Access
団体 無名劇団

(カナ:ムメイゲキダン)

大阪府

無名劇団

アクセス数(27)<直近30日間>

お気に入り(15)

団体 無名劇団

(カナ:ムメイゲキダン)

大阪府

無名劇団(むめいげきだん)

2002年4月結成。
現在までに本公演20回、屋外やBARでの公演や、生花、書画、陶芸等異種芸術とのコラボレーションなど、新しい取組みを模索。
2009年5月、精華小劇場でおこなった「プラズマ(再演)」を最後に5年間の休団。2014年、二代目座長、島原夏海...

もっと読む


動画13

すべて見る

▼昨年度space×drama2015で優秀劇団に選出された、中條岳青 文学シリーズ第二弾

▼横光利一「機械」を元に展開する女だらけの陰惨ワールド

▼曼荼羅アーティスト天野武志とのコラボによる舞台美術

▼ミュージシャンOKKAによる楽曲提供


出演
島原夏海、柊美月、中谷有希、太田雄介、今井桃子、東田萌希、木下聖浩(kei'sWorks)、竹村晋太朗(劇団壱劇屋)、西田美咲(劇団暇だけどステキ/劇的☆ジャンク堂)


スタッフ
音響 飯田拓
照明 檜木順子
制作 山本直子
舞台美術 天野武志(天志曼荼羅A.R.T.ist)
楽曲提供 OKKA
宣伝美術 大川杏奈
宣伝動画 渡部征史

基本情報

所在地 〒5600085
大阪府豊中市上新田
カテゴリ 演劇
公式サイトURL https://mumeigekidan.net
設立 2002年
受賞歴 第九回公演「てんいち無名座」が2006年度大阪楽座事業に採択(2006)
第十回公演「プラズマ」が第18回テアトロ新人戯曲賞佳作受賞(2007)
中條岳青作「あげとーふ」が第19回テアトロ新人戯曲賞佳作受賞(2008)
第十五回公演「大阪少女」が2009年度大阪楽座事業に採択(2009)
第四回公演「グッドバイ」が第20回テアトロ新人戯曲賞最終選考に残る(2009)
第十二回公演「トビラ・ソファ・ミレド」が2007年度ロクソドンタフェスティバルで、審査員特別賞を受賞。(2007)

【再復活後】
「無名稿 あまがさ」にて、應典院舞台芸術祭space×drama2015「優秀劇団」に選出。2016年6月、協働プロデュース劇団としてシアトリカル應典院で公演予定。(2015)
札幌にて「教文演劇フェスティバル」に参加。地元の人気劇団をおさえ、予選1位で決勝進出。道外の劇団による決勝進出は、演劇祭史上初。(2015)
ウイングカップ6優秀賞受賞(2016)
短編演劇祭「bed room show battle」優勝(2016)
メンバー 細井庸平、山本直子、清水敬伸、香川真紀子、島原夏海、柊美月、水谷諒子、中谷有希、太田雄介、東田萌希、今井桃子、中條岳青、泉侃生
活動紹介 無名劇団(むめいげきだん)

2002年4月結成。
現在までに本公演20回、屋外やBARでの公演や、生花、書画、陶芸等異種芸術とのコラボレーションなど、新しい取組みを模索。
2009年5月、精華小劇場でおこなった「プラズマ(再演)」を最後に5年間の休団。2014年、二代目座長、島原夏海を中心に若手メンバーで復活を果たす。
10年連続となる松原市青少年会館での「子ども劇場」などの青少年育成事業や保育園でのワークショップも多数実施する。
現在、劇団員8名。4名が教員免許取得、また2名が文部科学省認定の「ワークショップデザイナー育成プログラム」を修了、大学講師(演劇ワークショップ担当)も在籍する。
中心となるのは、25~26歳の女子。年間2~3本の本公演を打つ。
今年2月、応募総数40団体の中から精鋭12団体に選ばれ、大大阪舞台博覧会に出場。5月の公演「無名稿 あまがさ」の、15分間のプレパフォーマンスをし、12団体中1番の観客動員数を記録する。
5月、シアトリカル應典院で開催される演劇祭「space×drama」に参加予定。

【略歴 主な賞歴とあらまし】
二〇〇六年  第九回公演「てんいち無名座」が二〇〇六年度大阪楽座事業に採択。大正建築を舞台に、演劇・音楽・ダンス・美術・食文化などさまざまな要素を融合した活動を行ったことが評価される。
二〇〇七年  第一一回公演「プラズマ」(作 中條 岳青)が、第18回テアトロ新人戯曲賞佳作を受賞。選考委員の斉藤偕子氏より、独特の文体と現代的な感覚を併せて描く手法を高く評価される。
 第一二回公演「トビラ・ソファ・ミレド」(作 中條 岳青)、第4回ロクソドンタフェスティバルにて、審査員特別賞を受賞。審査員の現代芸術家・アキコ伊達に、「皮膚感覚に訴える演出」と激賞される。
二〇〇八年  追手門学院大手前高等学校演劇部が「あげとーふ」(作 中條岳青)で全国高等学校総合文化祭演劇部門に出場。優秀賞を受賞し、国立劇場での優秀校東京公演に参加した。等身大の高校生の言語感覚とリズムを活かした作風で、高校演劇の代表作の一つとなる。また同作品で中條は、第19回テアトロ新人戯曲賞佳作を受賞する。

二〇〇九年  第一五回公演「大阪少女」が二〇〇九年度大阪楽座事業に二度目の採択。水を張った池を舞台上に出現させ、時代背景の異なる三作品を同時に上演した
 第四回公演「グッドバイ」の改訂稿が第20回テアトロ新人戯曲賞最終選考に残る。過去の作品から通底する、切なさとはかなさを主軸に据えた会話劇のスタイルを再認識する契機となった。

二〇一五年 五月 
「無名稿 あまがさ」にて、應典院舞台芸術祭space×drama2015「優秀劇団」に選出。2016年6月、協働プロデュース劇団としてシアトリカル應典院で公演予定。

八月
札幌にて「教文演劇フェスティバル」に参加。地元の人気劇団をおさえ、予選1位で決勝進出。道外の劇団による決勝進出は、演劇祭史上初。
問い合わせ先 mumeigekidan@kud.biglobe.ne.jp

[情報提供] 2007/02/22 17:19 by 中條岳青

[最終更新] 2017/02/06 17:16 by なおこ

お気に入りに登録するとCoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
好きな団体を応援しましょう!

所属メンバー14

もえぎ

もえぎ(0)

役者・俳優

「無名劇団」所属メンバーです。

今井桃子

今井桃子(0)

役者・俳優 美術

役者・舞台美術をメインに頑張っております。 何もかも...

泉

(0)

役者・俳優

よろしくお願いします。

お気に入り登録者15

むぎ02

むぎ02(87)

「あまがさ」とても良かったです。 また叙情的な素敵な...

ね

(1892)

「百花絢爛」良かったです。 次回作「ざわざわ、ぞわり...

たはらもえ

たはらもえ(2)

いつか、みにいきたいです!

このページのQRコードです。

拡大