演劇

劇団カツコ第四回公演

空焚き

デザイン:中村駿

0 お気に入りチラシにする

演劇

劇団カツコ第四回公演

空焚き

劇団カツコ

中野スタジオあくとれ(東京都)

2017/05/05 (金) ~ 2017/05/07 (日) 開幕前

上演時間: 約1時間25分(休憩なし)を予定

 近代演劇の父と呼ばれたヘンリク・イプセンの『人形の家』を下敷きに、現代日本を切り取るドメスティックホラー

 結婚した男との仲睦まじく、穏やかに見える生活が続くある夏の日、女は憂鬱だった。マンションから見える対岸の工場が稼働し始めたからだ。夫が30年ローンで買ったその新築のマンションから...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演スケジュール

05/05 05/06 05/07
13:00
14:00
18:00
19:00

公演詳細

期間 2017/05/05 (金) ~ 2017/05/07 (日)
劇場 中野スタジオあくとれ
出演 中前夏来、ナカノキョウコ、山田英真、瀬尾卓也
脚本 関野翔太
演出 関野翔太
料金(1枚あたり) 2,800円 ~ 3,300円
【発売日】2017/03/05
前売り 2800円
当日  3300円

2017年3月5日より前売り開始!
サイト

http://www.gekidankatsuko.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 5月5日(金)19:00
5月6日(土)14:00
5月6日(土)19:00
5月7日(日)13:00
5月7日(日)18:00
説明  近代演劇の父と呼ばれたヘンリク・イプセンの『人形の家』を下敷きに、現代日本を切り取るドメスティックホラー

 結婚した男との仲睦まじく、穏やかに見える生活が続くある夏の日、女は憂鬱だった。マンションから見える対岸の工場が稼働し始めたからだ。夫が30年ローンで買ったその新築のマンションからは巨大な煙突が見える。先端の赤い、男性器のようなソレは白い煙をモクモクと吐き出し続けている。それを煙たがるように女は窓を閉め切ったまま生活をしていた。
 その日はやけに涼しくて、半袖だと寒さを感じるほどだった。—女の過去を知る妹がやって来た—閉め切られた部屋は徐々に、熱していく—
その他注意事項
スタッフ 【舞台監督】鈴木沙織
【舞台美術】村上薫
【照明】中佐真梨香(空間企画)
【音響】ナガセナイフ
【衣装】ナカノキョウコ
【宣伝美術】中村駿
【制作】類家アキヒコ

[情報提供] 2017/02/06 20:03 by shotasekino

[最終更新] 2017/04/21 13:26 by 類家アキヒコ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー5

もりりん

もりりん(0)

役者・俳優 脚本 演出 演出助手 ドラマターグ 映像 殺陣 舞台監督 制作 当日運営 Webサイト

関野翔太の未来に携わっているメンバーです。

なかまえ

なかまえ(0)

役者・俳優

出演します。よろしくお願いします。

shotasekino

shotasekino(0)

脚本 演出

主宰です。脚本と演出やります。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大