アーストロフの孤独は、ワーニャより深い」という言葉は、なるほどその通りだと思った。エレーナを失った横田=アーストロフのあの姿に、まさにその孤独感、絶望感が表現されていたのではないだろうか。

    約4時間前

  6. ケラ版『ワーニャ伯父さん』昨日は「我に戻った瞬間」とツイートしたけれど、改めて一日考えてみて、あの無表情さは、救いを見失った絶望の瞬間なのかもしれないと思った。

    約4時間前

  7. ケラ版『ワーニャ伯父さん』チェーホフの原作を普通に読むと「Finita!(終わりですね!)」はエレーナへの別れの言葉である。それを、まるで自分自身に向かって、冷めた感じで「これでおしまい」と言わせているところは、結構オリジナリティある演出なのではないかと思う。

    約4時間前

  8. あいぽん8買ったぜ!設定やらなにやらいじってたら、こんな時間だぜ!明日は「ワーニャ伯父さん」千秋楽でお江戸だっていうのに、もうこんな時間!しかもサシ呑み断られ泣きそう!ほんと、そろそろ寝ないとだな…

    約4時間前

  9. ケラ版『ワーニャ伯父さん』アーストロフのジレンマがどれだけ舞台上で表現されていたのかは、人によって受け取り方はあると思う。でも、最後エレーナと抱擁を交わした後の「これでおしまい」の演出は注目に値すると思う。

    約4時間前

  10. ケラ版『ワーニャ伯父さん』遅れたロシアのさらに片田舎で自分の知性を活かせないばかりか、自身俗悪になってしまったことに対する苛立ちとやりきれなさを女性との逢瀬に紛らわそうとする気持ちは理解できる。エレーナのような存在は二度と現われないだろうから、そりゃ未練たらたらになるよなあ、とも

    約4時間前

  11. ケラ版『ワーニャ伯父さん』今回の横田栄司さんのアーストロフ、ぼくには違和感がなかった。「200年後」を思い描くアーストロフが「俗物的な生活」に毒され「俗悪な人間」に成り下がってしまうのが『ワーニャ伯父さん』の悲劇であり、第1幕のはじめの地点ですでに、その状態にあるのだから。

    約4時間前

  12. ケラ版『ワーニャ伯父さん』昨日の続きをツイートします。

    約4時間前

  13. 『《舞台》ワーニャ伯父さん@新国立劇場 小劇場』スキマに一寸、落語 や モロモロ|https://t.co/M1UepeiKqW #舞台 #演劇 #ケラ #チエーホフ #黒木華 #宮沢りえ #段田安則 #山崎一

    約4時間前

  14. 9月後半 シス・カンパニー『ワーニャ伯父さん』 ロロ『BGM』 ブルドッキングヘッドロック『田園にくちづけ』 劇団☆新感線『髑髏城の七人』 NTlive『誰もいない国』 『東京コントメン』 『オーランドー』 贅沢貧乏『フィクション・シティー』 『エフェメラル・エレメンツ』 秋

    約4時間前

  15. と言うことで、ワーニャ伯父さんを観劇。いやー、上質なチェーホフでしたね。久しぶりに横田さんともお話ができてよかった。 明日が千穐楽だそうで。お時間合う方は是非。

    約5時間前

  16. ではどうぞ、皆さん、ひとつ皆さんのお耳を、注意の釘によく引っかけて頂きましょう。   「ワーニャ伯父さん」チェーホフ

    約5時間前

  17. ワーニャ伯父さん、生ギター演奏はマホロバのレコーディングの方でした。 https://t.co/mr7lHq9Pub #ワーニャ伯父さん #ももクロ #伏見蛍

    Dkk u8hvaaa7woo

    約6時間前

  18. ワーニャ伯父さん観劇。ケラさんのチェーホフ。キャストは段田安則さん、宮沢りえさん、黒木華さん、山崎一さん他。絶望と笑いが交錯するが、絶妙な匙加減。内面をえぐられる感触。 https://t.co/5rJIyjDffi #ワーニャ伯父さん

    Dkk xviu8aaruvf

    約6時間前

  19. 「ワーニャ伯父さん」in 新国立小劇場 生き方について考えるのをやめてはいけないと思った。 ちゃんと考えないとその先にいる自分のためにも、自分の周りにいてくれるかもしれないひとのためにも。

    約6時間前

  20. 明日、ワーニャ伯父さん千秋楽 カーテンコールにケラさんも登場、全員スタオベ拍手喝采👏 …夢みてます(^-^)

