幻戯【改訂版】 公演情報 幻戯【改訂版】」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.4
1-20件 / 24件中
  • 満足度★★★★

    空気感はさすが
    今回も、物語が持つ重苦しく、またそれぞれのキャラがズシッと感じさせる空気感はさすがでした。
    サブキャラにもう少し何かが欲しい気はしたが、今回もよかった。

  • 満足度★★★

    初「鵺的」観劇
    前から独特なタイトルが気になっていたのですが、
    今回は今里さんがご出演されるので観に行く事にしました。

    悪くはないけれど、全体的に中途半端な感じ。
    遊郭の設えは時代掛かっているのに衣装はやけに現代風だったり、
    着物の所作がぎこちなかったり、
    そんなところが目に付いてしまいました。

    ネタバレBOX

    二重人格で、ふたりの女優さんを使う着想は面白いと思いましたが、
    結末が分かり辛かったです。
  • 名は体を表す
    劇団名、作品名から醸し出される世界が舞台上にしっかりありました。堪能。

  • みてきた
    「カップルズ」を観た時にウスウス気づいていたのですが、どうも私の好みではないようです。感覚的なものですが。

  • 満足度★★★★

    幻戯。
    まさしく「まぼろし」の「たわむれ」ですね。想像の余地のある終わり方が面白かったです。気持ちよさとか爽快感なんてまったくないのですが(苦笑)、なぜか悪い気はしないんですよね。

    ネタバレBOX

    アフタートークのとき、舞台端の木の下に花束が手向けられたままになってて気持ち悪かったです(笑)。見えてはいけないはずのものが見えてしまいそうで…。
  • 満足度★★★★

    たまらない
    開演前から、すでに芝居に取り込まれている。セットといい照明といい、これがまたたまらなく、独特な心地よさを感じた。

    観始めるとすぐに、永井荷風の濹東綺譚がふと頭によみがえった。

    本作は説明にあるとおり、ゆがんでおぞまましいが美しい姿になっていく。
    また、暗転時のモノローグも、効果を挙げていたように思う。
    やはり鵺的は鵺的であり、今後も鵺的出会って欲しいと感じさせられた。
    満点でないのは下手の端っこで、後ろから2列のため、よく見えない場面が多々あったので。
    時間がなっかたので、最穂のアフタートークを聞けなかったのが残念であった。

  • 満足度★★★★★

    濃密な吸引力は鳥肌もの
     やっぱり鵺的は凄い。

     「心」と「身体」の二面性、男と女の「性(さが)」に迫る高木登氏の脚本・演出の冴え、見事な舞台セット、出演陣の迫真の演技、効果あふれる音響(ME)……これらの素晴らしい協同によって生み出された濃密な吸引力は鳥肌もので、濃厚な90分を堪能させてもらった。

     旗揚げ公演の「闇黒地帯」から「不滅」「昆虫系」「カップルズ」そして本作「幻戯」と、観劇した5作に全て迷わず★5個を付けた鵺的、次はどんな作品で、また私を魅了してくれるのだろうか。

     あとはネタバレにて。

    ネタバレBOX

     小説家の黒崎(平山寛人)によって売春宿に連れてこられた新進の小説家・板倉(今里真)は、三十路も後半なのに今なお童貞で、性行為をすることで自分が大事にしていたものを失う怖さから性交を拒んできたのだった。そして、黒崎の贔屓でこの宿一番の玖美子(秋澤弥里)が相手をすることになるが、彼女を前にしても「その気になれない」と行為を拒絶し、この道11年、自分の立場を割り切って売春婦を続けてきた玖美子から「恥をかかせるのか」などとののしられても応じず、帰ってしまう。

     だが、その時に居合わせた口のきけない売春婦・布見繪(奥野亮子)と付き合いだす。彼女も同じこの道11年だが、こんなことをしていていいのかと常に悩み続ける毎日で、心と身体を別物と割り切れる玖美子のことにも思いを巡らし、日記に記していた。

