演劇

百華妖乱

0 お気に入りチラシにする

演劇

ジョーカーハウス

シアターKASSAI(東京都)

2018/07/19 (木) ~ 2018/07/22 (日) 開幕前

上演時間: 約2時間0分(休憩なし)を予定

維新開国の時代の狭間、
世は混沌としていた。

絢爛な文明開花を謳歌する浮き世に紛れ、
その若者、弥太郎は日陰で貧しく生きていた。
しかし、弥太郎には別の世界が見えていた。
それは「人の世に潜む妖魔の存在が見える能力」だった。
出会う者はおろか、旧知の者の中ですら妖魔はいた。
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/07/19 (木) ~ 2018/07/22 (日)
劇場 シアターKASSAI
出演 小澤瑞季、田守悠花、大石祥生、橋本真衣乃、佐々木志乃、佐々木穂香、又吉宏美、瑠香、荒木凪瑳、新城理奈、時雨もか、小野、熊倉優良、北原学、大山莅人、長谷川健、藤野友祐
脚本 伊藤えん魔
演出 伊藤えん魔
料金(1枚あたり) 4,000円 ~ 4,000円
【発売日】2018/06/16
整理番号付自由席
サイト

http://www.jokerhouse.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2018年7月19日(木)~22日(日)
7/19(木) 羅19:30
7/20(金) 般14:30 /羅19:00
7/21(土) 般11:00 /羅14:30/般19:00
7/22(日) 邪11:00 /般14:30/羅18:00
羅=羅刹バージョン 
般=般若バージョン
邪=天邪鬼バージョン(シャッフルキャスト)
説明 維新開国の時代の狭間、
世は混沌としていた。

絢爛な文明開花を謳歌する浮き世に紛れ、
その若者、弥太郎は日陰で貧しく生きていた。
しかし、弥太郎には別の世界が見えていた。
それは「人の世に潜む妖魔の存在が見える能力」だった。
出会う者はおろか、旧知の者の中ですら妖魔はいた。

人の世に紛れこむ魔界を見る事は弥太郎を絶望させた。







■STORY

■作・演出:伊藤えん魔


維新開国の時代の狭間、
世は混沌としていた。

絢爛な文明開花を謳歌する浮き世に紛れ、
その若者、弥太郎は日陰で貧しく生きていた。
しかし、弥太郎には別の世界が見えていた。
それは「人の世に潜む妖魔の存在が見える能力」だった。
出会う者はおろか、旧知の者の中ですら妖魔はいた。

人の世に紛れこむ魔界を見る事は弥太郎を絶望させた。



ある時、 妖しの妖術を操る術者:幻心尼が現れる。
幻心尼は「人としての何か」を渡せば、
その力を封印できると持ちかける。
代価は肉体の指先、腕、足、または声、耳、眼…。

自棄になっていた弥太郎は言われるまま「言葉」を渡す。
その瞬間から、見えていた魔の世界は一旦その光景を消す。
だが、言葉を失った弥太郎は、うまく話せなくなり、
それが原因で奉公先を追い出され、路頭にまよう。




時を同じくして、世は幕府側と倒幕派が血で血を争っていた。
また、得体のしれない妖魔らが京に出没し災いをまき散らす有様。
京都の治安を守る新撰組だったが、
副長:土方歳三らもあまりに混乱する都の警備に翻弄される。

偶然、斬り合いに巻き込まれる弥太郎。
しかしなんと、斬られて死んだはずの侍が再び生き返る。
「死人返り」となったもののけから弥太郎を助けたのは茨木半兵衛。
巷で「その正体は鬼」と噂されるあやしの侍だった…。

新撰組副長の土方歳三は時代を憂いて奔走。
やがて土方は隠遁して暮らす茨木半兵衛と出会う。
土方は半兵衛の人格に傾倒、助力を申し出る。

鬼の力を持ちながら、
人の心を持つ半兵衛は、
かつての仲間である鬼を斬るため剣をとる…
はたして回りは人か魔か?  誰が魔なのか、人なのか? 

動乱、戦の時代。
人と妖魔の壮絶な闘いがはじまる!!
その他注意事項 未就学児童入場不可。
整理番号付自由席。
スタッフ

[情報提供] 2018/06/09 22:04 by オフィス・ファントマ(制作)

[最終更新] 2018/06/12 21:57 by オフィス・ファントマ(制作)

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

Hiromi Matayoshi

Hiromi Matayoshi(1)

役者・俳優 ダンサー

「百華妖乱」 夏に相応しい作品を是非(*´꒳`*)

大山莅人

大山莅人(0)

役者・俳優

出演します。どうぞよろしくお願いします!

オフィス・ファントマ(制作)

オフィス・ファントマ(制作)(0)

「百華妖乱」に携わっているメンバーです。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大