ゴジラ 公演情報 ゴジラ」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.5
1-11件 / 11件中
  • 満足度★★★★★

    面白い
    賞を取っただけあって魅力的な脚本。
    ありえない話なのに本当の愛や絆について考えさせられるから不思議。
    劇団初見だがエンターテイメント性が出ていて、アドリブも面白くて楽しめた。

  • 満足度★★★★★

    ご観劇ありがとうございました
    主宰の佐藤雀です。
    無事に初日から千秋楽まで9公演駆け抜けることができました。
    お客様がいて初めて「演劇」として成立するこの世界、
    役者たちは存分に「演劇」を楽しむことができたと思います。
    これもひとえにお客様のリアクションあってのことだと思っています。
    ありがとうございました。

    ネタバレBOX

    今回まず悩んだのが、ゴジラと人間たちとの目線です。
    当然、はじめは人間たちは小さいし、ゴジラは大きいという目線から
    はじめなければならないだろうと思っていましたが、
    徹頭徹尾それでは演劇として意味がない。
    そこで考えたのが「気持ち」というか「心の距離感」という目線です。
    大きいゴジラも慣れれば、目線を気にしなくなるのではないか。
    身長の高い友達と話すときにいちいち目線の高さを気にしないのと同じ。
    そこでやよいは登場からゴジラと対等の目線にしました。
    出会いの回想で、やよいが最初高かった目線を戻したとき、
    ゴジラとの距離感が縮まったんだという表現をしたのもその理由です。

    二つ目の悩みどころはゴジラの叫びをSEにするか生声にするか、です。
    結果ほとんどの箇所はSEにしたんですが、一箇所だけ、ゴジラが
    嬉しくて思わず火を吹くところだけは生声にしました。

    モスラ登場での玉子の使い方は「雀組」のオリジナルです。
    また、モスラが割烹着のおっさんなのも。
    結果、わかりにくかったと思いますが、あのタマゴがウェディングケーキに。
    はじめ電話台に使っていた台は、モスラの家ではオーブンだったんです。
    わかんないと思いますが。。。

    やよいのキャラに関してはいろいろお叱りも覚悟であの形にしました。
    大橋さんの台本にあるたった一行の短いト書きがヒントなのです。
    台本のまま読むと、やよいは天使なのかなと考えていたのですが、
    いや、天使になりたいと思っている、ある種人間臭さ丸出しの女の子では、
    と考えていくうちに、モスラの家では好き放題なやよいを作りました。
    花よ蝶よと育てられたやよいは、そのことに反発していたのではないかと。
    正解が何なのかは分かりませんが、
    雀組のやよいはあの形でよかったのではないかと思っています。

    最後にこの「ゴジラ」とはなんなのか?
    これは本当に皆さんに委ねるべきだと思います。
    ゴジラは原発?原爆?地球?天変地異?恨み?愛?悲しみ?
    いろんな考え方があると思います。
    ただゴジラ自身はゴジラ自身に生まれたくて生まれたわけではない。
    そんなゴジラの話をきちんと聞く耳が大切なのだと思います。
    そして僕たちはゴジラの存在を知ることが大事なのだと思います。

    世の中上手くいかないことばかりです。
    自分の不幸を嘆く前に、他の人の痛みに耳を傾けること。
    そういうことがテーマだったようにも思います。
  • 満足度★★★★★

    見上げる想像力、スケール感
    混み合う会場の中で前列の比較的よいポジションで見ることが出来ました。実際に入ることは叶わないゴジラをよく表していたと思います。パワーある役者さんも多く良い作品でした。以下

    ネタバレBOX

    音響と組み合わせよく動くことで、見上げるゴジラを見れた気がしました。若干の音のズレ、全員の揺れるリアクションの差もあれど、観客のイメージに刺激をかけるのは面白かったです。父ちゃん、おばあちゃん、警官さんにレポーターさん。面白く力強い演技をする方が多くて、中盤は凄かったです。大抵中盤はダレたりテンション維持がせいぜいって舞台が多いですが、むしろ中盤が1番上がっていたようにも思えます。即興的なノリもあって好みも出そうだけど、僕はそれを補う熱さがあり感じました。殴られるアクションなども鬼気迫るものがあった。
    ゴジラが子持ちを黙ってるのは再婚のあるあるネタでもありそうで妙な納得をしました。瞬きが多い方が目ヂカラ落ちてもったいない、人間サイズになる怪獣たちのタイミングかイマイチ掴めないなど気になるのも割とありましたが、中盤からの設定はともかく勢いなどは実に好きでした。ラストもしんみり良くまとまっていたと思います。そもそもゴジラには放射線あるんじゃとか雌でないのとか疑問もありますが、疑問は何処かに飛んでいた。次回作も気になります。
  • 観劇
    以前、どこかの劇団でも拝見した『ゴジラ』なのですが、今回は作品よりも阪本氏の芝居を観たいということで行ってきました。面白かったです。

