演劇

ホリプロ

Bunkamuraシアターコクーン(東京都)

他劇場あり:

2018/02/11 (日) ~ 2018/02/25 (日) 上演中

休演日:2月13日(火)、2月19日(月)

上演時間:

日本を代表する才能が集結し、世界が絶賛した最高傑作。
2016年に亡くなった演出家・蜷川幸雄の代表作『ムサシ』が2018年春、三回忌追悼記念公演として再演されることが決定した。
この作品は劇作家・井上ひさしさんが書き下ろし、2009年に初演。翌年にはロンドン・ニューヨークから招待され海を渡...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/02/11 (日) ~ 2018/02/25 (日)
劇場 Bunkamuraシアターコクーン
出演 藤原竜也、溝端淳平、鈴木杏、六平直政、吉田鋼太郎、白石加代子、大石継太、塚本幸男、飯田邦博、堀文明、井面猛志
脚本 井上ひさし
演出 蜷川幸雄
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 11,000円
【発売日】2017/10/28
S・¥11,000
A・¥8,500
コクーンシート・¥5,000
※コクーンシートは、特にご覧になりにくいお席です。ご了承の上ご購入ください。
サイト

http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/18_musashi.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月11日(日)18:00
2月12日(月)13:00
2月13日(火)休演日
2月14日(水)13:30 / 18:30
2月15日(木)13:30
2月16日(金)13:30
2月17日(土)13:00 / 18:00
2月18日(日)13:00
2月19日(月)休演日
2月20日(火)13:30
2月21日(水)13:30 / 18:30
2月22日(木)13:30
2月23日(金)13:30
2月24日(土)13:00 / 18:00
2月25日(日)13:00
説明 日本を代表する才能が集結し、世界が絶賛した最高傑作。
2016年に亡くなった演出家・蜷川幸雄の代表作『ムサシ』が2018年春、三回忌追悼記念公演として再演されることが決定した。
この作品は劇作家・井上ひさしさんが書き下ろし、2009年に初演。翌年にはロンドン・ニューヨークから招待され海を渡り、辛口で知られる英米の劇評家や満員の客席から大喝采を浴びた。イギリスの「インディペンデント」などの有力紙が、字幕で上演する外国作品に対して5つ星の高評価を与えるのは大変珍しいことだった。重厚なテーマの中に笑いを盛り込んだオリジナリティ溢れるエンターテインメントとしての評判は世界を駆け巡り、その後も海外からの招聘が相次いだ。現時点で、のべ5カ国9都市、計171ステージで約17万人を動員する名作舞台となっている。2013年のシンガポール、そして2014年のソウル公演でも批評家たちから、その年に上演されたすべての舞台作品の中でナンバー1の称号を得ている。(シンガポールでは「演劇界の3巨匠」として、ピーター・ブルック、サイモン・マクバーニーの作品と並んで『ムサシ』が招聘された。)

藤原竜也主演、伝説の舞台が
蜷川幸雄三回忌追悼公演として復活再演!!
2018年の再演でも、宮本武蔵を演じるのは藤原竜也。デビュー20周年を締めくくる舞台作品となる。対する小次郎に溝端淳平。他にも鈴木杏、六平直政、吉田鋼太郎、白石加代子ら、蜷川幸雄から最後に直接演出を受けた最高のキャストが誰一人として欠けることなく再集結する。2014年の上演時、藤原が劇中の武蔵と同じ35歳になったら、もう1度『ムサシ』をやろうと蜷川と約束したメンバーが勢揃いして、巨匠の三回忌を豪華に盛り上げる。
その他注意事項 ※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。
スタッフ (吉川英治「宮本武蔵」より)
音楽:宮川彬良
美術:中越 司
照明:勝柴次朗
衣裳:小峰リリー
音響:井上正弘
かつら:秋庭優一
殺陣:國井正廣・栗原直樹
振付:広崎うらん・花柳寿楽
能指導:本田芳樹
狂言指導:野村萬斎
演出補:井上尊晶
舞台監督:小林清隆
プロダクション・マネージャー:金井勇一郎

[主催]ホリプロ
[提携]Bunkamura

[情報提供] 2018/01/30 16:53 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/01/30 17:08 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大