演劇

ハポン劇場project第7回公演

パンク歌舞伎マクベス

0 お気に入りチラシにする

演劇

ハポン劇場project第7回公演

パンク歌舞伎マクベス

ハラプロジェクト

名古屋能楽堂(愛知県)

2010/12/23 (木) ~ 2010/12/25 (土) 公演終了

上演時間:

★NEWS/追加公演決定!!…追加公演→12月25日(土)18:30
追加公演の前売りチケットはハポン劇場projectの電話予約受付のみになります。
電話予約TEL:080-4229-4424(受付時間11時から19時)

毎年4・5月に名古屋のJR鶴舞高架下のライブハウス『K.Dハ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/12/23 (木) ~ 2010/12/25 (土)
劇場 名古屋能楽堂
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 4,300円
【発売日】2010/11/11
前売:3800円
当日:4300円
12月23日(木・祝)13:00←中・高生特別鑑賞会(1500円:入場時要学生証)
サイト

http://haratomohiko.com/joho.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ★NEWS/追加公演決定!!…追加公演→12月25日(土)18:30
追加公演の前売りチケットはハポン劇場projectの電話予約受付のみになります。
電話予約TEL:080-4229-4424(受付時間11時から19時)

毎年4・5月に名古屋のJR鶴舞高架下のライブハウス『K.Dハポン』に舞台をつくり公演を行っているハポン劇場project。

さて、2010年12月、第7作目となる『パンク歌舞伎「マクベス」』は、名古屋能楽堂にて公演します。

第1作目 2005年春/ 『姨捨』(会場:K.Dハポン)
第2作目 2007年春/ 『北斎とお栄』(会場:K.Dハポン)
第3作目 2008年春/ 『人喰いサーカス』(会場:K.Dハポン)
第4作目 2009年春/ 『草枕』(会場:K.Dハポン)
第5作目 2009年冬/ 『ダンス・タンス・ダンス』(会場:西尾劇場)
第6作目 2010年春/ 『姨捨』再演(会場:K.Dハポン)
第7作目 2010年冬/ 『パンク歌舞伎「マクベス」』(会場:名古屋能楽堂)

◆公演
パンク歌舞伎「マクベス」
◆日時
2010年12月23日(木・祝)~25日(土)
全5公演
12月23日(木・祝)13:00←中・高生特別鑑賞会(1500円:入場時要学生証)
12月23日(木・祝)19:00
12月24日(金)14:00
12月24日(金)19:00
12月25日(土)14:00
12月25日(土)18:30←追加公演
◆会場
名古屋能楽堂
名古屋市中区三の丸1-1-1
TEL:052-222-6699
地下鉄鶴舞線「浅間町」1番出口から東へ徒歩10分
地下鉄鶴舞線・桜通線「丸の内」1番出口から北へ徒歩10分
地下鉄名城線「市役所」7番出口から西へ徒歩15分
市バス「名古屋城正門前」から徒歩1分
駐車場:30分180円
◆チケット…11月11日(木)発売開始!!
(日時指定・全席自由)
前売:3800円
当日:4300円
チケット取り扱い
○ハポン劇場project/電話予約TEL:080-4229-4424(受付時間11時から19時)
○チケットぴあ/TEL:0570-02-9999(Pコード407-584)↓
http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1043900&rlsCd=001
お近くのびあスポット、セブンイレブン、サークルKサンクスでもお買い求めいただけます。
○名古屋能楽堂/TEL:052-231-0088
○愛知芸術文化センタープレイガイド/TEL052-972-0430
※上演時間は約2時間。
※開場は開演の30分前(開演時に満席の場合は、ご入場をお断りする場合がございます)。
◆スタッフ
演出/原智彦
上演台本/渡邉健・原智彦(原作:ウィリアム・シェイクスピア)
照明/古川博
映像/河本隆志・勝見大輔
美術/西島一洋・瀬戸美波
題字/西島一洋
衣装/鯉江あかね・加藤寿枝・浮田みどり・久野周一
音響/正木隆・松井信樹
宣伝美術/アマノテンガイ
カツラ/神田カツラ
制作/ハポン劇場project
◆出演
永野昌也・小早川道江・野畑幸治・鈴木大輔・久川徳明・桂元枝・末吉康治・瑞鳳澄依・安藤鮎子・田辺舞・小島万智子・浅野誠・イマプー・金城じょっちゃん和幸・しげちょい・杉崎真治・長尾武典・新美清彦・早川徹・吉住繁則・脇山康貴・A2C・youu-ji・岩田純子・大垣明日香・大西可弥子・奥村明日香・奥村めぐみ・川瀬結貴・桐なつね・笹野はな香・鈴木千章・冬眠繭・どれ子・中西桃子・美々らん・室井杏・村神くみ・山口奈穂・原智彦
◆音楽/(生演奏)
○TURTLE ISLAND/永山愛樹・竜巻太郎・竹舞・グッチ・大塚弘一朗・成瀬理絵・近藤幸男・NOB(ヤポネシア)・cazu(π)・坂井ジョージ
○大脇薫(ソプラノ)
○笹野大栄(琴)
◆主催
ハポン劇場project×TURTLE ISLAND

◆公演詳細
http://haratomohiko.com/joho.html
http://www.turtleisland.jp/?cont=macbeth
http://aetta.blog62.fc2.com/blog-entry-179.html

「 サクレツする音 トビチル汗 一瞬にして無重力 ほら 私のカワイイ子供達 目を覚ませ 美しく狂うマクベス夫人 ラスト二十分間の大殺陣マクベス千人斬り 真赤に染まる能楽堂 」
17 世紀初め英国においてシェイクスピア作「マクベス」上演される。同じころ日本では「歌舞伎」が産声あげる。どちらも白ぬりの顔した男達によって演じられた。客はバケモノを見る様に息つめて見つめたにちがいない……。私の芝居は「オモシロ」ければイイ。愛しい人間達の身体が心ゆくままネジれてくれればイイ。……と思っている。モンスター・マクベスと彼を自在に操る妖巫達の血ぬられたゲーム。ハゲシク。セツナク。コッケイにしてザンコク。江戸に咲いた悪の華「歌舞伎」そのもの。こんな「見世物芝居」にはパンクロックがよく似合う。パンクは真っ直ぐ。一瞬にして掴み去るスピード。朴訥と語りかける節くれ立った力強さ。そんなバンド「TURTLE ISLAND」に出会い、ついにパンク歌舞伎「マクベス」の誕生だ。舞台はもちろん能舞台。まわりをお客にぐるりと囲まれ「見世物芝居」を演るにはもってこいの場所なのだ。音・映像・ダンス・芝居、絡まるサイケデリックな舞台、特に今回は全25 曲オリジナル。しかもTURTLE ISLAND 生演奏だ。シビレルぜ。 ─────原 智彦
その他注意事項
スタッフ 演出/原智彦
上演台本/渡邉健・原智彦(原作:ウィリアム・シェイクスピア)
照明/古川博
映像/河本隆志・勝見大輔
美術/西島一洋・瀬戸美波
題字/西島一洋
衣装/鯉江あかね・加藤寿枝・浮田みどり・久野周一
音響/正木隆・松井信樹
宣伝美術/アマノテンガイ
カツラ/神田カツラ
制作/ハポン劇場project

[情報提供] 2010/11/08 17:34 by aetta02

[最終更新] 2010/12/23 17:41 by aetta02

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大