演劇

東京デスロック+第12言語演劇スタジオ

가모메 カルメギ

東京デスロック

AI・HALL(兵庫県)

他劇場あり:

2018/07/20 (金) ~ 2018/07/22 (日) 開幕前

上演時間:

アントン・チェーホフ作『かもめ』を1930年代の日帝朝鮮に翻案、韓国最高峰の東亜演劇賞にて三冠を受賞し日韓合作のエポックメーキングとなった名作。歴史に翻弄される若き芸術家の物語、鳴り響くK&Jポップ、東アジアに生きる私たちの現在、未来へ、待望の再演。

1930年代日本占領下の朝鮮の田舎町...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/07/20 (金) ~ 2018/07/22 (日)
劇場 AI・HALL
出演 夏目慎也、佐山和泉、佐藤誠、間野律子、ソン・ヨジン、イ・ユンジェ、クォン・テッキ、オ・ミンジョン、マ・ドゥヨン、チェ・ソヨン、チョン・スジ、イ・ガンウク
脚本 ソン・ギウン
演出 ソン・ギウン
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,500円
【発売日】
(日時指定・全席自由・整理番号付)
一般…前売 3,000円/当日 3,500円
学生&U25…前売 2,500円 当日 3,000円
サイト

http://www.aihall.com/karumegi_itami/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7月20日(金)19:00
7月21日(土)14:00★
7月22日(日)14:00
★終演後、アフタートークを開催します
※詳細はアイホールWebサイトをご覧ください。
※受付開始は開演の45分前。開場は開演の20分前です。
説明 アントン・チェーホフ作『かもめ』を1930年代の日帝朝鮮に翻案、韓国最高峰の東亜演劇賞にて三冠を受賞し日韓合作のエポックメーキングとなった名作。歴史に翻弄される若き芸術家の物語、鳴り響くK&Jポップ、東アジアに生きる私たちの現在、未来へ、待望の再演。

1930年代日本占領下の朝鮮の田舎町、芸術を志す朝鮮人青年の元に母が連れてきたのは日本からの芸術家。恋焦がれる女性も彼と共に日本へ発ち、残された人々を包む戦争の影・・・アントン・チェーホフ作『かもめ』を1930年代の日帝朝鮮に翻案、2013年ドゥサンアートセンター製作により韓国初演。第50回東亜演劇賞にて作品賞、演出賞、視聴覚デザイン賞受賞、50年の賞歴で初の外国人演出家による正賞受賞。2014年の日本公演以来4年ぶりの再演となる。
その他注意事項 ※日韓二ヶ国語上演/日本語字幕付き
スタッフ 【原作】アントン・チェーホフ『かもめ』

[情報提供] 2018/04/16 10:15 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/04/16 10:23 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大