    約6時間前

  21. (いまの学生さんたちにとっては『ワーニャ伯父さん』は『たけくらべ』と同じくらいの時間的距離感のある作品なのね。そりゃ現代語訳がいるように現代演出がいるわけだし歳を重ねてはじめてわかることも多かろう。若者だった頃に江戸後期の歌舞伎の面白さが勉強しないとわからなかったみたいなものか)

    約6時間前

  22. アメブロを更新しました。 『シス・カンパニー公演「ワーニャ伯父さん」@新国立劇場小劇場』 https://t.co/oaFwiDnzFK #シス・カンパニー #ワーニャ伯父さん

    約6時間前

  23. 「ワーニャ伯父さん」を新国立劇場小劇場で観た。もしチェーホフが宮沢りえと黒木華のガールズトークを目の当たりにしたら、こんなおもしろい喜劇を自分が書いたのかと、きっと微笑むにちがいない。

    約6時間前

  24. 『ワーニャ伯父さん』はいまから120年ほど前の戯曲なので、いまの学生さんにとっては生まれる100年前くらいの作品ですよね。私の世代にとってはロシア文学ではドスドスドスト先生の『悪霊』、日本文学だと仮名垣魯文『安愚楽鍋』の距離感ですね…確かに演劇だと現代演出って大事…

    約7時間前

  25. 4大戯曲中、3作目。4作目の桜の園に期待しかありません。ケラ風チェーホフの虜。劇団作品も楽しみにしつつ、桜の園も待ち遠しく思っております。私事で、いろいろある最近なので、今回の作品は本当に沁みました。ワーニャ伯父さん、大好き。また、どこかで。 #ワーニャ伯父さん

    約7時間前

  26. シス・カンパニー&ケラリーノ・サンドロヴィッチのワーニャ伯父さん。軽妙感ある大人の芝居で飽きずに見られましたが、ただやっぱりもっと最後の別れの場面などに思潮の変化にもまれるインテリやいなかの地主の悲劇がにじむとさらに味わいが増したのではとも思いました。みなさんおできになるはず…

    約7時間前

  27. 今日は『ワーニャ伯父さん』へ。

    約7時間前

  28. それにしても、ワーニャ伯父さんのワーニャの役はとても難しい。47歳で人生終わったような気持ちになっていて、周囲の人達に不満だらけで、切ない程恋をしていて、ピストルで撃ち殺そうとする程激情的で、

    約7時間前

  29. ワーニャ伯父さん見てきた。 ソーニャはなぜあんなにも心が強いんだろう……心つら………エレーナがファムファタルに対してソーニャは聖女なんだよなあ………

    約8時間前

  30. 【求】ゆずってください! 11/23 (木) シス・カンパニー ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ 世田谷パブリックシアター https://t.co/91ncZ6gdi6 #シスカンパニー #ワーニャ伯父さん #ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ #ロズギル

    約8時間前

  31. 「ワーニャ伯父さん」を今上演する意味ってなんだろうと考え込んだり。 自分たちを搾取する老害ども死にやがれ、と思った時に救いになるのは宗教ですという事か、逆に、宗教に頼る事でしか精神のバランスをとれないような若者を作らないためには老害にならないよう頑張りましょうという事か。

    約8時間前

  32. 新国立劇場小劇場でシス・カンパニー公演 KERA meets CHEKHOV Vol.3/4「ワーニャ伯父さん」観賞。 喧騒と静寂の対比が綺麗。 吉岡先生こと黒木華さんの喜怒哀楽が輝きを放つ。 #幕が上がる

    約8時間前

  33. 「ワーニャ伯父さん」 宮沢りえ、横田栄司、黒木華のラブコメパートは楽しかったな。 チェーホフに文句言っても仕方ないんだけど、教授を1幕でさっさと始末して、後半ラブコメだけにしてくれれば良かったのに、とか思った(笑) 黒木さん、コメディーもシリアスも見ごたえありでした。

    約8時間前

  34. シス・カンパニー&ケラリーノ・サンドロヴィッチのワーニャ伯父さん。帝政末期ロシアのいやらしいインテリのいやらしさをもっとねっとり描いてほしかったなあとも思うけれど、いまの日本だとあのくらい軽くないと伝わらないのかもですね。 チェーホフが正教的泣きのツボをしっかりついてくるとは…

    約8時間前

  35. 『ワーニャ伯父さん』語られない想いや取り巻く空気の質感を役者のアンサンブルで見事に表現した素晴らしい芝居。観客が行間を読んで各自の解釈が出来る様に想いを馳せる余白を残した演出とそれを可能にした役者の技量は流石で特に段田安則と横田栄司が秀逸。清謐で儀式の様なラストの黒木華は圧巻。

