第26回文化庁舞台芸術創作奨励賞特別賞受賞作品

痕-KON-


クチコミ

0 0.0

0 0.0

0

この公演に携わっている人2

imai kazutaka imai kazutaka 約10年ぶりの再演です。作者自ら演出もします。どうぞこの機会をお見逃しなく!

nori nori 経理を担当します。

トラックバック0

トラックバックURLはこちら

期間 2014/10/10(金) ~ 2014/10/13(月)
 
10/10
10/11
10/12
10/13
14:00
19:00
19:30

:クリックすると予約ページが開きます ×:取扱終了

会場 要町アトリエ第七秘密基地
出演 柴野弘志(劇団俵屋総本店)、歌野美奈子(劇団がらんどう)、尾山道郎、滝野洋平(劇団俳協)、尾﨑彰雄、宮下奏(Zelfstandig)、加藤さと(プロダクションMAP)、小林依通子
脚本 今井一隆
演出 今井一隆
料金 3,800円 ~ 3,800円 

【発売日】2014/09/10

前売・当日とも

サイト http://homepage2.nifty.com/k_imai/ ※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10日(金)  19:30
11日(土)  14:00/19:00
12日(日)  14:00/19:00
13日(月・祝)14:00


説明 初演は2005年、日本劇団協議会主催創作奨励公演、劇団青年座製作。今回、著者自らの演出により再演する。

【贈賞理由】(文化庁ウェブサイトより転載)
ある家庭、そしてその人間関係を描く時、何かが起こっていることよりも、 起こってしまう土壌が鍵となる。その土壌とは、日常に他ならず、その日常の何をどのように描くかにおいて、実に巧みである。巧みであるとともにたくらみもなかなかで、父の不在というドラマの芯を、柔かいベールに包み隠して進行させる筋立も見事である。
現代人の掴もうとしても掴みきれない心のひだを、さりげなく立ち昇らせるその手腕に拍手。
(選考委員:大橋也寸氏、斎藤偕子氏、高瀬久男氏、竹内銃一郎氏、ふじたあさや氏)

【あらすじ】
とある地方の一軒家。猛暑。居間のエアコンが壊れている。
修理の電気屋を待つシゲルと義兄マサヤ。入院している父の見舞いから帰って来る母アキコと姉ミドリ。天体観測にやってきたシゲルの友人ヤグチ。東京の大学からワケアリで帰省した従姉妹のサキ。そして父の本妻の娘リエコ。
それぞれが、それぞれの日常で何かを抱え、この家を訪れる。
見つめると見えなくなる――
現代人の心の翳にさりげなく迫る、ユーモアとペーソスにあふれた家庭劇。
その他の注意事項など 受付開始・開場は開演の30分前。未就学児童入場不可。

スタッフ 音響 今井一隆
照明 村上士郎(龍前正夫舞台照明研究所)
舞監 ㈲加藤事務所
撮影 内田誠
制作 ピタパタ制作部/高橋俊也(THEATRE-THEATER)
企画・製作 ピタパタ
[最終更新] 2014/07/15 09:07 by imai kazutaka
【情報提供者:imai kazutaka

モバイルMyページ

PR

おすすめリンク