Melody 公演情報 TEAM 6g「Melody」の観てきた!クチコミとコメント

  • 満足度★★★★★

    すばらしい!!!
    初演時も書いたとは思いますが、昨今商業演劇劇場が忘れてしまった「お芝居」の醍醐味が見事に凝縮された佳作です。
    人の心の襞を丁寧に描く。それを実に実直に演じてみせる。その姿勢が観る側の心を浄化し、感動とすがすがしさを与えてくれる。
    物語演劇とも呼びましょうか(?)。演劇の王道はこんな物語物と社会風刺・批判の2通りに存在すると思うのですが、見事に物語としての王道を行く作品です。
    阿南さんに感謝。
    ぜひお勧めしたい作品です。

    ネタバレBOX

    いい作品だけに、気になったことがあり、残念です。
    役者の力量は敢えて批判しませんが、演じる心根が違っている人がいて憤りを感じました。
    「村上冬樹」ラスト前の主人公との二人芝居。彼女を諭すような芝居をしていましたが、大間違いだと思います。
    それまで朴訥とした「いい人」のキャラを積み上げてきた脚本の成果が木っ端微塵!
    金八先生が生徒を諭すような鬱陶しい芝居はやめて欲しい!!!
    主人公の葛藤を収める為の(ある種)天の声、同時に彼女の心の中の一方の声であるはずで、「冬樹さん」が
    前面に出るための台詞ではないはず。
    朴訥な独り言、或いは、「僕はそう思うんだけど…」という一歩引いた演技が求められるはず。
    部屋への入り方から、違います。アドバイスしてやろうという想いがみえみえな芝居はどうなのでしょう?
    演出家に疑問を抱きました。
    本来は、いつのまにかその場所に居てしまったというか、残されてしまってどうしていいのか解らないけど
    思わず自分の想いが口をついて出てしまったという方がずっといいはずです。
    少なくても、私はあの大事な場面での彼の芝居は大嫌いだし、心の無い下手な役者という憤りを覚えました。

    あと、『Melody』なんですから、歌は上手く歌って欲しいです。失笑ものの歌唱でした。

    1

    2018/05/17 10:22

    0

    1

  • 冬樹さんは明音さんのおかげで先生もろとも助けられた、諭してもらったと思っていて、あのシーンでは不器用ながらも諭してあげたいと思って言っている風に僕には見えました。

    あまり個人的な感想を長々と書き連ねるのはよくないと思いますよ。

    あなたに失笑です。

    2018/05/19 00:33

このページのQRコードです。

拡大