     その後、再び売春宿に足を運んだ板倉は、布見繪を自宅に囲んで異性への感情を寄せながらも、布見繪の身体は抱くことはない生活を実行し、心と身体を別々に考えれば性行為は問題ないと達観していたのだ。そして、玖美子を純粋に肉体的な性欲の対象として交わり、玖美子を精神的に追い詰めていく。この課程で、玖美子が着ていた衣装を身にまとったのが、布見繪に入れ替わってドキッとさせられる。これまで割り切ってきた玖美子に布見繪の感情が宿ったとも言えるような、女の「性」と、板倉の男の性の変貌ぶりを現実と妄想を通じて表現した「冴え」に本当に吸い込まれた。
     
     そうして、自らを精神的に追い詰めていった玖美子は自殺する。

     こうした濃密なストーリーに生命を吹き込むような、出演陣の迫真の演技も本当に素晴らしかった。特に、板倉役の今里真、玖美子役の秋澤弥里の二人の熱演には鳥肌が立つほどだった。
  • 満足度★★★★★

    役者さんの素晴らしさ
    濃密な空間、あっと言う間の時間を過ごしました。とにかく凄かった。再演をやられるだけのある作品。次も必ず観に行きます。

  • 満足度★★★★★

    素晴らしい舞台でした。
    2人の女優が重なり合う部分の構造が面白い演出だと思いました。

    ネタバレBOX

    主人公の男が本当に好きになった女郎には手を出そうとせずに精神と肉体を分けて考える屈折度が面白味を増した舞台でした。

    役者では杉本隆幸さんの演技力が光った舞台でした。大満足です。
  • 満足度★★★★

    虚しい話だね。
    割引きチケットだたので、当然なんだけど一番後ろで椅子も座りにくかった。いい芝居だったので、ケチらなければ良かった⁉

    ネタバレBOX

    男も女も、表面とは裏腹な心の蟠りが生霊とも云える存在を生みだし、共に求めあう物として出会ったのに、男は執ように元の女を傷つけ追い詰めてゆき、とうとう自殺させてしまう。 心と身体を分け、身体のみを切売りする様な場所で出会い、本当に好きになってしまい、歪んだ愛憎により、破滅に向かうしかなかった悲しい男の話なのかな。 そんなに歪まずに、手をとって逃げちゃえば良かったのに!
  • 満足度★★★★★

    真実は?
    何ともいえない不思議な空間と余韻の残るステージでした。

    ネタバレBOX

    二人?の女性の対比が秀逸でした
  • 満足度★★★★★

    凄い
    圧倒された。
    最初から最後まで目が離せなかった。
    感情の流れが凄い。
    良い時間を過ごせた。
    終演後もしばらくドキドキが続いた。
    好き嫌いは出やすい題材だと思うけど、凄く私好みでした。

  • 満足度★★★★

    「性」を扱いながらも、いやらしくない
    人生経験の豊富さや男女差などで、感じ方とらえ方が違ってくる物語。そういう点では、私はあまりピンと来なかったが、むしろ、頭のアレな女の子に妙に興味引かれる。けっこう、彼女が真実を語っていたりする。

    大人に見てほしいお芝居。

    ネタバレBOX

    鵺的出演の役者さんたちは、どなたも実力者ばかりで感心する。
    台詞であまり多くは説明されてはいないのだが、それぞれのキャラクターが骨太に確立されている。
    どのキャラクターも印象深く、リアルに迫ってくる。
    人物を練りあげる作業に、手抜きがないことがわかる。

    ただ、ヒロインの人格分裂?らしき部分は、ちょっとわかりにくかったのが残念。
    鈍い私みたいな客も居ると思うので、見せ方にもうひと工夫が欲しかった。

    この作品は、お芝居そのものはもちろん、装置も素晴らしかった。
    遊郭の離れの四畳半と中庭が再現されて、昼下がりの廊下は心地良いだろうな、などと想像した。
  • 満足度★★★★

    観た方がいいよ!
    娼館のお話しなので好き嫌いがあるかもしれませんが
    90分位、静かで濃密な空気を味わいました。
    男と女が堕ちてゆく場所は違うんだと思わされた舞台
    奇憚ではありますが、女性の悲しさの方を強く感じましたね
    役者さんも其々いいし、舞台も演出も良い!
    観ていて大きな謎が残りますが、
    アフタートークで仮・回答を頂けて助かりました。
    この物語の後、彼の身がどうなっているのか?気になります。

