演劇

西地区ふるさとの歴史再発見事業/劇団120○EN 第23回公演

荒川ジュリエット

0 お気に入りチラシにする

演劇

西地区ふるさとの歴史再発見事業/劇団120○EN 第23回公演

荒川ジュリエット

劇団120◯EN

旧廣瀬座(福島県)

2017/10/15 (日) ~ 2017/10/15 (日) 開幕前

上演時間: 約2時間0分(休憩なし)を予定

江戸時代。
福島を流れる荒川は命の川であるとともに、
「暴れ川」として、周囲の村々を苦しめていた。

右岸の村が水害を防ごうと堤防を築けば、
反対側の左岸の村が洪水になる。
すると左岸の村は、更に高い堤防を築く…。
右岸と左岸の村には、この川をめぐる争いが絶えなかった。
しかし...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/10/15 (日) ~ 2017/10/15 (日)
劇場 旧廣瀬座
出演 齋藤瑠偉(客演)、遠藤航(客演)、萩原功太、増田屋祐介、清野和也、紙糊、大信田勇太、ピーター高橋、前林里佳子、地元エキストラの西地区の皆さん
脚本 清野和也
演出 齋藤勝之
料金(1枚あたり) 500円 ~ 500円
【発売日】2017/09/13
※中学生以下無料
サイト

http://120en.sub.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月15日(日)
[午前の部] 10:30~
[午後の部] 14:00~
※開場は30分前
説明 江戸時代。
福島を流れる荒川は命の川であるとともに、
「暴れ川」として、周囲の村々を苦しめていた。

右岸の村が水害を防ごうと堤防を築けば、
反対側の左岸の村が洪水になる。
すると左岸の村は、更に高い堤防を築く…。
右岸と左岸の村には、この川をめぐる争いが絶えなかった。
しかし、この川と憎しみを越えて、惹かれ合う男女が現れる。

右岸の村の男と、左岸の村の娘。二人は、ふたつの村をひとつにまとめようと奔走するが…。

―日本一の清流「荒川」と、自然との共存を今に残す「霞堤」をモチーフに、劇団120◯ENがお届けする旧廣瀬座公演第二弾!シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』を下敷きに、江戸時代の西地区と荒川の物語を描きます。
その他注意事項 ♦主催 西地区ふるさとの歴史再発見事業実行委員会
♦共催 福島市、福島市教育委員会、旧広瀬座事業実行委員会
♦後援 福島民報社、福島民友新聞社、公益財団法人 福島県都市公園・緑化協会、JAふくしま未来

公演当日は、西地区の地域発信とおもてなしをかねてミニ収穫祭が行われます!おいしい豚汁や農産品の販売、古民家を使った民家園カフェなどが出店します。どうぞお楽しみください。また、民家園には芝居の題材となった「霞堤」があります。当日は歴史遺構でもある霞堤についてワークショップを開催しますのでぜひご参加ください。
スタッフ 演出助手:紙糊/音響:奈良 夏妃、那須 大洋/照明:押切ミチル/衣装:川島 ゆかり/舞台監督:清野 和也/舞台機構:那須 大洋/舞台装置:増田屋祐介/小道具:鈴木 優斗、七ー夕ー高橋/宣伝美術:森川梢子/制作:安達駿希/制作補助:前林里佳子、市川栞 (劇団空白欄)

[情報提供] 2017/08/24 16:06 by 清野 和也

[最終更新] 2017/09/14 10:03 by 清野 和也

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

清野 和也

清野 和也(0)

役者・俳優 脚本 演出

脚本・出演

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大