Brand new OZAWA mermaid! 公演情報
観たい!クチコミをする

公演地:東京都

観たい!

公演地:東京都

Brand new OZAWA mermaid!

EPOCH MAN〈エポックマン〉(東京都)

公演に携わっているメンバー:6人

団体紹介
虚構の劇団に所属する俳優・小沢道成が、2013年から始めた演劇プロジェクト。

人(特に女性)の心の中をえぐり出すような作風と、繊細かつ粘り気がありながらスピード感ある演出が特徴のひとつ。
問題を抱えた人物が前進しようとした時に生まれる障害や苦悩を丁寧に描きつつも、演劇ならではの手法で会場を笑いに誘う。

毎公演ごと、外部で出会ってきた好きな俳優・スタッフ陣、様々な仲間を巻き込むプロデュース企画を展開していく。
応募公演への意気込み
演劇を見るのが小さい頃から好きで、あの時を思い返せば、音に驚いたとか綺麗な光だなとかそういう実は単純と思えることに一番ワクワクしていました。
今回、人魚姫をモチーフに選んだのも目でも耳でも楽しめそうな演劇的な要素があると感じたのが選んだ理由のひとつでもあります。そして、台本を書く際に、もしもファンタジー要素たっぷりの人魚がこの現代の東京に来たらどうなってしまうんだろうと考えていたら、僕も含めて現代の人が抱えている問題にたどりつきました。
やはり悲しい要素てんこ盛りなのが人魚姫なので、その要素をある事柄に置き換え、そして、演劇の力を思いっきり使って、あの時の僕が観ても素直に楽しめる興奮できる演劇を目指してみます。
将来のビジョン
小林賢太郎さんがソロパフォーマンスで活動されている姿にずっと憧れを持っています。創作するアトリエみたいな場所があって、その場所で作ったものを劇場に持っていくというスタンスを僕は演劇バージョンとして実現したいのが僕の夢です。
10年後20年後どうなっているかは分からないけど、劇場に来てくれる人が笑って泣いて、明日も頑張ろうと少しでも思ってもらえることが嬉しいことなので(そしてその姿を見て僕も頑張ろうと力をもらえるので)、とにかく今目の前にある僕の興味のある楽しそうなものを膨らませて劇場に持って行きたいと思います。
次回公演としてやりたい題材もあるのですが、何度上演しても多くの人が楽しめる演劇をつくることも財産のようなものなので、今回それが作れるようにも頑張ります。

公演に携わっているメンバー(6)

Nophoto member
さとう
制作

「Brand new OZAWA mermaid!」に携わっているメンバーです。
39774
きたざわ
制作

よろしくお願いいたします!
173597
iso
演出助手

「Brand new OZAWA mermaid!」に携わっているメンバーです。照明操作を担当します!
160602
上村幸穂
制作

「Brand new OZAWA mermaid!」制作協力します。宜しくお願い致します。
155404
小沢道成
役者・俳優

2018年、この東京に人魚がやってくる話です。演劇で思いっっっっきり遊ぶ、僕なりの人魚姫。是非。
155403
EPOCH MAN
役者・俳優 脚本 演出

小沢道成 新作ひとり芝居「Brand new OZAWA mermaid!」5月に上演!

このページのQRコードです。

拡大