Access
団体 ワンツーワークス

ワンツーワークス

()

ワンツーワークス

アクセス数(13)<直近30日間>

お気に入り(18)

団体 ワンツーワークス

ワンツーワークス

()

古城十忍 こじょう・としのぶ/劇作家・演出家。「ワンツーワークス」主宰。宮崎県出身。
熊本日日新聞政治経済部記者を経て1986年、劇団一跡二跳を旗揚げ。
少年犯罪、不妊治療、在日差別、復讐の連鎖など、さまざまな社会問題を
ジャーナリスティックな視点から描いた作品を数多く発表。
2008...

もっと読む


お知らせ

すべて見る

動画1

すべて見る

自殺をタブー視しないために・・・全国公演、展開中。劇団ワンツーワークス
人は、なぜ自ら命を絶ってしまうのか?
「自殺」を語ることは、なぜ今なおタブー視されるのか?
年間3万人超の自殺者が11年も続く日本。
自殺を試みた経験を持つ「サバイバー」、
身近な人を失った「遺された者」、自殺に「振り回される者」、
そして、自殺対策に乗り出す「立ち上がる者」......。
人が自殺に追い込まれていく、その背景には何があるのか?
45人にも及ぶインタビューで得た証言をもとに、
「自殺」を真正面から赤裸々に見据えた、日本で初めての演劇――。

基本情報

所在地
カテゴリ 演劇
公式サイトURL http://onetwo-works.jp/index.html
設立 2009年
受賞歴
メンバー 古城十忍、ほか
活動紹介 古城十忍 こじょう・としのぶ/劇作家・演出家。「ワンツーワークス」主宰。宮崎県出身。
熊本日日新聞政治経済部記者を経て1986年、劇団一跡二跳を旗揚げ。
少年犯罪、不妊治療、在日差別、復讐の連鎖など、さまざまな社会問題を
ジャーナリスティックな視点から描いた作品を数多く発表。
2008年7月、『流れる庭-あるいは方舟-』の上演をもって一跡二跳を解散。
2009年、フレキシブルな演劇創造集団として「ワンツーワークス」を始動。
これまでの主な代表作に、『眠れる森の死体』『少女と老女のポルカ』『平面になる』
『アジアン・エイリアン』『肉体改造クラブ・女子高校生版』『奇妙旅行』などがある。
2005年に文化庁新進芸術家派遣でロンドンおよびダンディ(スコットランド)に留学。
帰国後は実際のインタビューに基づいて「ドキュメンタリー・シアター」の上演にも精力的で、
2007年には「自殺」をテーマにした日本初のオリジナル・ドキュメンタリー・シアター
『誰も見たことのない場所』を発表している。
また、広島・鳥取・宮崎など、地方演劇人との交流にも力を注ぐ。
現在、(社)日本劇団協議会常務理事、新国立劇場演劇研修所講師。
問い合わせ先

[情報提供] 2010/03/17 18:24 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/12/28 19:29 by CoRich案内人

お気に入りに登録するとCoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
好きな団体を応援しましょう!

所属メンバー6

ワンツーワークス

ワンツーワークス(0)

さまざまな社会問題をテーマに作品を作っています。 よ...

浜村夕紀

浜村夕紀(0)

ワンツーワークス所属、浜村夕紀です! 二十歳になりま...

惣一

惣一(0)

バリバリいくよー!よろしくお願いします。

お気に入り登録者18

ケイ

ケイ(27)

「ワンツーワークス」お気に入りの団体です。

yucky@メタ坊

yucky@メタ坊(636)

毎回見てます。

まつおなお

まつおなお(130)

芝居が上手い。安心して楽しませていただける団体さま。

このページのQRコードです。

拡大