演劇

第22回 下北沢演劇祭参加作品

『今夜だけ』『×』『ママさんボーリング』の3作品を上演致します。1ステージで3作品すべて御覧戴けます。

演劇

第22回 下北沢演劇祭参加作品

今夜だけ / × / ママさんボーリング(公演終了!感謝!御感想お待ちしています!))

『今夜だけ』『×』『ママさんボーリング』の3作品を上演致します。1ステージで3作品すべて御覧戴けます。

MU

駅前劇場(東京都)

2012/02/02 (木) ~ 2012/02/05 (日) 公演終了

上演時間:


○『今夜だけ』一部演目変更のお知らせ

『今夜だけ』は3編の連作短編というコンセプトだったのですが、書き進め製作して行くうちに全ての要素が第一話にすっぽりと入り込んでしまいました。これ以上、二話、三話と広げるよりも、これはこれで独立した短編として完成させたく思い、「二話、三話」を『×』...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/02/02 (木) ~ 2012/02/05 (日)
劇場 駅前劇場
出演 西岡知美(カミナリフラッシュバックス)、吹原幸太(ポップンマッシュルームチキン野郎)、前有佳(年年有魚)、渡辺まの(MU)、古屋敷悠(MU)、太田守信(エムキチビート)、浜野隆之(下井草演劇研究舎)、塩原俊之(Aga-riskEntertainment)、神谷亜美、小西耕一、橋本昭博(MoratoriumPants)、前園あかり(バナナ学園純情乙女組)、橘麦、堀晃大(3days)、丸石彩乃
脚本 ハセガワアユム
演出 ハセガワアユム
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,000円
【発売日】2011/12/03
※2月2日(木)19:00の前売券は完売いたしました!
 若干枚数ですが当日券をご用意しております。
■チケット料金
前売:3000円 当日:3500円
プレミアムチケット(ゆったり正面席+シナリオ付):4000円
学割:2500円/中・高校生 1000円
※2日のみプレビュー割引:全席500円OFF!

■タイムテーブル
2月2日(木)19:00
2月3日(金)19:00
2月4日(土)13:30
2月4日(土)19:00
2月5日(日)13:30
2月5日(日)17:30
サイト

http://www.mu-web.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明
○『今夜だけ』一部演目変更のお知らせ

『今夜だけ』は3編の連作短編というコンセプトだったのですが、書き進め製作して行くうちに全ての要素が第一話にすっぽりと入り込んでしまいました。これ以上、二話、三話と広げるよりも、これはこれで独立した短編として完成させたく思い、「二話、三話」を『×』、『ママさんボーリング』という二つの短編と置き換えて公演させて戴く形となりました。

『×』は再演が一切されて来なかった初期のレアな短編で、『ママさん~』は去年夏に外部へ書き下ろしたもので、自身の演出ではいまだ未発表な短編です。全ての三作品とも「人妻」が主役です。新しいコンセプトで括るなら、ぼくが描いて来た「人妻戯曲」の軌跡になります。

稽古も快調でご期待に添える作品となっています。変わらず御愛顧戴けますよう、どうぞよろしく御願いします。

MU主宰・ハセガワアユム

※詳細は公式サイトをご参照ください。
http://www.mu-web.net/

------------------------------------------------------

○イントロダクション

3作品とも人妻が主役の「人妻戯曲」の軌跡となっております。カラフルな人妻たちのドラマをお楽しみください。

『今夜だけ』
「叫び」を募集する深夜ラジオに妻は夢中。愛犬を亡くし、嗅覚を失った夫とのどこまでも噛み合ない夫婦喧嘩を彼女はメールで投稿し毒を吐き出し続けるが、行き場のない毒は家庭に溜まってゆく・・・。MU、完全新作のホームドラマ。

『×』
あの女が多摩川の廃屋に火をつけようとしたので、素行調査のつもりが探偵は声をかけてしまう。「罰(ばち)が当たりますよ」と諭すと、女は「これは罰(ばつ)なの」と返して来た。川の漂流のようにぐるぐると人が流れる、小さな罪と罰の物語。MU初期のレアな短編を再演。

『ママさんボーリング』
南栗橋の倦怠が渦巻くなかで生活する主婦達は、ボーリング場でストレス発散とフェロモン補充を行なっていた。思い切って裕気は店長へ声をかけるが・・・。脚本提供した短編で初演時には観客より「聴いていた想像の3兆倍くだらなかった(笑)」とツイッターでつぶやかれる、デザートのようなコメディ。MUでは初演出の短編。

○リコメンド

「MU。凄かった。「ひどい話」の、絶妙にドラマティックでない部分が濃密に丹念に描かれる。おかげで、物語の核心が、劇場の地中深くにまで根を広げているのだと直感させられてしまう。終演後、僕は劇場を出てもその根の射程から逃れられなくなっていた。」西田シャトナー(劇作家・演出家)
※前回公演『5分だけあげる』を見終えて

【お問い合わせ】
MU制作 080-3204-7066 muweb.info@gmail.com
その他注意事項 "未就学児童・小学生入場不可"
小さなお子様が居る方や、地方在住の方へのために映像配信を行ないます。※ビデオチケットは1000円にて販売します。
ただいま試験中ですので、詳細は後ほど告知します。
スタッフ 舞台監督:松澤紀昭
舞台美術:袴田長武+鴉屋
音響:松木優佳
照明:湯山和弘(METALMOON)
照明操作:大津裕美子
音楽:ニセ科学
演出助手:長谷川雅也(BOX101)
写真撮影:石澤知絵子
宣伝美術:石井誠
制作補:和田垣幸生 大下康子
制作:佐藤希(Andem)

[情報提供] 2011/08/10 17:08 by MU STAFF(a.k.a. 視点)

[最終更新] 2013/01/07 12:46 by MU STAFF(a.k.a. 視点)

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー22

たえ

たえ(0)

制作協力です。宜しくお願いします!

PHOTO★石澤

PHOTO★石澤(69)

カメラマンです。

こにし

こにし(0)

出演します。

このページのQRコードです。

拡大