有明をわたる翼

0 お気に入りチラシにする

演劇企画フライウェイ

ザムザ阿佐谷(東京都)

2013/12/18 (水) ~ 2013/12/22 (日) 公演終了

上演時間:

あらすじ
長崎県諫早(いさはや)湾沿岸のある漁師町では、開門訴訟を起こそうとする漁師たちと開門反対派の漁師たちでコミュニティが真っ二つに割れてしまう。その狭間で苦しむ恋人たち、家族の生活のために海を捨てた漁師の苦悩。一方で堤防閉鎖によるベントス(※1)大殺戮によって、海の神は恵みをもたらす柔...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/12/18 (水) ~ 2013/12/22 (日)
劇場 ザムザ阿佐谷
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 4,000円
【発売日】2013/11/10
学割3000円
一般(前売り・当日ともに)4000円
サイト

http://www.facebook.com/AriakekawagokaiFlywai?fref=ts

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月18日(水)19:00
12月19日(木)14:00/19:00
12月20日(金)14:00/19:00
12月21日(土)13:00/17:00
12月22日(日)13:00/17:00
説明 あらすじ
長崎県諫早(いさはや)湾沿岸のある漁師町では、開門訴訟を起こそうとする漁師たちと開門反対派の漁師たちでコミュニティが真っ二つに割れてしまう。その狭間で苦しむ恋人たち、家族の生活のために海を捨てた漁師の苦悩。一方で堤防閉鎖によるベントス(※1)大殺戮によって、海の神は恵みをもたらす柔和な面を捨て、災いをもたらす憤怒の形相となる。漁師とその娘のすれ違う愛は、大嵐の中でどのような結末を向かえるのか。シベリアへ向かう途中のオオソリハシシギの群は、諫早湾で何を目撃するのか。海神は柔和な面をふたたび取り戻すことができるのか。
(※1)水底で生活する生物の総称(底生生物)。貝、カニ、ゴカイ、ナマコ、一部の魚や、海藻・海草など

**************************************

2013年12月、諫早湾の潮受け堤防が5年間開放されます。開門されれば、1970年代より人間の手により破壊され続けてきた我が国の自然環境が、初めて人間の手により大々的に修復されることになります。
私達の公演は、ヒトという生物が自らの過ちを認め、大規模な環境修復に着手する2013年という年を記念し、「自然環境と人間の共存」をテーマとした演劇を、演劇人と生態学研究者が共に作り上げるものです。 ―― プロデューサー 飯島明子
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/10/23 18:34 by トラッシュマスターズ

[最終更新] 2013/12/20 12:00 by トラッシュマスターズ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

Laugh

Laugh(0)

制作

制作です。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大