革命日記【青年団・こまばアゴラ演劇学校“無隣館”】

デザイン:西泰宏

0 お気に入りチラシにする

こまばアゴラ演劇学校“無隣館”

こまばアゴラ劇場(東京都)

2018/04/14 (土) ~ 2018/04/30 (月) 上演中

休演日:4月19日(木)、25日(水)

上演時間:

組織は腐敗する、革命は堕落する。いかなる組織も、いかなる革命も。
都市近郊の閑静な住宅街。ごく平凡な家庭が、二つのテロを企てる過激派集団のアジトになっている。
空港突入と大使館襲撃。日常を引きずりながら突き進む、彼らの革命はどこへ向かっているのだろうか。
2017年4月に入学したこまばア...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/04/14 (土) ~ 2018/04/30 (月)
劇場 こまばアゴラ劇場
出演 小林亮子B、堀夏子B、中村真生B、本田けいA、坂倉花奈A、藤瀬のりこA、吉田庸A…以上、青年団、有吉宣人A、飯田一期A、石渡愛AB、小野亮子B、木村トモアキB、黒澤多生B、鯉沼トキB、外桂士朗A、多田直人AB、奈良悠加B、西風生子AB、南風盛もえAB、坊薗初菜AB、堀紗織A、矢野昌幸B、山村麻由美A、和田華子AB…以上、無隣館
脚本 平田オリザ
演出 平田オリザ
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,500円
【発売日】2018/02/25
前売・予約・当日共
一般=2,500円
ユース(26歳以下)・シニア(65歳以上)=2,000円
*日時指定・全席自由席・整理番号付
*ユース(26歳以下)・シニア(65歳以上)の方は、当日受付にて年齢を確認できる証明書をご提示ください。
サイト

http://www.seinendan.org/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル A、Bチームによるダブルキャスト公演

4月
14日(土)19:30A
15日(日)19:30B
16日(月)19:30A
17日(火)19:30B
18日(水)14:00A/19:30B
19日(木)休演日    
20日(金)19:30A
21日(土)14:00B/18:00A
22日(日)14:00A/18:00B
23日(月)19:30B
24日(火)19:30A
25日(水)休演日   
26日(木)14:00B/19:30A
27日(金)19:30B
28日(土)14:00A/18:00B
29日(日)14:00A/18:00B【追加公演】
30日(月・祝)14:00B
説明 組織は腐敗する、革命は堕落する。いかなる組織も、いかなる革命も。
都市近郊の閑静な住宅街。ごく平凡な家庭が、二つのテロを企てる過激派集団のアジトになっている。
空港突入と大使館襲撃。日常を引きずりながら突き進む、彼らの革命はどこへ向かっているのだろうか。
2017年4月に入学したこまばアゴラ演劇学校“無隣館”3期生と青年団有志による合同公演として、 2012年に上演された『革命日記』を6年ぶりに再演。
その他注意事項 未就学児はご入場いただけません。
スタッフ 舞台美術:青年団美術部
照明:井坂 浩
衣裳監修:正金 彩
舞台監督:河村竜也
宣伝美術:西 泰宏
制作:赤刎千久子 太田久美子
企画制作:青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場

[情報提供] 2018/02/14 17:55 by 赤刎千久子

[最終更新] 2018/04/11 12:52 by こりっち管理人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 今日もたくさんのご来場ありがとうございました。まとめを更新しました。「青年団・こまばアゴラ演劇学校“無隣館”『革命日記』感想まとめ」 https://t.co/hJaAYcTMrS

    約14時間前

  2. 青年団「革命日記」をアゴラ劇場にて観劇。面白かったです。町内会の雑用、恋愛に関するやっかみ、無意味なマウントの取り合いに終始する、言う事だけは大きい革命家たちの飲み会。革命を目指すプロ市民と、夢を語る自称プロな小劇場劇団員達の姿が… https://t.co/UpNzARmrb6