    約8時間前

  36. 「ワーニャ伯父さん」ソワレ 秋のソワレ良いですね。 特に作品に合っていて外の空気さえ情感にあふれている様に感じる。 8月のマチネより更にやるせなさが胸に沁みる。よりソーニャの温かさが心に沁みる。 平日のマチネ好きなんだけどソワレに… https://t.co/JbeDwzk3Bl

    約8時間前

  37. 「ワーニャ伯父さん」 タイトルロールを段田さんが。彼もとにかく何考えてるんだお前は、自業自得なんだからこれからどうするか考えろ、っていうかそれでその結論かよ! とイライラしちゃう男で。 ああいう世界だと、宗教が人の救いになったりするのね、と妙に納得したりもして。

    約8時間前

  38. 新国立劇場でチェーホフのワーニャ伯父さんを観てきました。エレーナの宮沢りえさんも良かったけど、黒木華さんのソーニャがとても可愛いかった。

    約8時間前

  39. シス・カンパニー「ワーニャ伯父さん」@新国立劇場。頭悪い感想ですが、この戯曲こんなおもしろくなるのか!って演出の凄さにひたすらニヤニヤ。ラスト黒木華さんの台詞、感動が全身に染み渡りました。 https://t.co/kBSximhEfk

    Dkkdewguqae0gyh

    約8時間前

  40. 「ワーニャ伯父さん」 山崎一さんが、世界中から、あなたがお亡くなりになれば皆様お幸せになれますのよ、と思われるウザ男を存分にウザく。最後の最後まで何一ついい所のない役で、人間こうなっちゃダメだよなという、素晴らしい反面教師でした。 これから老いる一方なんだから、気をつけよう。

    約8時間前

  41. 本日は約1ヶ月ぶりに「ワーニャ伯父さん」へ。前回よりはしゃぐ場面と陰鬱とした場面の高低差が出てて、虚しさとかやるせなさがより伝わってきて良かったです。最後のワーニャの「辛いんだ…」はひたひたと暗くて、そこにソーニャの澄んだ声がトド… https://t.co/mG5GFat3dh

    約8時間前

  42. 9/25 18:30 ワーニャ伯父さん

    約8時間前

  43. 「ワーニャ伯父さん」 ネタバレ。 終盤のあそこで、そうだ、いけー、やれー、成功すれば、お前ら2人以外は全員幸せになるんだー、と思ったよね。 父親が死んだあと、ヒロインの娘に世界がどう映るのかには興味ある。領地と豪邸の女主人として自由に生きられるようになると、どうするんだろう。

    約8時間前

  44. 「ワーニャ伯父さん」@新国立劇場小劇場。 ラブコメパートは楽しかったけど、イライラする話だった〜 時代背景のせいだろうが、根本的な所が全く理解できなかったのだが、どうして仕送りするの? あんな男、地下室にでも居候させておくだけで感… https://t.co/7Ivs8SzTGF

    約9時間前

  45. ワーニャ伯父さん:最悪の精神状態であったにも関わらずしっかり楽しめた。チェーホフってのは三人姉妹といい、この作品といい、最後はどうしてこう働くことで全てを丸く収めるかなぁ?W たぶん何回かワーニャは観てるはずなんだけど、今回が一番入り込めた。

    約9時間前

  46. ワーニャ伯父さん、終演。 たくさんの笑いと、そしてこれからも変わらず続いていく田舎の生活。 とても体感時間が短かったなあ。

    約9時間前

  47. ノモガクジ 公式ブログを更新しました。 『ワーニャ伯父さんの段田さん』 https://t.co/Nm6Y5PGxvC

    約10時間前

  48. 「ワーニャ伯父さん」は、段田安則さんや宮沢りえさんはもちろんさすがでしたが、今回個人的には舞台で観るのは初めてだった黒木華さんが素晴らしかった。聞き惚れるようなきれいな声で、情感も豊か。宮沢りえさんのような大女優とも十分に渡り合えていたし、ラストの場面の長台詞もすごく良かった。

    約10時間前

  49. 舞台は「ワーニャ伯父さん」、「羅生門」の二本。展示は、都美の杉戸洋展、東近美の「日本の家」展、メディア芸術祭、横浜トリエンナーレ、「サンシャワー」展(新美のほうのみ)。見たかったのに見逃してあとで後悔するのというのが嫌で欲ばりすぎてしまった。

    約10時間前

  50. 「ワーニャ伯父さん」ソ連版の映画でしか見たことがないけど、それに比べるとケラさんの演出は軽やか。登場人物それぞれの苦しみも描かれていて、共感しつつ、でも他の人のことに気が付かないというすれ違いがおかしくも切ない。ギターの音色も時に… https://t.co/ZW21y5AI2G

    約11時間前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大