    流石、元コーヒー牛乳の二人といった感じでした。

    ネタバレBOX

    戯曲の根本にある、人間と人間以外の恋愛に対して、対極の位置にあるハヤト?ハヤタ?名前を忘れてしまったけど、もし、その人物が作品の中に存在しなければ、この作品はどんな風になるんだろうと考えてしまいました。

    然し、ゴジラに恋する女を取られるのは、同じ男として、切なくなってしまいました。。。

    ちょっと遊び過ぎ感も否めませんが、でも面白かったです。次回も期待しています!
  • 満足度★★★

    天使
    いまいちノれなかった。
    チラシのイラストが素敵なだけに残念。

    ネタバレBOX

    天使になりたかった、純真無垢っぽいやよい(棚橋幸代)が、彼氏のゴジラ(持永雄恵)を連れてきて、家族に結婚したいという…。

    序盤の家族のドタバタから、ゴジラ紹介あたりの導入部。どこかまどろっこしいような、クドいような気がして入り込めなかった。ゴジラの婿って面白い設定なんだけども。

    結局、やよいの愛をゴジラが受け止められずゴジラは去る。んでやよいらが、噴火の危機にある島から脱出するシーンで、ゴジラに似た男に逢う…ってラスト。なかなかいい展開と思った。

    やよいが、もうちょい天使に見えると良かった(もしくは人間の暗い部分を主張するか)。ちょっと変わった女性ってだけで、ゴジラの彼女という突飛なポジションを担うような感じに見えなかった。演技が悪いわけでなく。捉え方がよくわからんかった。
  • 満足度★★★★★

    興奮おさまらず…
    劇場は満席状態、始まるまえからとてもワクワク。

    ネタバレBOX

    彼氏がゴジラ。
    家族にも反対されることは予想できていました。実際に出て来たのはワイシャツ、短パン、サスペンダーに赤いリボン。てっきりゴジラの格好をしているのかと思いきや…予想外。
    主役のやよいさん役は、大切に育てられたお嬢様という設定でしたが、それが伝わってきました。ゴジラがやってきて騒がしくなってきたシーンでは、セリフが聞こえづらい部分もありました。
    ゴジラが弟モスラの家に結婚の報告に来るシーンが、私の中では一番面白かったです。そのやり取りを聞いてると、そういえばモスラとゴジラだったんだ…と思い出さないと頭が(?)になりました。(それくらい会話が人間のように普通すぎる)どこが首だ!とか。
    あのやり取りのスピードがかなり好きです。全部が台本なのかそれともアドリブも混じっているのか…どちらともすごいですが、特に台本なのであればとてもすごいと思いました。話の内容が面白くて、大笑いしていました。
    火山が噴火して船に避難するシーンのところは、ゴジラの人と繋がっていて良かったです。
  • 満足度★★★★★