    約16時間前

  3. 無隣館『革命日記』のAチームとBチーム、無隣館の公演は2015年に『南へ』から見てて、翌年『カガクするココロ』と『北限の猿』を観て、『南へ』も2チームだったけど当時は会員ではなくてどちらかだけで、去年の『南島俘虜記』は3チームだけ… https://t.co/tZh0R6L0tG

    約17時間前

  4. 青年団・こまばアゴラ演劇学校“無隣館” 『革命日記』 超満員、超面白かった。 笑いと涙が同時に出ました、なんだこれは。

    約21時間前

  5. 無隣館『革命日記』ついに、残りの回が全て予約完売となりました! アゴラ支援会員はもう少しだけ枠があるそうです。 当日券は今のところ毎ステージ発券するようです。 観たかった方、諦めずに当日券を狙っていただけると嬉しいです! https://t.co/woFCXK5HUG

    Dbna3kpxuaajv  Dbna3kixkaahbhe

    2日前

  6. まとめを更新しました。当日券情報は青年団のアカウントで当日ごとにお知らせします。「青年団・こまばアゴラ演劇学校“無隣館”『革命日記』感想まとめ」 https://t.co/hJaAYdbnQs

    2日前

  7. 青年団・こまばアゴラ演劇学校“無隣館”『革命日記』Bチーム 以下の回につきまして、オンラインでの劇場支援会員の予約受付を終了いたしました。 4月27日(金)19:30 B お電話のみ若干枚数承っております。 どうぞお早めにお申… https://t.co/hB2HNrDleA

    2日前

  8. 昨日は無隣館『革命日記』Aチームを観た。 ただ残念な事に、隣の席のおじさんが本番中に飴を袋から取り出し、音を立てながら食べるという事を何度も繰り返したため、あまり集中して観られなかった… ただ、面白そうな俳優がたくさんいたので、こ… https://t.co/cDtuZJhto4

    2日前

  9. 無隣館『革命日記』を観た

    3日前

  10. 明日25日は休演日です。まとめを更新しました。「青年団・こまばアゴラ演劇学校“無隣館”『革命日記』感想まとめ」 https://t.co/hJaAYcTMrS

    3日前

  11. 無隣館「革命日記」A、冒頭寝そべっている方はどこかで観たと思ったら、どらま館で一人芝居をやっていた方だった。革命の時代が描かれていた暗愚小伝とか大杉栄と違って、現代のブルジョワのマンションの一室という装置は革命から革命を引き算して残された個人と個人間の関係性だけが残る。

    3日前

  12. 無隣館『革命日記』を観た。闘争か生活か。革命に燃える思想家たちもどんなに威勢の良い言葉を並べたところで、一枚皮を剥げば陳腐な男女の痴情のもつれがあり、頭の痛いご近所付き合いがある。その落差が、人間のおかしみを炙り出した。子を捨ててでも母がしがみついた理想とは何だったのだろうか。

    3日前

  13. 昨日は無隣館、革命日記を観劇してきました!題材が社会変革、少しお堅いお話かな?と思っていたのですが、スッとストーリーにのれて見入りました!性格が濃い来訪者面白かったです!革命者たちの日々をストンと切り取ったお話。なんだかゾクリとくるものがありました。

    3日前

  14. 青年団・こまばアゴラ演劇学校“無隣館”『革命日記』Bチームまとめ2 以下の回につきまして、オンラインでの劇場支援会員の予約受付を終了いたしました。 4月 29日(日)18:00 お電話のみ若干枚数承っております。 どうぞお早めにお… https://t.co/FDP1ljhsW4

    3日前

  15. 青年団・こまばアゴラ演劇学校“無隣館”『革命日記』Bチームまとめ1 以下の回につきまして、オンライン、お電話共に劇場支援会員の予約受付を終了いたしました。 4月 26日(木)14:00 28日(土)18:00 30日(月・祝)14… https://t.co/8tE7GXBXiZ