  • 満足度★★★★★

    2×2
    素晴らしい幻想譚でした。

    ネタバレBOX

    耳は聞こえるのに喋れない…、不思議な女性だなと思い、娼婦になって11年…、私と同じ…、ふーんと思っていたらそういうことでしたか。

    心と身体を割り切っていないと娼婦は務まらない…、あくまでも金のためにやっているのだからその通りだと思い、また固定観念としてそう思っていました。それが、心と身体は割り切れるものではない、無理に割り切ろうとする者はお客に惚れてしまったときにもたない、精神が壊れてしまうという女将の話に新鮮な驚きを感じました。

    多重人格物は嫌いですが、これは二面性の話ということで納得できました。さらに、この娼婦だけでなく、男の方もプラトニックな面と遊び人の両面に分裂し話が膨らみました。妄想は好みです。作者の発想力に感服です。

    2×2の組み合わせ、遊郭での肉欲×肉欲、ねえってばあ×いえそれは、やめてください×おらおら、男の家での愛しています×愛してる。

    娼婦が自殺した後も女は男の家にいる、素晴らしい幻想譚でした。
  • 満足度★★★★★

    男の性(さが)
    粘りついて絡みついて逃れられない男の性(さが)を見せ付けられた、圧巻の舞台でした。5年前の作品を再構成されたとのことで余計なものをそぎ落とした物語はギュッと濃縮されており、時間を忘れてただただ見惚れて楽しみました。こんなに居心地が悪いような内容なのに、何でこんなに惹きつけられるのか。じっくり溜めのある間の演出がヒリヒリと緊張感を高めていました。そしてその緊張感に耐えうる適役のキャスティングでどの役者さんもとても魅力的でした。

    ネタバレBOX

    劇中に(売春する行為に対して)「割り切っても割り切れなくても(不特定多数の男に体を許すことが)辛いならばどうやって折り合いをつけるのか」。相手を尊重して大事にしたい気持ちとは別物として、肉体的な快楽を求めたいのは男の性なのだろうか。自分自身を省みても、この性(さが)から逃れられてないなと実感し、身につまされる作品でした。

    黒崎(男)は新進の小説家・板倉(男)を馴染みの売春旅館に連れてくる。板倉は30代後半でも童貞で、「行為をすることで自分が大事にしていたものを失うのが怖い」と性交を拒んできた。板倉は自分の相手をしようとする玖美子(女)の誘いを断り、その場に居合わせる形となった口の利けない布見繪(女)と付き合いだす。次の機会に再度、旅館を訪れた板倉は「気持ちと体を一緒に考えていたから良くなかった。別々に考えればうまくいく」と玖美子を純粋に性欲のはけ口として交わる。交わった事を想起させるシーンで暗転し、フェードインした照明に浮かんでくるのは、先程まで玖美子の着ていた衣装を着た布見繪の姿だった。徐々に精神的に追い詰められていく玖美子は自殺し、板倉は夜な夜な遊び歩いて売春していることが提示され終幕する。

    「幻戯」という公演タイトルに思いを馳せてみました。売春する仕事を迷いながらも10年以上続けてきた布見繪を「彼女がこれ以上汚れないように、僕は彼女には触れない」と言い家に囲い込む板倉は、一方で性欲の発散のために売春を続けます。口の利けない女に自分の思うとおりの理想像を押し付けて、理想像=幻想と戯れて生きる男の自分勝手さ、傲慢さが浮かんでくるように思います。実際、玖美子を抱く時の板倉のおぞましい存在感、こんな表情を人が見せるのかというような迫真の演技でした。そして、それでも客だからと受け入れる玖美子の姿は買われる側に選択肢のない悲哀を強く感じます。

