演劇

A Ladybird Theater Company 第15回公演

最優記

デザイン:村上みゆき

0 お気に入りチラシにする

演劇

A Ladybird Theater Company 第15回公演

最優記

A Ladybird Theater Company

仙台市宮城野区文化センター・パトナシアター(宮城県)

2018/09/14 (金) ~ 2018/09/16 (日) 開幕前

上演時間:

天竺へ向かう途中、三蔵法師一行が立ち寄った海辺の村の小さな孤児院。
バケモノの脅威に晒されながらも小さな幸せを守り続けていた孤児院には秘密があった。
これは人魚を巡る人間とバケモノの過去を乗り越え心を通わす物語。

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/09/14 (金) ~ 2018/09/16 (日)
劇場 仙台市宮城野区文化センター・パトナシアター
出演 箱崎貴司、伊藤直行、増田淳、紗也香、菊地陽哉(ワークショップ生)、地主まさと(代々木アニメーション学院仙台校)、佐藤未来、村越勇一、木曽寛子、泉田風香(研究生)、三品英士(客演)、鈴木まみ(研究生)、宮島成映(テアトルアカデミー仙台校)、西山こころ(テアトルアカデミー仙台校)、杉山あおば(テアトルアカデミー仙台校)、相澤幸優(テアトルアカデミー仙台校)、打越潤平(ワークショップ生)、大風あゆみ(客演)
脚本 箱崎貴司
演出 箱崎貴司
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
【発売日】2018/06/01
前売2500円、当日3000円
学生前売1500円、学生当日2000円
中高生1000円、小学生以下無料
サイト

http://ladybird.main.jp/welcome.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月14日(金)18:30
9月15日(土)13:00/18:30
9月16日(日)13:00
説明 天竺へ向かう途中、三蔵法師一行が立ち寄った海辺の村の小さな孤児院。
バケモノの脅威に晒されながらも小さな幸せを守り続けていた孤児院には秘密があった。
これは人魚を巡る人間とバケモノの過去を乗り越え心を通わす物語。
その他注意事項
スタッフ 【舞台監督】 菅原玄哉(有)おむらいすファクトリー
【舞台美術】 あやしげ商会
【音響】 山口裕次(有)舞台監督工房
【照明】 高橋亜希 神崎祐輝
【小道具】高橋舞(趣味屋こめたろう.)
【映像】(有)スカイモーションピクチャーズ
【楽曲提供】アサノタケフミ
【制作】安藤由希奈
【制作協力】 渋谷亜也(100グラード)
【プロデューサー】石山泰人
【チラシ製作】村上みゆき

[情報提供] 2018/06/12 19:21 by あんどう

[最終更新] 2018/06/12 19:21 by あんどう

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大