    3日前

  16. 青年団・こまばアゴラ演劇学校“無隣館”『革命日記』Aチーム 以下の回につきまして、オンラインでの劇場支援会員の予約受付を終了いたしました。 4月 26日(木)19:30 28日(土)14:00 29日(日)14:00 お電話のみ若… https://t.co/FFe4JPLVuP

    3日前

  17. 青年団・こまばアゴラ演劇学校“無隣館”『革命日記』 https://t.co/Y5eLlCprKG Bチーム観劇〜!飯田一期さんと和田華子さん。同じ役者がAB違う役柄を演じる試み。役者が変わると全体の雰囲気がまったく異なり、違う… https://t.co/tS4yrVbgEa

    3日前

  18. 青年団・無隣館「革命日記」AチームBチーム両方見て個人的にはAチームの方が一つの劇としてまとまりがあって好きでした。Bチームは個人芸に走ってるように見えたのはAを先に観たからかな。個人的なポテンシャルにすぐれた俳優さんはどらにもい… https://t.co/wYEpHndTRb

    4日前

  19. 連日たくさんのご来場ありがとうございます。まとめを更新しました。「青年団・こまばアゴラ演劇学校“無隣館”『革命日記』感想まとめ」 https://t.co/hJaAYcTMrS

    4日前

  20. 無隣館『革命日記』観劇。時代を現代に設定することで革命組織がもはや成立しないことを見せてるように感じたが、なんだか紛然とした印象。町内会の役割には躊躇し、革命の大義には絵空事でも命賭ける…そのアンバランスさに、オリザさんは皮肉って… https://t.co/6Bi6dtuQUM

    4日前

  21. 青年団・こまばアゴラ演劇学校“無隣館”『革命日記』 以下の回につきまして、オンラインの劇場支援会員の予約受付を終了いたしました。 4/24(火)19:30 A 4/26(木)14:00 B 4/29(日)18:00 B お電話のみ… https://t.co/nPjyGii7Tj

    4日前

  22. 色々もやもやと考える事がありますがまもなく開場、開演です。無隣館「革命日記」今日で6ステージ目。折り返しです。

    4日前

  23. 【観劇三昧下北沢店】 涼しくて過ごしやすい下北沢♬ 本日は、劇団おおたけ産業が千穐楽!! そして、J-Theaterが初日を迎えます! こまばアゴラ劇場では、青年団・こまばアゴラ演劇学校“無隣館”「革命日記」が上演中☆ 店内のレイ… https://t.co/oSNV5urYGH

    4日前

  24. 駒場東大前で、青年団・こまばアゴラ演劇学校“無隣館”「革命日記」(Aチーム)。過去に観た本公演とは印象が異なるなぁ。隣人やシンパの人達は、あんな漫画みたいなキャラだったっけ?千葉を中心としたバトルに痺れる。

    5日前

  25. 青年団・無隣館『革命日記』Bチーム。そういう点で平田戯曲の中では精度が高くない作品なのかもしれない。しかしそれを補って余りある魅力があるし、10年間で3回目の上演なのだから一般的な人気もあるのだろう。またいつか違う座組で見てみたい。

    5日前

  26. 青年団・無隣館『革命日記』Bチーム。そしてこれは携帯が無い時代の話なのかと思いきや、終盤にiPhoneが出てくる。だったら一般人が帰ったらすぐ各人の携帯に電話して「戻って来ていいぞ」とか言うだろう。どうもこの辺の設定が粗雑だ。

    5日前

  27. 青年団・無隣館『革命日記』Bチーム。他にも英夫が来たとき「武雄さんにちょっと話があって」と言いながら、結局それが何だったのか分からないのも気になる。あるいは立花はやって来た時コートやバッグを持っていたはずなのに、手ぶらで出て行ってしまうのは不自然では。鍵がなければ家にも入れまい。

