これにて、 公演情報
観たい!クチコミをする

公演地:東京都

観たい!

公演地:東京都

これにて、

劇団KEYBOARD(東京都)

公演に携わっているメンバー:10人

団体紹介
2008年、高校演劇部の同期で結成。
「まっすぐ、時々、ひねくれる」をテーマに
目の前の人の心に寄り添い、向かい合う 一瞬ではない 一生の作品を目指している。
現劇団員は 大沢宗也 小山希美 髙山実音歌 升井梨恵 山下華蓮 の5名。

【過去公演】
◆第11回公演『吐いて捨てるほど』 2017年8月2日~6日 小劇場 楽園
作・演出 小山希美
◆第10回公演『ひいひいたもれ』 2017年4月12日~16日  北池袋 新生館シアター
作・演出 小山希美
◆第9回公演『スイカのプランクトン』 2016年7月29日~31日  北池袋 新生館シアター
作・演出 小山希美
◆5周年記念公演『愛知のオンナ』 2013年12月13日~15日  新宿サニーサイドシアター
作 石山英憲 / 演出 劇団KEYBOARD
◆第8回公演『侵入者245.5』 2013年4月26日~28日  池袋GEKIBA
作・演出 小山希美
◆第7回公演『ひざし』 2012年6月14日~17日  ひつじ座
作 田中義靖 / 演出 大沢宗也
◆第6回公演『グランドルール』 2012年3月16日~18日  ひつじ座
作 小山希美 / 演出 瀧野夏衣
◆第5回公演『正しい脚本の書き方』 2011年11月18日~20日  池袋GEKIBA
作 小山希美 / 演出 瀧野夏衣
◆第4回公演『またあした!』 2011年6月24日~26日   池袋GEKIBA
作 小山希美 / 演出 瀧野夏衣
(以下、都立駒場高校 視聴覚室での自主公演)
◆第2回公演『のあ』 2010年  作・演出 小山希美
◆第1回公演『サービスカウンター』 2009年  作 小山希美 / 演出 髙山実音歌
応募公演への意気込み
今、プロとして活動しているのが東京でも五人ほどしかいないと言われている活動弁士。
無声映画からトーキーへの転換期、多くの弁士たちが職を失いました。

そして今、すべてスマホが考えてくれ、数年後にはコンビニが無人化すると言われ、身の回りのものがどんどん人間の手を離れていくのを実感して
います。
まるでトーキーに脅かされる弁士たちのように。
でもそれで良いのでしょうか。

一方で、こんなハイテク時代に私たちは、わざわざこんなに時間とお金と労力を注ぎ込んで演劇というものを笑ってしまうくらいアナログに作り続けています。
でも、これは何かに、そして誰かにつながってるのでしょうか。自己満にはなっていないのでしょうか。

昭和初期という時代を借りつつ、確実に今の人たちも他人事ではない「人の力」と、人たる私達の「存在意義」について。

この公演を通し、本当に守りたいものを「守りたいんだ!!」と観ている人に届くまで叫び続けたいと思います。
将来のビジョン
●2018年 
3月 今公演
9月 下北沢「楽園」にて新作書き下ろし(決定)
●2019年
5月 下北沢劇場にて公演予定

今までは20~30代の若手を中心とした公演を行ってきました。
2019年は、昨年4月に公演を打った「ひいひいたもれ」を、老舗劇団から年齢層の広い俳優を客演としてお呼びし、若手の熱量、勢いにプラスして、味のある熟練した力も加わり、より満足度や完成度の高い舞台を目指します。

今後は、キャストの年齢、金銭面、劇場の広さなどに縛られることなく、上記のように常にベストな舞台を提供できるよう進化し続けることが目標です。

公演に携わっているメンバー(10)

Nophoto member
登坂義之
映像

『これにて、』劇中の映画の制作を担当しております。
Nophoto member
真原孝幸
役者・俳優

「これにて、」に携わっているメンバーです。
162038
もりかなみ

昔があるからこそ今があること。自分が平成生まれだからこそ知っておきたいことが詰まっていると感じます。
200098
小口美雪
役者・俳優

「これにて、」に携わっているメンバーです。
Nophoto member
佐藤有朔
役者・俳優 声優

「これにて、」に携わっているメンバーです!
Nophoto member
市瀬龍司
役者・俳優

「これにて、」に携わっているメンバーです。
200072
小山希美
脚本 演出 演出助手 舞台監督

世の中のスピードの速さに気を取られて忘れてしまっているものを思い出し、大事にするお芝居を作っています
200030
大沢宗也
役者・俳優 声優

「これにて、」に携わっているメンバーです。
200027
山下華蓮
役者・俳優 ダンサー ナレーター

あまり馴染みのない題材かもしれませんが、変わることを変わらず続けてきた私たちだからこそ、共感できることは、たくさんあると思います。
200033
たかやまみねか
役者・俳優 宣伝美術

つないでいくために、ひとは葛藤するのかなぁ、と。

このページのQRコードです。

拡大