くじらの墓標 2017 公演情報 くじらの墓標 2017」の観てきた!クチコミとコメント

  • 満足度★★★★

    虚実綯交ぜの終盤は「戦慄」としか表現のしようがない。得体の知れないなにかに圧迫されていく感覚。恐怖、不安、困惑、不快…言葉にならない戦慄が走る。稀有な演劇体験。終演時、笑うでも泣くでもなく、唯々震えが来た。これも演劇だ。

    燐光群の座組みのレベルの高さには、いつも驚かされるが今回も素晴らしかった。そして、前々から薄々自覚していたが、宗像祥子は確実に好きなタイプの俳優だ。今迄燐光群は、ダルカラ勢を観に行っている手前、自分の中で封印していたかな(笑)

    0

    2017/03/20 23:13

    0

    0

このページのQRコードです。

拡大