    5日前

  28. 青年団・無隣館『革命日記』Bチーム。後半に出てくる小坂も似たようなもので、平田戯曲にしては「物語に奉仕するために作られた登場人物」が目立つな〜と思った。

    5日前

  29. 青年団・無隣館『革命日記』Bチーム。しかし2回続けて見ると、細部で平田オリザらしからぬ綻びも見えてくる。たとえば千葉という人物はほとんど描き込まれておらず、武雄といい仲になっていることで問題をややこしくする「ストーリーの都合上存在している」記号的な存在に過ぎない。

    5日前

  30. いよいよ折り返しです。まとめを更新しました。「青年団・こまばアゴラ演劇学校“無隣館”『革命日記』感想まとめ」 https://t.co/hJaAYcTMrS

    5日前

  31. 青年団・こまばアゴラ演劇学校“無隣館”「革命日記」Aチーム 無能なくせに大声と演説で誤魔化そうとする過激派リーダー、カルトよりもカルトらしい町内会役員などによるぐだぐだ&ドタバタ劇。 青年団の本公演とはかなりテイストが違って面白か… https://t.co/Sm54Yc20He

    5日前

  32. 青年団・無隣館『革命日記』Bチーム。ただリーダーが女性になったのはたいへん面白いが、台詞が変わっていないのには違和感。あれはやはり女性言葉にすべきではないか。いい歳をした女が「ボク」と言うと、どうしても不思議ちゃん的な、本来なら不必要な個性が付加されてしまう。

    5日前

  33. 青年団・無隣館『革命日記』Bチーム。やはりこちらを見てしまうと、Aは個々の演技は良いのだが、座組としてアンバランス。平田オリザもなぜあれでOKしたのか不思議。あるいはAとBで明確な差をつけたかったのか。

    5日前

  34. 青年団・無隣館『革命日記』Bチーム。それに輪をかけて、うなじが見る見る内に真っ赤になるリアリティ。まさしく「意味」を超えた「実存」の演技。前から良い女優だと思っていたが、今回の演技はその中でもピカイチ。しかもそれだけ上手い演技がアンサンブルの中で全く浮いていない凄さ。

    5日前

  35. 青年団・無隣館『革命日記』Bチーム。白眉は予想通り立花役の堀夏子。ずっと後ろ向きであれだけの説得力を出せるのは凄い。リーダー以上に典子との舌戦が凄まじい。終盤はもはや言葉など聞き取れず、それでもなお台詞が「意味」を超えた「感情」となって観客を直撃する。

    5日前

  36. 青年団・無隣館『革命日記』Bチーム。あ〜面白かった。個々の役者で言えばAの方が良かった人も多く、Bの方が全体的に地味。しかしアンサンブルとしては明らかにBの方が上で、Aで感じたようなチグハグさが無い。先にBのアンサルブルが決まって、そこにはまらない個性派がAに集まったような印象。

    5日前

  37. 青年団・無隣館「革命日記」Aチーム。起承転結がはっきりしたドラマチックな展開がある訳じゃないのに退屈することなく鑑賞。青年団って地味な役者さんが出てくる印象だけど、多田直人や飯田一朗はいい意味で青年団ぽくなくスパイスになっている。町内会の副会長の本田けいの爪痕残す存在感も好印象。

    5日前

  38. 青年団・無隣館「革命日記」Aチーム。テロを企てる市民革命家たちのアジトとなっているマンションの一室での90分をスケッチした会話劇。社会変革を目指す革命家たちが、些末な日常や人間関係に翻弄される姿が皮肉で滑稽。でも閉じられた集団を客観的に覗くと、多かれ少なかれこんな感じなのかも。

    5日前

  39. 青年団・無隣館『革命日記』Bチーム(こまばアゴラ) 文学座から直行したら、やたらと早く着いた。とは言え、どこかに立ち寄って何かをする時間もない中途半端な時間。せめて機構が良かったら渋谷から歩いたのだが、この暑さではな… https://t.co/se53YGtY1B