    ハチャメチャで
    活気があって、楽しく、そして可愛いやよいでした。

    ネタバレBOX

    棚橋幸代さんにはオードリー・ヘップバーンみたいな可愛さがありました。

    ゴジラはゴジラとして登場しましたが、大島の噴火のことかもしれないと思わせる面白さもありました。

    良かったです。
  • 満足度★★★★

    メタファーとしての「ゴジラ」
    戯曲は、劇団離風霊船の名作にして、第32回岸田戯曲賞作品(1988年)。

    いまや古典、といったら言い過ぎだが、演劇作品としての「スタンダードナンバー」ともいえる位置にある作品。それを雀組ホエールズが、舞台化した。

    私は、この作品は初見だったので、非常に興味深く、楽しく観ることができた。


    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX

    ゴジラは、普通のいでたちの男優(持永雄恵・熱演)が演じる。
    つまり、観客は、演劇的想像力を駆使して、芝居を観ることになる。

    小劇場演劇では、この手法はごく普通に使われているが、この作品が出た最初の時は、「まさかゴジラをこの手法でやるとは」という驚きで受け止められたのかもしれない。


    それにしても、「ゴジラ」は、一つのメタファーとしてとらえられるわけだが、現代であれば、ゴジラは「原子力発電所」であろうか。

    愛し合おうとして、結局愛しきれなかった「原発」と我々。



    もっといえば、「ゴジラ」は「地球そのもの」かもしれない。

    地響きを立て還ろうとするも、結局、人間に撃たれ死滅していく「ゴジラ」……それは「地震や環境変化により死滅していく地球」そのものではないのか。


    観劇後、そんなことを考えながら帰路についた。


    いろいろ考えさせてくれる広がりがあるところが、この戯曲の魅力である。



    ※追記
    ネットでいろいろ検索してみると、1954年に映画「ゴジラ」第一作が公開された時、ゴジラは、当時行われていた原水爆実験や、遡って太平洋戦争のころ、南方の島々で死んでいった日本兵達を暗喩しているのだ、という見方があったようだ。

    時代は変われど、我々は放射能の恐怖に脅かされ、ゴジラは甦る、ということなのか。

  • 満足度★★★★

    前半一気に盛り上がった。
    少女の家族とゴジラの親族の反応が可笑しい。

    ネタバレBOX

    後半トーンが変わり、しみじみした話になるので、前半に上がったテンションの置き場所に、ちと困った。
  • 満足度★★★★

    やっぱりゴジラじゃだめなのか?
    離れて見るとますます素敵なフライヤーも魅力的な「ゴジラ」。
    あり得ない話にどんどん客の心を惹き込むのは、主演の迷いのなさ。
    世間知らずでピュアなお嬢さんの一途な思いがゴジラに火を吹かせる。
    それにしても、恋をするなら「ヒト」でなくてはダメなのか?

    ネタバレBOX

    畳敷きの部屋に丸いちゃぶ台。
    この家の三姉妹のうち、長女のやよいがカレシを連れて来たからさあ大変。
    何と言ってもカレシはゴジラだし、身長50メートルで火なんか吹くし。
    反対する家族を説得しようと奮闘するやよい。
    ついにゴジラはウルトラマンに変身したやよいの許嫁ハヤタ(阪本浩之)との対決に及ぶ。
    そして思いがけない決断をするのだった・・・。

    劇団離風霊船 大橋泰彦さんの荒唐無稽な作品には
    「愛ってなに?」という普遍的な問いと同時に
    「それでもあなたは愛せるか」という障害を前にした者に対する問いかけがある。
    この場合障害が「あまりにも大きい」ので、のっけからコメディになるのだが
    冒頭から“夢見る夢子”の如きのやよい(棚橋幸代)の台詞にブレや迷いが一切無いので
    一直線の純愛のスタートと同時に客も一緒に走り出す感じ。
    当日パンフにある通り、ゴジラの大きさは観客の想像力に委ねられている。
    そこにゴジラ(持永雄恵)のなりきりぶりと効果音のタイミングがあいまって
    千本桜のゴジラは一気に50メートルの怪獣と化した。

    円谷英二の登場や配給会社絡みのネタも楽しいが
    円谷英二のゴジラに向ける親心にはほろりとさせられる。
    ザ・ピーナツの「♪モスラ~」の歌とダンスも懐かしくとても良かった。
    当日パンフの「みんなの怪獣大ずかん」も
    教室でジャミラとかピグモンの物真似をした世代としては大変嬉しい。

    ひとり山へ戻る決心をしたゴジラの悲痛な気持ちが伝わってきただけに
    見送るやよいにもっと混乱と絶望感があったら、さらに泣かせただろうという気がする。
    それがラスト、島から避難する途中やよいがひとりの青年(持永雄恵)と出会った時
    再び心に火が灯る場面につながって幸せな気持ちが倍増するから。
    ちょっと気になったのは畳の部屋に靴をはいて登場するシーンがけっこうあったこと。
    演出上仕方がないのかな?と思った。

    やっぱり「ゴジラ」じゃダメなのか?
    人は人しか愛せないのか?
    確かに「ゴジラは痛みを感じない」「ヒトは痛みを感じる」
    けれど人間だって他人の痛みは所詮想像力でしか感じられない。
    去って行く50メートルの背中に私は呼びかけたくなった。

    「ゴジラよ、そこらへんの小さい男なんかより
    あなたの方がずっと人を幸せにする」
  • 満足度★★★★★

    臨場感が凄い♫
    SEがとても効果的でしたね(*^_^*)目黒区にしっかりゴジラが現れました。

    ザ・ピーナッツ「モスラの歌」がツボ(๑≧౪≦)

このページのQRコードです。

拡大