    ここから、勝手に観劇後に自分なりに物語を妄想してみました。布見繪は本当はいないんじゃないかという説です。その姿を見た者が板倉以外いない事(あの子とか口の利けないお姉さんと別の呼び方で存在が提示はされますが)や、そもそも板倉と布見繪を結びつけた日記を書いたのが玖美子なのではというシーンが提示されます。そうだとすると、板倉は玖美子と付き合っていたのか、だとすると玖美子との精神的なつながりを家に置きながら、旅館で玖美子と肉体的に交わっていたのか?物語の冒頭、玖美子の死を悼むシーンで「ある部分では死んでいるが、ある部分では生きている」というセリフが投げかけられました。もし死後も布見繪という名を借りた板倉の幻想の中で玖美子が生き続けるんだとすると、その狂気は一層深化するなと思いました。物語終盤に、暗い部屋の中で一筋の強い光の中で独白する玖美子の姿をした布見繪の姿、その光と影は同一人物の中に同在する2人の人格なのかなと思いました。

    玖美子と布見繪の関係は、はっきりしませんでしたが、いずれにしろ強く印象にこびりつくような濃密な空間を楽しめて、色々考えさせられました。
  • 満足度★★★★★

    無題619(13-044)
    19:30の回(晴)。18:45会場着、受付(全席指定)、19:05入場(18:30受付開始、19:00開場)。斜めにせり出した舞台(和室)、X~E席までの6列。左右のブロックで見え方が違う。座ったのは左奥。上手が旅館の部屋、下手は裏庭、枯れきってしまったのかとても生きているようにはみえない木が1本。19:25前説(場内アナウンス、喫煙シーンがあり気になる方はスタッフまで)、19:31異様な音が近づき、暗転~21:04終演。アフタートーク21:09~21:35。

    5作目になりました。「不滅」からずっと息を殺しながら見続けてきたような気がします。神経がむき出しになり直に刺激を受けているような。終演後、台本と「昆虫系」のDVDを購入

    ネタバレBOX

    布見繪、玖美子、日登美...この三人にみえている世界は何だろう。表と裏、そしてその両方。濃厚な欲望が沈み込む空間で切り替わる「表と裏の役」。

    薄灯りの下でうごめく感覚。

    童貞..「ここ」と「ここ」は分けて考えることができるのか...普通はできるようにできているのだろう。
  • 満足度★★★★

    高木登氏の才気が舞台に漲る
    とても面白かった。

    高木登氏の作家、演出家としての才気が舞台に充満していた。


    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX

    私の好みからいえば、もう少し激しい濡れ場シーンを盛り込んでほしかった(出来れば女優さんの肌の露出ももう少し多くして)。

    これは私のスケベ心でいうのではなく、この作品世界の必然として、そうした方が完成度として高まるような気がする。

    (現実的諸条件、制約等は考慮せずにに書いております)

    私が一番面白く感じたのは、今里真の演じた板倉の、真面目そうな男が、途中からガラリとキャラが変わった(本性が出てきた)ところである。

    本性が出てきて、いかにも実(じつ)のない、うすっぺらな二枚目ふうに変貌するところが見事だった。

    こういうのはSM小説によく出てくる設定であるが、ある種のセックスによって、その人間の隠されていた局面が表に出てくる、ということは、現実にしばしばあることだ。その辺を鮮やかに描いていたと思う。



    この芝居、玖美子役の秋澤弥里はじめ、女優陣の熱演が光るが、役として一番おいしいのは、「板倉」役だろう。

    ラストは、二組の男女のキスシーンで終わるが、ここもやはりそれ以上の行為を暗示する形まで行った方がよかったような気がする(笑)。
  • 満足度★★★★

    空気感が素晴らしい。
    最前列で鑑賞。
    客席にせり出した純和風舞台装置といい、性風俗をモチーフとしたり、こんな舞台好きです。

    ・・・黒崎と布見繪の人物描写をもっと掘り下げて、絡めて欲しかったです。

  • 満足度★★★★★

    幻戯【おすすめ】
    どのような劇団か、どのような作品をされるのか、知らずに観ました。震えました。素晴らしいです。暗転が嫌いなのですが、あんなにねっとりした暗転は初めてです。おすすめです。

    ネタバレBOX

    女性はこうるべきだ、という男の妄想をねちっこく。どこまでも男目線。しかし最後のおかみの態度にグサッと。思い当たること多々でホロホロしながら帰りました。すごかったです。。

このページのQRコードです。

拡大