    Dbx1tyeuwai q3p Dbx1tyevmaeptul Dbx1tydvqaehgwm

    5日前

  40. 青年団・こまばアゴラ演劇学校“無隣館”「革命日記」こまばアゴラ劇場にて。何かを決める過程の強引さ、議論の深まらなさが、イライラしてくる面白さ。

    5日前

  41. 昨日観たモダンスイマーズ『嗚呼いま、だから愛。』が3000円、今日の青年団・無隣館『革命日記』が2500円、芝居のクオリティを考えると申し訳なさすぎるコスパでせめて日々満席札止めになっていただきたい。

    5日前

  42. 青年団・無隣館『革命日記』。久し振りに観て思ったのはこの戯曲もまたまごうかたなきコメディであるという事(僕はオリザさんは喜劇作家だと思っている)。開かれたアジトに次々に訪れる闖入者、演説し乍らいつのまにかぼっちになるリーダー、副会… https://t.co/tB9vdPombT

    5日前

  43. こまばアゴラ劇場にて、青年団・こまばアゴラ演劇学校"無隣館"『革命日記』マチネ観劇。青年団若手公演で観て以来10年近く振り。キャストに無隣館に所属している多田直人(キャラメルボックス)や飯田一期(ペニノ常連)がいるせいか、平田オリ… https://t.co/UjFK3NM5tj

    5日前

  44. 青年団・こまばアゴラ演劇学校“無隣館”『革命日記』Aチーム 以下の回につきまして、オンラインの劇場支援会員の予約受付を終了いたしました。 4/28(土)14:00 Aチーム お電話のみ若干枚数承っております。 他の回もどうぞお早めにお申し込み下さい。

    5日前

  45. 青年団・無隣館『革命日記』に出演の多田直人さん。キャラメルボックスの人気俳優(素人でもお名前は聞き及ぶ)なのでファンの方々が普段見ない青年団の典型的な作品を見ておられる。そして多田さんを見に来て、何か良く判らない、何が面白いか判ら… https://t.co/ne0iemWqQN

    5日前

  46. 無隣館『革命日記』BとA更、A・Bとも役者たちにそうしたズレの感覚をキャラクターに描き出す演技の解像力があり、編まれた空気の緩急や議論の切っ先にも見入る。A・Bのリーダーを男女が演じる試みも面白い。人物造形から滲み出る質感がこの時… https://t.co/XMrtWX1XGd

    5日前

  47. 無隣館『革命日記』続、戯曲に不思議に陳腐化を感じないのは理想と現実の乖離という部分が、いつの世にもどこにも必ずあることだからなのだろうなぁとも思う。うがった見方かもだけど、新聞やネットを賑わせることにも、日々拝見する演劇にも、自分の日々の生活の中にも、その感覚がすっと重なりあう。

    5日前

  48. 17日と20日にこまばアゴラ劇場で無隣館『革命日記』B→A、革命家の日常という枠組みのなかで、それぞれの抱くものが次第に晒されていく面白さ。理念とか企ての内にありつつ、それらが豊かさや日々の生活や私的な想いに形骸化しいく姿がシリア… https://t.co/I8SygE1Srp

    5日前

  49. 無隣館『革命日記』。達者な俳優が精緻に描画する「大衆に梯子を外された良心の吹き溜まり」の向こうに像を結んだのは、朴訥な屋号を隠れ蓑に演劇人や芸術家を装いながら、ムラ社会を近代化すべく駒場を根城に四半世紀種を蒔き続けて来た、成熟した諦念を携える1人の老獪な革命家のシルエットだった。

    5日前

  50. 4/21青年団&無隣館・革命日記Aチーム鑑賞。こまばアゴラ劇場。オリザさんエッセンス。久方ぶりの空気感に我が身を馴染ませながら旨味成分摂取する至福。人が入れ替わる。そこにいない人。現れない人。すみません。まあその。さようなら。静かに感情を揺さぶられる。 #革命日記 #Aチーム

    5日前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー2

堀 紗織

堀 紗織(0)

役者・俳優

Aチームに出演いたします。

赤刎千久子

赤刎千久子(0)

役者・俳優 制作

制作です。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大